上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






kai-blog-614

2008年 04月30日 (水)
座間味島のコンディション
天 候 曇でごじゃりやした。
気 温 26℃
水 温 23℃
風 向 東の風やや強く
波 高 2メートル
WET 5mmツーピースor5mmワンピース+3mmベスト
※ オススメは、ロクハンカブリやドライスーツの方が快適
陸の服装 Tシャツ&トランクス
※ 朝・夕は、トレーナーやナイロンパーカーがあれば便利
全ての画像は、コンデジでの撮影(FUJI FinePix F30)

ダイビングシーズンがスタートして朝から晩まで大忙しときた。

ただいま、5月7日じゃがGWも終わりやっと落ち着いたので溜まり溜まった戯言を少しずつやっつけるとしやす。 決して、サボっていたわけじゃなく毎日家に帰ってきたらバタンキューでごじゃった訳で

GW中盤戦は、まったりダイビング!

まったりと言っても内容は濃い濃い。 ダイビング後は夜の飲み会で弾けの毎日

天気もそこそこなんだが怪しい前線が沖縄地方にかかってきておる。
コレは、梅雨前線か??? って、そろそろ梅雨入りが近づいてきている沖縄地方なのじゃ。

陸上はさておき、水中はと~っても明るくて賑やかで最近あるポイントに出没し続けてる目がとっても可愛い特大のケショウフグくん。

いつも、サンゴの隙間に静かに潜んでいるんじゃが大きいので丸見えなんじゃな。

この日も、船に帰る途中に出くわしてはゲストさんたちの絶好の被写体にされていた。

OFFの時とは違い座間味島もスゴイ賑わいでごじゃったな。

座間味港でのランチも出て行く船や帰って来る船でわさわさしていた。

この様子は、まだまだ続くな。。。
スポンサーサイト

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ







kai-blog-613

2008年 04月29日 (火)
座間味島のコンディション
天 候 曇のち雨でごじゃりやした。
気 温 26℃
水 温 23℃
風 向 東の風やや強く
波 高 2メートル
WET 5mmツーピースor5mmワンピース+3mmベスト
※ オススメは、ロクハンカブリやドライスーツの方が快適
陸の服装 Tシャツ&トランクス
※ 朝・夕は、トレーナーやナイロンパーカーがあれば便利
全ての画像は、コンデジでの撮影(FUJI FinePix F30)

GW前半戦の中休みは、少人数でのダイビングでありやした。
半分以上が昨日今日でお帰りになり本日はカメラダイバーとフィッシュウォッチャーの2名さま

カメラ派ダイバーのゲストさんのリクエストで1本目はウミウシ探索ダイブでガッツリ楽しんだのだ。
エリアを決めてじっくりとウミコチョウの種がけっこう見れたが小さすぎて海おやじのコンデジでは撮れましぇん。 こんな時は、やはりマクロレンズがほしくなるね。
変り種もそこそこ見れていい感じに探索ができたわい。 それはそうと、浅場にやたらワライホヤついていてなんだか監視されている気分じゃったわい。

小さいエリアのダイビングのあとはワイドにロングコースで海おやじが大好きな砂地にポツンとあるカラフルなサンゴから飛び出てきて乱舞するスズメダイたちと遊び

〆のダイビングは、ドロップオフにイソバナノ群生とダイナミックなポイントでハナゴンベの極小チビ助やヤマブキハゼのチビ助、スミレナガハナダイのチビ助と可愛いチビちゃんたちに逢いに行ってきた。

夜は、陸のリクエストで何回も座間味に来ているのになかなかタイミングが合わず行けば休みなんてことで縁のなかったご飯やさんへみんなで食事に・・・
目当ては、海ぶどんでした。
やっと、食べに来れてゲストさんも満足げでしたがゲストさんが思っていたお店のイメージとはまったく違っていたそうである。 それでも、お腹は満腹で帰って来ました。

明日から少し天気が崩れそうだが後半戦は持ち直すみたいでホッとしてやす。

おっちー、ちえさん

どぅがひ、ニシハマのトウアカ、マジックフィールド

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ







kai-blog-626

2008年 04月28日 (月)
座間味島のコンディション
天 候 曇のち雨でごじゃりやした。
気 温 26℃
水 温 23℃
風 向 東の風後やや強く
波 高 1.5メートル後2メートル
WET 5mmツーピースor5mmワンピース+3mmベスト
※ オススメは、ロクハンカブリやドライスーツの方が快適
陸の服装 Tシャツ&トランクス
※ 朝・夕は、トレーナーやナイロンパーカーがあれば便利
全ての画像は、コンデジでの撮影(FUJI FinePix F30)

こんちわーっすでやんす!

絶好調の海おやじでやんすである。

今日の海話

GWなのに3本とも全て貸切ポイントでありやした。
リクエストは、続く続く続くのであるがまずはエビ&カニ三昧!ときた~
そして、アオウミガメは見たもののタイマイがまだときた~

朝のダイビングでイエロージョーがあるポイントに帰ってきていたのでキンメノ根を無視してみなさんイエロージョーにかぶりつきであった。
2本目は、慶良間・座間味を代表するアザハタの根でエビ三昧!と楽しんでもらった。
いるいる、わんさか出てきくるエビカニたちにゲストさんたちはシャッターを切りっぱなしでありやした。 バイオレットボクサーシュリンプも2匹元気に絶好なポジションでお出迎えしてくれるはホワイトソックスに和名がないコシオリエビ族の1種にオトヒメエビ、バブルコーラルシュリンプ、ソリハシコモンエビ、ミカズキコモンエビ、フシウデサンゴモエビ、スザクサラサエビ、ウミウシカクレエビ、カラッパ、アカホシサンゴカニ、ホンカクレエビ属の1種etcとたっぷり甲殻類を官能!

3本は、まったり癒し系で浅瀬でのんびりダイビング
砂地&サンゴエリアで思いのままにそれぞれ撮影会&ウォッチング!
海おやじもじっくり腰を落ち着けて枯れ場探索に入っていた。
すると目の前に、リクエストのタイマイ君が優雅に泳いでいるではないか・・・
コレだ! 123とパクリであるが必死に泳ぎ並走してサンゴエリアにタイマイ君をご案内したらいままで自分の世界に入っていたゲストさんたちのスイッチが切り替わりタイマイにロックオンであった。
素晴らしいポージングで楽しませてくれてゲストさんたちも一息

またまた、サンゴエリアと枯れ場を探索しだす海おやじ
癒し系のサンゴハゼやコバンハゼ、ダルマハゼたちに幸せをもらいまたまただいヒットの特大フリソデエビを発見。 コヤツらは本当にデカくて今までで一番のビックサイズでした。
少しでいいのでこの場所から離れんでほしいと願う欲張り海おやじ

後半戦のゲストさんたちにも見せてあげたい!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ







kai-blog-612

2008年 04月27日 (日)
座間味島のコンディション
天 候 晴れでごじゃりやした。
気 温 25℃
水 温 23℃
風 向 東の風
波 高 1メートル
WET 5mmツーピースor5mmワンピース+3mmベスト
※ オススメは、ロクハンカブリやドライスーツの方が快適
陸の服装 Tシャツ&トランクス
※ 朝・夕は、トレーナーやナイロンパーカーがあれば便利
全ての画像は、コンデジでの撮影(FUJI FinePix F30)

カメさんが見たいのリクエストで朝は少し早く出港してカメポイントへ行ってきやした。

ポイントに到着したら他の船はいなく貸切状態で意気揚々とエントリーして向かうはカメの寝床へ
1ヶ所目の根は空っぽで愕然としていたらコブシメが目の前に2匹威嚇をしながら後ずさりしていてゲストさんたちはカメ狙いだったのがコブシメモードに切り替わり撮影開始。 すると右横にまた2匹目の前の岩に2匹左側に3匹と計9匹のコブシメにゲストさんたちが囲まれた状態になっていたのにはビックリでした。

カメ狙いだったのがコブシメ?

ひとりのゲストさんだけカメを2匹ゲットしたそうな。。。 他のゲストはコブシメオンリーでした。

今度はなに狙い!

カメの次は、キンチャクガニとフリソデエビだったので浅場でエビ&カニの撮影会と行きました。
リクエストは、100%お答えできてゲストさんたちも大満足のご様子であった。
おまけに、ジョー君もちょこっと見ていただいたので120%ってとこっでしょう。

ラストダイブは、地形ポイントでリラクゼーションダイビング。

1本目でカメを逃したゲストさんたちでしたがラストダイブでダイナミックなロケーションもあいまっていい感じにソフトコーラルのベットに寝ているカメさんをGETして興奮冷めやらぬうちに洞窟へ

太陽サンサンで光の演出もあり洞窟の中は幻想的

干潮間じかだったのでエアードームへ寄り道して温泉気分を味わったあとはもうひとつの洞窟へ

2ヶ所の洞窟にエアードームと少し欲張ってしまったけどいい感じに〆ることが出来やしたね。

夜はみんなで、いなじみ三楽で盛り上がっちゃいました。

ちょいと飲みすぎたかな??? 明日は、控え目に・・・

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ







kai-blog-611

2008年 04月26日 (土)
座間味島のコンディション
天 候 晴れでごじゃりやした。
気 温 24℃
水 温 23℃
風 向 北の風後北東の風
波 高 1メートル
WET 5mmツーピースor5mmワンピース+3mmベスト
※ オススメは、ロクハンカブリやドライスーツの方が快適
陸の服装 Tシャツ&トランクス
※ 朝・夕は、トレーナーやナイロンパーカーがあれば便利
全ての画像は、コンデジでの撮影(FUJI FinePix F30)

GW前半戦がスタート

ゲストさんは、初座間味のおふたり!

天気も良好で気持ちよいのでこれぞ座間味と言うポイントへGO。 

上潮で入るポイントをあえて下潮でエントリー

流れは、絶好でサンゴ地帯の魚たちはビンビンに中層で乱舞!乱舞!乱舞!

魚に包まれてスカイダイビング状態でロケーション&魚たちをたっぷり楽しんじゃいました。

少し、ハードなダイビングだったのでプチダイブで癒されにもう1本。

旦那様は、ライセンスを取ってファーストダイブが座間味島で感動しっぱなしであった。

ライセンスを取ったばかりとは思えないほどの落ち着きようで数百本潜っているベテランダイバーさん並でウォッチングも上手でした。

奥さんの方はカメラに夢中でフィッシュアイを引っさげワイドで撮りまくり。

やっぱ、天気の良い日はワイドで楽しむも良しですね。

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ







kai-blog-610

2008年 04月25日 (金)
座間味島のコンディション
天 候 晴れでごじゃりやした。
気 温 23℃
水 温 23℃
風 向 北東の風
波 高 1.5メートル
WET 5mmツーピースor5mmワンピース+3mmベスト
※ オススメは、ロクハンカブリやドライスーツの方が快適
陸の服装 Tシャツ&トランクス
※ 朝・夕は、トレーナーやナイロンパーカーがあれば便利
全ての画像は、コンデジでの撮影(FUJI FinePix F30)

本日、晴天なり!

朝一、船を海に降ろしてダイビングの準備!

こんないい天気は、ワイドに攻めるがいいんじゃないかいと思いきや初デジカメでじっくり撮りたいということでマクロダイブへ

ブリーフィングの時に撮るコツと被写体の説明をしてエントリー
ポイントにつくやいなや撮影モード全快でゲストさんたちのオオラは凄いものでありました。

じっくり構えて撮る撮る撮る。 移動して撮る撮る撮る。 船の下でも撮る撮る撮る。

今日は、マクロ使用ということでマクロレンズを使った被写体に重点をおき撮影!

甲殻類やウミウシ、ベニハゼ、イソハゼなどなど

様々な被写体で撮影を楽しんでいただきました。

出来の方は、ログ付けのときに確認するとしてガッツリはまったダイビングDAYでごじゃりやした。

海おやじも、あまりの暇さに近くでパシパシ撮っていた。

こんなちっちゃな、ハゼだがよく見るととってもキレイなんでやんす。

ちなみに、マクロレンズがない海おやじはデジカメに虫メガネをあてての撮影じゃが意外に撮れるもんである。 極小な物を見るときにも役に立つがマクロ撮影にも役に立つぞ”!
ちょいとテクニックが必要じゃがね。。。

今日ぐらいから海が静かになっていく予報なのでGWに遊びに来られるみなさんと楽しいダイビングができそうじゃな。






前からだと、こんな感じ (船って陸に上がってると大きく見えるんじゃが海に浮かべたらそうでもない?)
ケンズのロゴも光っておりやす!
kai-blog-607

kai-blog-608

kai-blog-609

2008年 04月24日 (木)
座間味島のコンディション
天 候 晴れでごじゃりやした。
気 温 22℃
水 温 23℃
風 向 北の風強く後北東の風やや強く
波 高 4メートル後3メートル
WET 5mmツーピースor5mmワンピース+3mmベスト
※ オススメは、ロクハンカブリやドライスーツの方が快適
陸の服装 Tシャツ&トランクス
※ 朝・夕は、トレーナーやナイロンパーカーがあれば便利
全ての画像は、コンデジでの撮影(FUJI FinePix F30)

昨日の天気はどこへやら・・・

今日は、太陽が顔を出しいい天気じゃ 

相変わらず風がキツイのー それも北風   お日様が出てるのに肌寒い!

昨日の予定どうり今日は早起きして船のワックスがけ

意外にも船って汚れるんですな。 そりゃそうじゃ・・・
海に浮かべて風や波にさらされていては汚れもするな。 定期的に船を陸上げしてはメンテナンス&点検をするが早く終わったらワックスなんぞもかけてやるんじゃがコレがビフォーアフターで全然違うんじゃわい。
そんなこって、画像のとうりピッカピカの海陽風(船)。 嬉しくて3枚も載せてしまった。

明日は、朝一番に船を海に下ろしGWの前半戦はのんびりスタートじゃわい。

そうそう、座間味村のHPのトップに海おやじが撮った写真が使われておりやす。

座間味村のトップページの写真じゃが定期的に入れ替わるので見そびれるかも・・・

よかったら、覗いてみてくだされ → 座間味村HP

それでは、GWにお越しになるゲストさん一緒に楽しく潜りましょうね!

気をつけて来てくだされ~

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ







kai-blog-606

2008年 04月23日 (水)
座間味島のコンディション
天 候 雨でごじゃりやした。
気 温 26℃
水 温 23℃
風 向 南の風やや強く後北の風強く
波 高 2.5メートル後4メートル
WET 5mmツーピースor5mmワンピース+3mmベスト
※ オススメは、ロクハンカブリやドライスーツの方が快適
陸の服装 Tシャツ&トランクス
※ 朝・夕は、トレーナーやナイロンパーカーがあれば便利
全ての画像は、コンデジでの撮影(FUJI FinePix F30)

今日も今日とてノーゲストである。

お休みは、明日まででダイビングのシーズンがスタートするGW前半戦が始まる。

それはそうと、GW前に座間味は荒れ模様の天気である。

今日だけだけどね。。。 風がコロコロ回り雨が強烈に降ることをかじまーいと言う。

明日からは、回復してGW前半戦はいい天気の予報である。

でも、雨や風が凄かったなぁぁぁぁぁぁ~

朝一、雨が降る前に船を陸揚げしてエンジンの点検をしグリスアップ!

気が付いた時にマメにするのが安全管理って言うもんじゃな。。。

午後からは、タンクホルダーのファイバーとゲルコートが乾いたので最終工程のペーパーあてをした後に磨きをしてタンクを置く場所にクッション剤のパットを貼る作業で完成である。

一気に、作業は進みクッション剤を貼る工程まで来て一息。

なんとか、サイズカットをして無事貼り終わりました。

我ながら言い出来である。 満足!満足!大満足でありやす。

それにしても、お休みってことだが何なりとやることが多いな。

明日は、天気がいいので船のワックスがけをする予定である。

コレがまた、重労働なんじゃわい。 船って、半端なくワックスをかける面積が多いので腕はパンパンになり立ったり座ったりするので腰はガクガクになってしまう。 ジジイには、キツイ作業じゃわい。
体は、ぼろぼろでもピカピカの船を見たら気分爽快になってしまうんじゃな。
なんて、単純なヤツでしょう!

今日の画像は、少し前に撮ったヤツ!

みなさんもご存知のエビ界のアイドル
バイオレットボクサーシュリンプくんであるが体が紫色だけでも目立つがコイツはお腹が青色になっている。 コレは、バイオレットボクサーシュリンプの卵でやんす。

それにしても、体色より目立っているな~

オトヒメエビみたいにポヒュラーに見れたらいいんだが少ないんだよね。

沢山、子供を産んでおくれよ~

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ







kai-blog-605

2008年 04月22日 (火)
座間味島のコンディション
天 候 曇でごじゃりやした。
気 温 26℃
水 温 23℃
風 向 南東の風やや強く
波 高 2メートル
WET 5mmツーピースor5mmワンピース+3mmベスト
※ オススメは、ロクハンカブリやドライスーツの方が快適
陸の服装 Tシャツ&トランクス
※ 朝・夕は、トレーナーやナイロンパーカーがあれば便利
全ての画像は、コンデジでの撮影(FUJI FinePix F30)

ハイサイ!

みなさん、いかがお過ごしでしょうか ・・・

本日、ノーゲストでお休みでやんした。

陸仕事をちょこっとして、昼からゴロゴロとネコの様にのんびりさせていただきやした。

そうそう、ゲストのみなさんへお知らせです。

ネタがないのでこんなこと戯言っちゃいます。(ちょこっと営業が・・・)

例年になく、予約状況が早くなってきており3ヶ月前の予約が既に入り始めましたぞ!
3ヶ月前って言うと夏のお盆時期でごじゃるな。。。
毎年、お越しいただいているゲストさんもいらっしゃるので早めの告知です。
ダイビングは、ぼちぼちでありますが宿泊施設の方が徐々につまり始めておるんじゃな。
こん時期、ご予定されているゲストさんは早めに仮予約でいいのでご連絡くだされ。

ちなみに、5月・6月・7月の週末は現在少しずつご予約・お問い合せあり

7月の海の日を絡めた期間も少しずつ予約・お問い合せあり

8月のお盆時期(8/8~8/19)も少しずつ予約・お問い合せあり

9月の連休期間も少し予約・お問い合せあり

こんな感じで、今年はみなさん早めに動かれているみたいです。

さて、GWを境にダイビングシーズン到来でごじゃる。
5月は、サンゴの産卵も可能性大だし大潮時にはマンタもちょこちょこ顔を出しやす。

今年も、みなさんと楽しいダイビングがしたい海おやじでやんす。

沢山、ネタを用意してお待ちしてますので遊びに来てくだされ

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ







kai-blog-604

2008年 04月21日 (月)
座間味島のコンディション
天 候 晴のち曇でごじゃりやした。
気 温 25℃
水 温 23℃
風 向 東の風はじめやや強く
波 高 1.5メートル
WET 5mmツーピースor5mmワンピース+3mmベスト
※ オススメは、ロクハンカブリやドライスーツの方が快適
陸の服装 Tシャツ&トランクス
※ 朝・夕は、トレーナーやナイロンパーカーがあれば便利
全ての画像は、コンデジでの撮影(FUJI FinePix F30)

ほのぼの~

今日のテーマは、お題のとうりほのぼのダイビング
天気もいいし海峡もいいし風は少し吹いているものの南風で暖かく寒さを感じず。
こんな日は、海の中もほのぼのしてるでしょうなってことでお題のほのぼのを探しに行ってきやした。

ご案内したのは今年初潜りのポイントで水深15mの真っ白な砂地に縦3m横5mほどの小さい根がありそこには弾けたばかりのスカシテンジュクダイがついていた。 この時期から少しずつ賑わってくるポイントで冬にはほとんど入りません。
キンギョハナダイたちもいい感じで少し距離をおいてウォッチングすると最高である。
ハダカハオコゼも4個体いたが昨年の全盛期にはなんと7個対ものハダカハがいてカラーバリエーションも豊富で黒・緑・黄・白・ブチが入ったヤツとフォトはダイバーを楽しませてくれたが今年もそうなってほしいもんである。
今日は、白のハダカハの大小が寄り添うようにスカテンに埋もれてこれぞほのぼのって感じであった。
大口開けたユカタハタはアカシマシラヒゲエビにクリーニングしてもらって気持ち良さげ

なんと、ハナダイギンポも新顔で登場!してくれたのには海おやじは嬉しい限りである。
ハナダイギンポのおとぼけた顔を見てるだけでも癒されるね。
まさに、このポイントはほのぼのしたい人むけの絶好もポイントでしょうね。
砂地に射し込む光りのカーテンそして自分が吐くエアーを見ながら船へと戻る。

海おやじの大好きなポイントのひとつがやっと解禁です。

ダイビングから戻ってきて船のワックスがけ
ピカピカになった海陽風(船)も嬉しそうである。
そばし、腰を下ろしてぼんやり海を眺めていた。 時間が止まる。

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ







kai-blog-603

2008年 04月20日 (日)
座間味島のコンディション
天 候 晴れでごじゃりやした。
気 温 25℃
水 温 23℃
風 向 東の風
波 高 1.5メートル
WET 5mmツーピースor5mmワンピース+3mmベスト
※ オススメは、ロクハンカブリやドライスーツの方が快適
陸の服装 Tシャツ&トランクス
※ 朝・夕は、トレーナーやナイロンパーカーがあれば便利
全ての画像は、コンデジでの撮影(FUJI FinePix F30)

はいさ~い! 早起きして眠たい海おやじでやんす。

今朝は、5時半に目が覚めてしまった。 意識なしに・・・ ジジイであるね。

早起きって言うか勝手に目が覚めたって言うのが正解。 眠たい。。。

今日は、3ダイブして那覇に帰るゲストさんなので少しはやめの出港であった。
当然、ポイントは貸しきり状態と思いきや先客がいた。

今日のて^間はリラクゼーションダイビング
気持ちいいーって感じてもらうのが海おやじの目的であった。

まず1本目は、サカナさんに癒され2本目はサンゴに癒され3本目は何にもない真っ白な砂地に癒されてきやした。 海おやじ的には、3本とも超気持ちいいーであったがゲストさんたちはどうであったでしょうね。 たぶん、癒されて帰ってくれたでしょう!

爆エアーのゲストさんたちの潜水時間は平均35分とこれまた超早い。
基本的に水深はいつもよりは浅めでいったんじゃがあまり変わらなかった。

船の上でのゆんたくタイムの方が長かったような気がするな・・・
今日のゲストさんはダイビングにも関係あるサンゴの●●●に関る仕事でそんな話でちょいと盛り上がりまたゴルフの話でも盛り上がりでやっぱ海の中も船の上も楽しかったでやんす。

産卵間じかの産卵中の魚が多い座間味!
今日は、タテジマヘビキンポのお腹がパンパンになっているのを見てついつい激写してしまった。
このお腹どうどうどうよ~
人間界じゃオメデタですかーって言われるんじゃが魚の世界でも言われるんじゃろうか???

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ







kai-blog-602

2008年 04月19日 (土)
座間味島のコンディション
天 候 晴れでごじゃりやした。
気 温 25℃
水 温 23℃
風 向 北東の風
波 高 2メートル
WET 5mmツーピースor5mmワンピース+3mmベスト
※ オススメは、ロクハンカブリやドライスーツの方が快適
陸の服装 Tシャツ&トランクス
※ 朝・夕は、トレーナーやナイロンパーカーがあれば便利
全ての画像は、コンデジでの撮影(FUJI FinePix F30)

快晴!快晴!快晴!なり

そして、うねりはあるけど水中はいい感じー

午前中は、GWまでには仕上げたいタンクホルダー
組み立ては終わったがココからが意外に時間がかかるんじゃ
骨組みにファイバーを巻き樹脂で固める作業
コレがまたガラス繊維で出来ていてかゆいのなんの悪戦苦闘でコーティングはほぼ終了なんだがココからが時間との戦いである。 約24時間ゆっくりと乾かしてから次の作業なんじゃが今日はお昼からダイビングで海に行くので今日の作業はおしまい。
続きは・・・ 未定・・・ 明日、海から帰ってきてからやろうかな???

そんなこって、あっちゅ間にお昼なのでダイビングへ
ゲストさんは、カップルさんの貸切でごじゃる。
天気がいいので最高である。 目指すはフィッシュパラダイス
サンゴに群れる魚たちに癒されに行ってきやした。 今日のゲストさんは那覇での仕事を終えちょっくら座間味へ。 お忍びダイビングとやらである。

ゆ~っくりした島時間を感じながら楽しんじゃいました。
それにしても、色んなものが現れる時期になってきましたね。
ワイド・ワイド・ワイドってのがこんな日はいいんじゃな。

ひっと連発! まずは、グルクン(タカサゴにクマザサハナムロ)の壁に包まれた。 もの凄い数でいったい何匹いたんでしょうね前が見えないぐらいの群れが川のように・・・
そんな光景にうっとりしていたら目の前を数百匹の味の群れがざざざざざざぁぁぁぁぁぁ~っと通るはで息つく暇もない展開でしたな。

サンゴ畑では、体を覆うほどの魚でまるで竜宮城
コレだけ魚が多いと一匹づつ見るのではなく広~いしやでウォッチングした方がいいと海おやじは思うんじゃがどうじゃろう。。。

クマノミも5種制覇して満足げなゲストさんたちでした。

陸に上がってからは、バイクを借りて島内を探索しながら夕日を見に行くそうな。
最高な、夕日が見れでしょうね。
ふたりで、ゆっくり非日常を味わってくだされ

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ







kai-blog-601

2008年 04月18日 (金)
座間味島のコンディション
天 候 晴れでごじゃりやした。
気 温 25℃
水 温 23℃
風 向 北東の風
波 高 1.5メートル
WET 5mmツーピースor5mmワンピース+3mmベスト
※ オススメは、ロクハンカブリやドライスーツの方が快適
陸の服装 Tシャツ&トランクス
※ 朝・夕は、トレーナーやナイロンパーカーがあれば便利
全ての画像は、コンデジでの撮影(FUJI FinePix F30)

ハイサイです。

いい天気です! 夏日です夏日・・・

最高気温は、25℃とちょいと動くだけで汗ばみます。 こんな日は、海日和なんですがファンはなしで体験のみ

朝は、船のステアリングの部品交換
高速船で船のエンジニアさんが部品を持って来られるので迎えに・・・
3月初旬にシーズンに向けて船の定期点検をしたのですが90%終わっていたがステアリングだけが残った。 使用に当たり問題はないけれど少しステアリング重たいようなので整備士に見てもらったが原因が分らずであった。 その後、メーカーに問い合せて聞いてもらったが原因不明と言うことで次回に持ち越しとなった。
結果、おかしいなというところの部品をそのまま交換するとのこと・・・
交換した部品はメーカーにて原因を調べるそうな。。。
まだ2年も経ってないのにコレじゃ困るね。 クレームで処理してくれたらいいのにね。

あれから1ヶ月ちょい。
船屋さんも3月4月は忙しく時間を調整して来るよって言っていたがこの時期までずれてしまったらしい。 ステアリング本体をマルマル交換。
2時間ほどで部品交換は終わりステアリングも軽くなり元どうりバッチリです。
直ってみたらこんなに違うのかって思うぐらい軽いんじゃな。 今まで、こんなもんかって使っていたがさすがに重たかったな。 今では、親指と人差し指で摘まんでくるくる回る。
コレで、気になっていたところはすべて見てもらったので今シーズンも海陽風(船)にはバリバリ頑張ってもらわんとです。

昼飯食って午後から体験ダイビングでちょっくら海に浸かってきやした。
昼からは灼熱の太陽で肌がジリジリする感覚を味わった。
体験というよりファンだな。。。 ふたりとも、ライセンスは持ってはいるが7~8年ブランクがあるので今回体験の申し込みをしたそうでひと通りおさらいをしただけで説明はOK!
一応、ライセンス持ちだが体験ダイビングの申し込みなので中間を取って浅瀬でのんびり楽しんでもらった。 ゲストさんが言うほどヘタッピではなく中性浮力もまずまずで感が戻るまで時間がかかる程度で普通である。 水深MAX5mと超浅めでクマノミやスズメダイ、チョウチョウウオなど定番種で遊びキレイなエビたちを見る頃にはダイバーに戻っていた。
今日は、浅瀬に射し込む光りがたまらなくキレイで波にゆられて砂地がキラキラしていた。
この光景は、海おやじが一番リラックスできる場面である。
自然のアロマテラピーとでも言っておこう!
陸に上がって、色々ゆんたくしていてゲストさんが今日はダイビングが楽しいと始めて思いましたと言ってくれたがファンダイブじゃこんな浅瀬でズーッととはいかんでしょうな。
ゲストさんたちも、他に気を使わず自分のペースで楽しめたからでしょう。

もうすぐGWの前半戦が始まりやす。
海おやじの中では、いつもGWがなにかのきっかけになって1年が始まるんでありやす。
今年も、どんなシーズンになることやら・・・

ウミウシも恋の季節

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ







kai-blog-600

2008年 04月17日 (木)
座間味島のコンディション
天 候 雨のち曇でごじゃりやした。
気 温 25℃
水 温 23℃
風 向 南西の風後北の風やや強く
波 高 1.5メートル後2メートル
WET ワンピース+3mmベストorラッシュガード
※ 寒がりの方は、5mmツーピースかロクハンかぶりの方が良いでしょう!
陸の服装 Tシャツ&トランクス
※ 朝・夕は、トレーナーやナイロンパーカーがあれば便利
全ての画像は、コンデジでの撮影(FUJI FinePix F30)

リフレッシュDAY

GW前までにやっておきたいことがあったが今日はな~んにもしない一日としちゃいました。

朝起きてコーシー飲んでボーっと昼までダイビング雑誌なんぞを見ながら過ごす

昼からゴロゴロしているうちに眠ってしまった。

目が覚めたのは5時過ぎ

夕飯食って撮り溜めているビデオを2本見て早々にお休みでした。

こんな日もたまにはなくては・・・ ジジイなもんでリフレッシュDAYが必要

今日の画像は、先日遊びに来てくださった秋田からのゲストさんひでさん&ことみちゃんの見送りをしたシーンをひでさんが激写してくれて送ってくれたものです。

高速船クイーンざまみを追走してます。

ひでさん、写真ありがとねー

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ







kai-blog-599

2008年 04月16日 (水)
座間味島のコンディション
天 候 曇のち晴れでごじゃりやした。
気 温 27℃
水 温 23℃
風 向 南の風後南西の風
波 高 1.5メートル
WET 5mmツーピースor5mmワンピース+3mmベスト
※ オススメは、ロクハンカブリやドライスーツの方が快適
陸の服装 Tシャツ&トランクス
※ 朝・夕は、トレーナーやナイロンパーカーがあれば便利
全ての画像は、コンデジでの撮影(FUJI FinePix F30)

汗ばむぐらいの暑さ!
今日は、ファンなし体験ダイビングのみなので朝はゲストさんの見送りをして日曜ではないが日曜大工といきやした。 船で使うタンクホルダーが製作途中だったので今日で完成すべく頑張りやしたが昼までには終わらず体験の用意をして海へ

今日の体験ダイビングのゲストさんは超が付く賑やかな女の子3人組
港に着くなりテンションはMAXで海おやじはたじたじであった。
10年前だったら楽勝でついていけたのにおっさんになったなーって思わせられる。

なにを話してもなにが起こってもキャッキャキャッキャと笑い飛ばすみなさん
なんとか、説明&練習が終わりいざいざ海へ
海の青さにこの水飲んじゃないっていってしまう粗末じゃがそれだけキレイだって言うことだな。
暖かくなってきたのでまずは水に慣れてもらうためドボンとウエットのまま飛び込んでもらいウォーミングアップ後海の中へ
凪凪だったので慌てることなく3人ともスムーズにエントリーし耳抜きもばっちしいき潜行完了
ゆっくり移動してまずは砂地にポツンと浮かぶようにある小さな根へ行ってみればスカテンのチビ助が爆発していました。 ファンでも色んなポイントでスカテンのチビが誕生していたがココもチビ助でいっぱい。 ゲストさんも、ダイヤモンドみたいなキラキラする魚を掴もうと必死じゃがチビ助たちに遊ばれていた。 まず、掴むなんて無理じゃ
それから、クマノミタウンに移動して可愛いクマノミたちをウォッチング!

今回のゲストさんはついているね。 天気がいい!コレって重要じゃ
海の中ではこんなものを見た! 体験ダイビングでじゃよ。

どでかいコブシメが4匹、セミホウボウ、カメ2匹、カスミアジ、子供のイソマグロ6匹とこんな感じじゃがファンダイブでもコレだけヒットするのはあまりないでしょうね。
特にイソマグロなんてね。 ちびっ子だったけど一応イソマグロ

船の上でも、もちろん魚の話で持ちきりでした。
みなさん、始めてみたセミホウボウにビックリされていた様子で怪獣だ怪獣だって騒いでいた。
また、どでかいコブシメもあれはイカなんですかーだって始めてみるものっておっかない様子でごじゃった。 食べると美味しいのにね。

賑やかな体験が終わりショップに戻ってタンクホルダー製作
なんとか、完成したが船で使えるかはテストしないとね。

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ







kai-blog-598

2008年 04月15日 (火)
座間味島のコンディション
天 候 曇でごじゃりやした。
気 温 25℃
水 温 23℃
風 向 南東の風
波 高 1メートル
WET 5mmツーピースor5mmワンピース+3mmベスト
※ オススメは、ロクハンカブリやドライスーツの方が快適
陸の服装 ロンTシャツ&長ズボン
※ 朝・夕は、トレーナーやフリース
全ての画像は、コンデジでの撮影(FUJI FinePix F30)

やっほっほー

ころころと変わる天気に今日はニッコニコであった。

天気がいいとテンションが上がりやすな~

リクエストダイブの最終日なので、なんとか頑張ったが目的のポイントは2ヶ所とも潜れず
まず、セレクトしたポイントはビンビンの流れでクローズ気を取り直して2ヶ所目へ移動したが目の前に見えるは小さなうねり。 溜め息じゃわい。
目的の魚は、次回に持ち越しとなりやした。 海おやじでも、天気や状況は変えられましぇん。
ま~ 行くだけ行ったのでゲストさんも納得してくれて次回リベンジとなりやしたとさ。

さて、9:00前に出港してポイント移動で小一時間やっと決まってエントリーしたのが10:00過ぎ
いやいや、ゲストの方のリクエストに答えることは難しいものですね。
良い時もあれば悪い時もある自然相手生き物相手ですから仕方がないと言えば仕方がないがなんとか満足してもらいたいという気持ちが悩みの種でごじゃる。

さて、気分を変えて春から夏に変わりつつある座間味を今日はワイドで楽しんでいただきやした。
1本目は、1年振りに入ったお花畑
ココは、ドロップオフを垂直落下した目の前はトサカの群生が広がりなんともこのキレイさに圧倒されて声も出ないぐらい見事である。
流れに未を任せユラユラと進めば人が数人覆い包まれるほどの大きなウミウチワここでも普段見ない角度からウォッチングすると発見の連続である。
巨大なウミウチワやイソバナを感応しつつ吹き上げられた体は真っ白な砂の壁を上がれば果てしなく続く砂のステージと言った感じでやんす。 あとは浅瀬でのんびりフィッシュウォッチング。
ゲストさんもトサカの隙間に小さなイソギンチャクを発見! そこには、ミニチュアサイズのクマノミや隠れエビたちがひしめきあっていたそうな。 そんな光景に夢中にシャッターを切っていたそうだ。

2本目は、光りが差していたのでトウアカクマノミを見たあとは水深3mの世界のどっぷり浸かりコレでもかってぐらいに飛び出てくるデバスズメは圧巻であった。
こんな世界がダイバーにとっては普通だがなんとも癒される場所なんじゃな。
海おやじも、この仕事をして20数年にもなるが未だにこの世界が一番好きだ!

3本目は、ハゼ・ハゼ・ハゼダイブで楽しんでもらった。
ハゼエリアに到着したとたんゲストさんたちはカメラ片手に真剣勝負であった。
距離感に敏感なハゼにどこまで近づけるかどんなショットが撮れるかってのが頭の中をぐるぐる回るんじゃな。 失敗しては再チャレンジと繰り返しながらスキルが向上する。
浅場では、スカテンが少しずつ増えてきている。 この光景を見ると夏が来たなーって思うんでござんす。 ゲストさんが根の前あたりでブーブーブーとハンマーヘッドと言うブザーで海おやじを呼んだ目の前にはヤッコエイがぐるぐる回りパフォーマンスを繰り返していたのを教えてくれやした。
ヤッコエイって餌を食べている時やビックリしてピューって一気に紙飛行機が飛んでいるかの様に逃げていく姿しか見ることがないが今日みたいに砂地を何回も何回もぐるぐる回っているようなことは初めてでした。 エイも気持ち良かったんでしょうな。

アー もう少し水温が上がれば8mmツーピーからロクハンワンピー+ベストに衣替えなんじゃがね。
早く来い来い夏よーってかー

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ







kai-blog-597

2008年 04月14日 (日)
座間味島のコンディション
天 候 曇のち晴でごじゃりやした。
気 温 24℃
水 温 23℃
風 向 北東の風
波 高 1.5メートル
WET 5mmツーピースor5mmワンピース+3mmベスト
※ オススメは、ロクハンカブリやドライスーツの方が快適
陸の服装 ロンTシャツ&長ズボン
※ 朝・夕は、トレーナーやフリース
全ての画像は、コンデジでの撮影(FUJI FinePix F30)

朝からポツポツ雨が降っていたが出港前には止んだ。
それにしても、スッキリしない天気だが時間が経つごとに晴れ間も見れ暖かくなってきやした。

朝一番は、ジョー狙いでガッツリ

エギジット後、今日帰るゲストさんを見送るため座間味港へ向かうが高速船は港から出てきていたので追走して見送った。 アカへ向かう高速船を途中まで見送り次のポイントへ

2本目は、アザハタ君に逢いにいきやした。
エントリーしたとたん水のキレイさにウットリしてしまった。 相変わらずアザハタ君はいいモデルでありやす。 しばし姿をみせてなかったバイオレットボクサーシュリンプも2個体いてこれまたサービス満点でガンガン外へ出てきてくれてたっぷり遊ばせてくれやした。
今までのヤツとは違い少し小さめの固体だったが新顔なのかな。。。

浅場は、真っ白な砂地に海の青さがいつまで見ていても飽きません。

写真の様にトゲチョウチョウウオが登場すればコレだけで絵になりますね。
言わずとも海おやじはこのシーンに夢中になってかじりついてしまった。

昼は、アカ島にプチ上陸して休憩

3本目は、大物&地形のリクエストでドロップオフに隠れ根
巨大な隠れ根の周りにはグルクンのスゴイ群れがまたドロップを降りたところにはハナゴンベやスミレナガハナダイなども定番でいて十分楽しめた。
あとは、大物だが根ノ上でイソマグロ待ちあったがいっこうに姿は見せず撃沈だったがその代わり1mオーバーのロウニンアジが目の前をぐるぐる回ってくれたのでコレで良しとしますか・・・
1mオーバーのロウニンアジ2匹だとけっこうな迫力だったしね。

リクエストは、8割クリアーできたと思うがまだ残っているんじゃが天気次第では無理かな?

夕方ごろには天候も良くなり青い空や太陽も顔を覗かせてくれたので久し振りにみんなで展望台に夕日を見に行きやした。
ゆっくりクールダウンのはずがオブザーバーがついてきたので笑いはあったがのんびりゆっくりって感じじゃなかったけど少しだけ夕日を見れたのでゲストさんも満足してくれたでしょう!

明日は、天気も良くなりそうである。

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ







kai-blog-596

2008年 04月13日 (日)
座間味島のコンディション
天 候 曇でごじゃりやした。
気 温 20℃
水 温 22℃
風 向 北西の風後北の風やや強く
波 高 1.5メートル後2メートル
WET 5mmツーピースor5mmワンピース+3mmベスト
※ オススメは、ロクハンカブリやドライスーツの方が快適
陸の服装 ロンTシャツ&長ズボン
※ 朝・夕は、トレーナーやフリース
全ての画像は、コンデジでの撮影(FUJI FinePix F30)

本日は、地形三昧!でごじゃりました。

朝一、滞在中のゲストさんとサンゴ&フィッシュパラダイスでいやされ一旦港に帰り高速船で到着のゲストさんと合流して洞窟ダイビングへGO

今年初のポイントで貸しきり状態
エントリーして意外や意外水中はけっこう透明度が良いじゃないっすか・・・
地形ダイビングだし少しはなれたところに船を止めて起伏のある根をかき分けるように進むと目の前にパタパタヒレを動かしている大きな物体を見つけたマンタかなっと期待して近ずくとマンタじゃなかったがマンタ並みの大きなマダラトビエイが根の周りをぐるぐる回っているじゃないかい。 直径30mほどの大きな根だったので反対側から回って近づくと目の前ではちあわせと至近距離で見ることが出来たがビックリしたマダラトビエイは一気に加速して消えてしまった。
それから、メインの洞窟に入っていったらなんとも明るいじゃないっすか曇空だったので光りは期待してなかったものの水がきれいだったので雰囲気は満点でありやした。

ラストダイブも地形で〆
穴に入ったので次はドロップオフにクレパスをチョイス!
壁には、イソバナノ群生が見事で深場には人がふたりぐらい隠れるぐらいの大きなウミウチワがありでんと居座り俺はココだぞーと言わんばかりの存在感がありやしたな。
割れ目や切り立った壁をちまちまウミウシ探しに没頭してしまった海おやじ
ポイントは、ワイドなにの海おやじの目はまくろもーどでごじゃりやした。 そのお陰で色んなウミウシを見ることができたがmm単位のヤツばかりでコンデジのノーマルじゃと厳しいねー
こんな時は、マクロレンズが2枚ぐらいいやいや3枚はほしいもんじゃね。
ちゃんと、マクロだけじゃなくワイドモードで地形もたっぷり楽しみましたよ。

今日は、地形DAYでしたがたまには良いじゃないでしょうか・・・
一応、ゲストさんのリクエストでしたしね。。。

夜は、おめでたDAYとお題は変更して
本日のゲストさんたちはご夫婦ダイバー2組で示し合わしたかのように2組とも結婚記念日そしてまだまだ目出度い1組の旦那様がなんとバースデーでごじゃりやした。
こうなれば、名目はお祝いですが時間が経てば飲み会がやっぱメインになりますね。
それにしても、ぴったんこカンカンって感じで記念日が合うなんてね。

でも、おふたりの大事な記念日に座間味に来てくれるなんてこれまた嬉しい限りじゃわい。
これからも、座間味で記念日をしてくだされー

自分ごとじゃないけど、お祝いしている方も本人さんたちより楽しんでいるんじゃわな。

近日中に、コングラッチュレーション(お目でとーコーナー)で紹介しやすので見てくださいね。

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ







kai-blog-595

2008年 04月12日 (土)
座間味島のコンディション
天 候 曇でごじゃりやした。
気 温 22℃
水 温 22℃
風 向 北の風後東の風
波 高 1メートル
WET 5mmツーピースor5mmワンピース+3mmベスト
※ オススメは、ロクハンカブリやドライスーツの方が快適
陸の服装 ロンTシャツ&長ズボン
※ 朝・夕は、トレーナーやフリース
全ての画像は、コンデジでの撮影(FUJI FinePix F30)

それにしても、空はどんよりじゃ

今日は、座間味の海開きと言うことでよこちゃんとふうたんはイベントへお出掛けなので久々の送迎担当兼ガイド兼雑用の日でごじゃった。

本日起こしのゲストさんは朝の高速船で来て到着ダイブ!

港へお迎えに行って民宿へ
ゆっくり準備をしてもらいテラスでゆんたくしてると時間を忘れて盛り上がり出港30分オーバーで慌ててダイビングに出かけやした。
秋田から来たゲストさんはやっぱ沖縄は暖かいとのこと・・・
今回は、デジカメがバージョンアップしていてなんとフィッシュアイレンズを持参であった。
座間味デビューなので緊張気味だがさて出来はどうでしょうかね。。。

到着ダイブじゃったがプチダイブを入れて3本ガッツリ潜ってしまいやした。
本日最終ダイブは水深3Mのトウアカクマノミをワイドで狙ってエントリー最初は暗い海じゃったが時折太陽が出てくれて光りが入りいい感じに取れた模様である。

夜は、久し振りの再開に話がガンガン盛り上がり気がつけば4時間ぶっ続けで話し込んでいた。
話題は、血液型でお互いのパートナーのことでコレがとめどなく出てくる出てくるハプニング集に意気投合したのでした。

いやいや、仲間っているもんですね。

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ







kai-blog-594

2008年 04月11日 (金)
座間味島のコンディション
天 候 曇でごじゃりやした。
気 温 20℃
水 温 22℃
風 向 北の風後東の風
波 高 2メートル後1.5メートル
WET 5mmツーピースor5mmワンピース+3mmベスト
※ オススメは、ロクハンカブリやドライスーツの方が快適
陸の服装 ロンTシャツ&長ズボン
※ 朝・夕は、トレーナーやフリース
全ての画像は、コンデジでの撮影(FUJI FinePix F30)

本日は、カメ三昧の一日でした。

こんなに、当たるのも珍しいってココんところ体験ダイバーさんでカメに遭遇する確率が高くなってきているね。 コレってたまたまなんだがラッキーな方は大喜びじゃ

喜んでもらえるってことは、ありがたいことじゃわい!

今日のお仕事は、日帰りの体験ダイビング1組
カップルでご参加くれたのは九州の福岡の人たち
九州の方って意外に他県の方より沖縄に来られているように気がする。
今日のゲストさんは、体験3回目の経験者なので体験ポイントもセレクトして砂地からサンゴというポイントで遊んできやした。
体験の説明後、少し練習して海へドボン
潜行も順調に行き海の世界へのご案内だが目の前に現れたのは大き目のカメさんであった。
エントリー早々にカメさんがお出迎えでおふたりはハイテンションに・・・
砂地を移動中にカレイがいたそしてガーデンイール畑でじりじり忍び寄るように接近しベストなポジションで観察! 面白い動きにゲストさんも手でブレイクダンスっぽいことをしていた。

そして、サンゴ地帯へ移動
サンゴに群れる様々な魚の数にこれまた大喜び
体験ダイバーなのでサンゴの脇でウォッチングじゃったが可愛いカクレクマノミを一所懸命デジカメで撮影されていた。 少し大きめのウミウシを見せたら彼女の方が海おやじのスレートを取って書いたのが美味しそうですねだって! ウミウシってそんなふうに見えるのかな。

それからがカメ三昧であった。 水面でプカプカしていつヤツ、岩場には合計4匹あっちもこっちもで大ヒットでありやした。 思わず3人で拍手喝采となったのでした。

一番近くで見れたのは小ぶりのタイマイでしたが近づくと泳ぎだしたまたまゲストさんの目の前を通ってくれたので慌ててシャッターを切った海おやじでありやした。
潜水時間47分の海の旅を楽しんでいただけたようである。
カメは、合計6匹見れた。 今年は、カメの当たり年か???

この前、ファンでカメを見に行ったが今日より少なかったぞー

陸に上がってからは、ひたすら車のワックスがけ
なんとか3台ピカピカにしてやりました。 疲れるがキレイになった車を見ていると気持ちがいい。
両腕は、パンパンにはっていて肩より上に上げるのも辛いぞー

明日からは、ファンダイブ続きでGWに突入じゃ

そうそう、忘れてた! 明日は、座間味島の海開きでごじゃる。

やっと、ダイビングシーズンがやってきたぞー

みなさん、遊びに来てくださいねー

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ







kai-blog-593

2008年 04月10日 (木)
座間味島のコンディション
天 候 曇のち晴でごじゃりやした。
気 温 21℃
水 温 22℃
風 向 北西の風やや強く
波 高 3メートル後4メートル
WET 5mmツーピースor5mmワンピース+3mmベスト
※ オススメは、ロクハンカブリやドライスーツの方が快適
陸の服装 ロンTシャツ&長ズボン
※ 朝・夕は、トレーナーやフリース
全ての画像は、コンデジでの撮影(FUJI FinePix F30)

はいさい!

蒸し暑い日が続いているの~ カラッと晴れてくれんかね~

ボヤキからスタートじゃわい。

波高は、4m???

高速船は、全便欠航でフェリーはドックりってことは、船が入ってこない。

楽しい家族旅行も今日は大時化でどうしたもんかねー
色々検討した結果海で遊びたいということでボートじゃなくビーチから海へ
お父さん&お母さんはファンダイバーだがお子さんたちはライセンスなし
みんなで一緒にダイビングを楽しみたいということで体験ダイビング同行ファンダイビングで楽しんできやした。

お父さん&お母さんは経験豊富で二人合わせて1500本とベテランダイバーさんじゃがふたを開けたらお父さんが1000本ぐらいお母さんが500本なぜだかお父さんが口にしたことは私たち二人合わせて1500本ぐらい潜ってますだって合わさなくてもいいじゃんかね。
マーそんなこんなで、準備をして海へ
北西の風だったのでビーチは案外穏やかであった。
お子さんたちは、小さい頃から素潜りをしていて上のお兄ちゃんは水深10mぐらいなら楽勝といやはやたいしたもんじゃわい。
あとのふたり弟と妹も水に慣れたもんで心配なし
3兄弟とも素潜りをしているので耳抜きもお茶の子さいさいであった。
シュノーケリングセットにBC&レギュレターが加わるだけなのでお子さんにとっては問題なし
体験の説明をし安全確認をして水面で練習後スタート!
お子さんたちが先頭でお父さんお母さんは後追い体制
砂地にお腹をすらづ推進力で中性浮力をキープする泳ぎは参ったもんだ。
また、ウォッチングも魚たちを脅かさないようにそっとそっとともはやプロレベルである。
お父さんが見つけたホシゾラワレエビにくいついてみなさん真剣に見ていた。
いつしか体験ダイビングってことを忘れてしまっていた海おやじである。
水深3mの世界で潜水時間64分とたっぷり満喫したたまげたファミリーでした。

ダイビング後も、素潜り大会で誰が一番長く潜れるかってので遊んでいた。

お子さんたちは全て中学生で兄中3弟中2妹中1と年子の3兄弟めちゃめちゃ仲のいい子達でした。 ふと、海おやじが思ったこと3兄弟じゃなく5兄弟って言っていいほどみなさん仲良しじゃったな。

明日は、日帰り体験ダイビングのみ
そろそろ、車のワックスがけもしないといかんな。

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ







kai-blog-592

2008年 04月09日 (水)
座間味島のコンディション
天 候 曇のち雨でごじゃりやした。
気 温 26℃
水 温 22℃
風 向 南西の風やや強く
波 高 2メートル後2.5メートル
WET 5mmツーピースor5mmワンピース+3mmベスト
※ オススメは、ロクハンカブリやドライスーツの方が快適
陸の服装 ロンTシャツ&長ズボン
※ 朝・夕は、トレーナーやフリース
全ての画像は、コンデジでの撮影(FUJI FinePix F30)

午前中ダイビング&体験ダイビングそしてポイント調査

午後からやんちゃ小僧のお相手

夕方、ダイビング協会の定期総会

夜、K1MAXを興奮しながら観賞

大忙しと言うよりは時間が秒速で流れていくって言う感じじゃった。

明日は、相当海峡は荒れそうじゃ

お仕事だけじゃなくても時間が足りないのに・・・

もっと余裕・ゆとりができたらねー

そんなことをブツブツささやいている海おやじ

定期総会まではお仕事? やんちゃ小僧の相手もお仕事か???

コレは、海おやじの趣味じゃった。

海ばなしじゃが、強烈なゲストさんとマンツーマン
デジイチ引っさげ登場!
狙うは、ピグミー1本勝負とな・・・ 潜水時間1本あたり50分と短いがその分深場のダイビング
浅瀬は、ボーっとカメラを抱きかかえひたすら浮遊してらっしゃた。
2本潜った成果はやっぱお見事じゃな。 色んなアングルからそっぽを向くピグミー相手にいいショットを撮ってらっしゃたわい。
こだわりのダイビング! マンツーでしか味わえないね。

体験のゲストさんも強烈!
3名の平均年齢61歳のご長寿って言ったらしかられるね。
チャーリーズエンジル御一行って言っておこう。。。
ガンガン泳ぐひたすら泳ぐゲストさんの職業は水泳のインストラクターである。
魚よりまずは海を楽しむってのが目的だそうな。
それでも泳ぎ続けて約60分と燃費もいいがなんせ水深5mじゃもんね。
船に上がってもけろりとしていてやはり普段から体を動かしているだけありやした。
ゲストさんのひとりが船の上で魚より早く泳ぎたいね~だって
そんなお無理じゃわい。

体験のゲストさんが泳ぎ回っているときに見っけたジョー
水深3mのところにいて大胆にもビンビン穴から飛び出していた。
様子を伺うにもこのとうりである。
こんな水深で楽に撮影できるジョー発見! みなさん、いかがですかー

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ







kai-blog-591

2008年 04月08日 (火)
座間味島のコンディション
天 候 曇でごじゃりやした。
気 温 24℃
水 温 22℃
風 向 東の風後南東の風やや強く
波 高 
WET 5mmツーピースor5mmワンピース+3mmベスト
※ オススメは、ロクハンカブリやドライスーツの方が快適
陸の服装 ロンTシャツ&長ズボン
※ 朝・夕は、トレーナーやフリース
全ての画像は、コンデジでの撮影(FUJI FinePix F30)

浜下り
旧暦3月3日(今年は4月8日)は浜下り(ハマウリ)。

大漁旗を上げたボートが数隻連結して並び、内海から座間味港に入ってパレードをするんじゃな。

船上では、サンシンや太鼓が鳴り響きカチャーシーを踊ってで盛り上る。

こんな光景を見るの小さな島ならではである。

今週、4月12日(土)は海びらきが開かれ4月は行事続きである。

海ひらきが、終わるといよいよダイビングシーズンの到来じゃな!






kai-blog-589

2008年 04月07日 (月)
座間味島のコンディション
天 候 晴れでごじゃりやした。
気 温 25℃
水 温 22℃
風 向 南西の風やや強く後西の風
波 高 1メートル
WET 5mmツーピースor5mmワンピース+3mmベスト
※ オススメは、ロクハンカブリやドライスーツの方が快適
陸の服装 ロンTシャツ&長ズボン
※ 朝・夕は、トレーナーやフリース
全ての画像は、コンデジでの撮影(FUJI FinePix F30)

今日もいい天気~じゃ~
朝から気持ちいいの~っで海に出陣と行きたいが今日はノーゲストなので陸作業

前々から気になっていた船のテント
船のテントと言っても夏用と冬用があり冬用はビニールで出来ているのでケアーは水洗いでOKなんだが夏用は繊維織物で出来ているので定期的にケアーをしないといけないのであるんじゃな。
素人的発想で防水スプレーなんぞをつけていたらいいんじゃないのかって市販防水スプレーを使っていたが効果はもって半月でなんとも使い物にならなかった。
新品の時は、雨が降っても水玉が出来てさらっと落ちていたが1年も経つと繊維に沁みこんできくるようになり裏側までは沁みていないが外側はびしょびしょであった。
NETで、色んなケアー剤を探したが見つからず半分諦めていたところにサンブレラ(生地)むけのトリートメント剤が見つかったのである。

サンブレラと言うのは、生地の製品名で船のテントなどによく使われている。
海おやじのテントもサンブレラ製なのでサンブレラの生地を扱う専門業者をネットで見つけたので問い合せてみたところ以下の製品を紹介されたのじゃな。
まー長々と、くだらん説明を書いてしまったがもうしばらくお付き合いくだされ。

教えてもらって、その会社のHPを見てビックリ!
もっと早く出会ってればよかったのにな。 ふぅぅぅぅぅ~
でも、この商品が凄いんでごじゃる。 こりゃたまげたぞー
スプレーでテントに塗布するだけで新品のように戻るらしい。
担当者の話を丸呑みした海おやじはすぐさま購入することにしやした。

テントの生地
サンブレラ(生地)について・・・
(サンブレラは、アメリカ・コネチカット州のグレンラバンミルズ社で製造されている。)
サンブレラは、糸の段階で染められたアクリル繊維織物で屋外使用の為の布地として世界中で最も使用されているファブリックなんだそうな。

その製品を作っているグレンラバンミルズ社が推奨する製品が以下のケアー剤である。
Sunbrella(R)/グレンラバンミルズ社に推薦されているトリートメント製品が303ハイテックファブリックガードなのだ!
303ファブリックガードはこんな効果
特徴:織物(アクリル・ダクロン・オレフィン・コットン他)の為の製品で紫外線/オゾンによる劣化を防止+防水・防汚・防カビ効果があり。

注文して3日で届いたが雨続きでメンテができず据え置きになっていたが今日の朝の高速船でゲストさんが帰って今日はノーゲストなのでよこちゃんに手伝ってもらいメンテをすることにしやした。
メンテって一言で言うのは簡単だがコレがまた大変なんじゃな。。
まずは、大きなテントを外して屋外ではスプレータイプなので風が強くて塗布できないのでショップに帰って室内で作業。 十分乾かしたあとでオーニングにテントを張るんじゃがこれまた一苦労なんじゃな。 風が吹く中、テントがバタバタするので張りづらいがなんとかかんとか無事終了!
天気がいいので完全に乾いてからどんな感じかテントに水をかけて試してみたところやっぱ担当者のオヤジが言っていたとうり新品みたいに水を弾くじゃないかい。
今まで使っていた、防水剤なんて目じゃないほどきれいな水玉が出来ていて船が揺れるたびにテントからこぼれ落ちるって感じである。
やっぱ、生地屋が推奨するだけありやしたね。
一般の防水剤よりかは価格はうんと高いが効果は納得なので仕方がないかな。
1回の塗布で約6ヶ月持続するそうな。。。
半年もつんであれば良しじゃな。

kai-blog-590


こんな感じで、メンテが終了!

嬉しすぎて、だらだら戯言ってしまったな。 申し訳ない。。。
それでも、ホントにいい製品なのでもしよければ使ってみてはいかがかな。
海おやじ、一押しの防水剤ですよ~
あとは、ふたりでキャビンやオーニングにワックスがけをして今日のお仕事は終わり

昨日も書いたが、ギンギンに降り注ぐ太陽の下での作業だったので帰ってシャワーを浴びてのいっぱいはやっぱ旨いね。

明日は、よこちゃんとポイント調査へ行ってきやす。






kai-blog-588

2008年 04月06日 (日)
座間味島のコンディション
天 候 晴のち雨でごじゃりやした。
気 温 27℃
水 温 22℃
風 向 南西の風やや強く後西の風
波 高 1.5メートル
WET 5mmツーピースor5mmワンピース+3mmベスト
※ オススメは、ロクハンカブリやドライスーツの方が快適
陸の服装 ロンTシャツ&長ズボン
※ 朝・夕は、トレーナーやフリース
全ての画像は、コンデジでの撮影(FUJI FinePix F30)

はいさい!

今日は、夏を思わせる暑い一日でありやした。

少し動いただけで額に汗がにじ

南西の風だったので久し振りに地形ポイントへ行ってきやした。
大潮ということもありエントリーしたとたん激流
それでも、若いゲストさんはガンガン泳ぐ泳ぐで最初はドロップの壁波に向かい垂直落下
壁に見事についているイソバナの群生やウミウチワを見ながら流されてクレパスへ
太陽の光が差し込み見上げれば魚のシルエットが幻想的でいつもと違う視点でウォッチング。
吐いたエアーが渦を巻いて水面へ吹き上がっていく光景も自然の凄さを思い知らされる。
クレパスを通り抜けるとY字路にぶつかり左に見えるは光りのカーテンが差し込み見事なキレイさである。 光りの演出は、一味もふた味も変えてくれて光りだけでも飽きが来ないのは不思議ですね。

激流で遊んだあとはサンゴ畑でまったり
このポイントはサンゴエリアに入った瞬間全身が魚に包まれてパラダイスです。
ヨスジフエダイの群れや圧巻だったタカサゴ&クマザサハナムロの群れは川の流れの様に途切れることなく続いていて思わず見とれてしまいやした。
深場の根では、ナデシコカクレエビやミカズキコモンエビ、バブルコーラルシュリンプなどなどの甲殻類で一休み。 ケンズクラブでは、日本で見れるクマノミ5種を1ダイブで見れるポイントは現在3箇所でココのポイントもクマノミ5種が浅場で見れちゃうのでとても人気のポイントでありやす。

ボートの近くまで戻ると岩の割れ目に80cmほどのホワイトチップの子供が居眠りしていた。
前から覗き込むとモジモジしながらこっちをみている様子である。(勝手な感覚)
ゲストさんを前において後に回り尾ビレにちょいといたずらしたら前からぞぞぞぞーっと出てきてゲストさんたちもビックリ! 寝ていたホワイトチップのチビ助には申し訳なかったかな。

船に上がれば夏の陽射しがびんびんで思わずウェットを脱いでしまった海おやじでありやした。
それもそうだな。。。 海おやじのウェットは8mmツーピーなんでこりゃ熱いワイ。

久し振りに、冷たいビールをぐびぐびっと飲む旨さを味わいやした。
これからの季節、ビールが旨いんだよな。

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ







kai-blog-587

2008年 04月05日 (土)
座間味島のコンディション
天 候 雨のち曇でごじゃりやした。
気 温 24℃
水 温 22℃
風 向 南東の風やや強く後西の風
波 高 1.5メートル
WET 5mmツーピースor5mmワンピース+3mmベスト
※ オススメは、ロクハンカブリやドライスーツの方が快適
陸の服装 ロンTシャツ&長ズボン
※ 朝・夕は、トレーナーやフリース
全ての画像は、コンデジでの撮影(FUJI FinePix F30)

天候はイマイチ、どんより曇り空に霧雨
でも、海のコンディションはいい。 差し引きゼロと言うことだな。。。

今日のゲストさんは、初が3連発!で、海の中でも大当たりであった。

初めての沖縄旅行で選んだのが始めての座間味島そしてライセンスを取って初めてのダイビングでごじゃりました。
座間味初のポイントはカメが大当たり水面を優雅に泳ぐヤツやサンゴや岩陰でお休みしているヤツまたまた穴の中に頭を穴の中に入れモジモジしてるヤツとなんと1ダイブで5匹それも全てタイマイと言うと目出度いって言うしかないね。
ハラハラドキドキのゲストさんはエントリー前には心拍数が上がりっぱなし
ブリーフィング時に、基礎や水中手信号を再確認して海おやじ的にちょいとアドバイス
ゆっくり潜ってもらうためファーストダイブはフリーウォッチングにし海おやじはスレートを使わずコース取りのみでゲストさんのペースに合わせてゆっくり移動ってな感じでブリーフィング。
エントリーしてロープ潜行じゃったがライセンスを取って以来潜ってなく8ヶ月のブランクがありなかなか感が戻らずバタバタしていたがそれでもなんとか無事潜行しいよいよスタート。

おさらいをしたのでしっかり中性浮力をとろうと頑張っている様子であった。
根に到着したら安定した姿勢でウォッチングができるようにとBCのエアーをしっかり抜いて見てらっしゃいました。 また、ガーデンイール畑では、腹ばいになりジリジリ匍匐前進し微妙な距離でウォッチングでしたがついつい前に出てしまい見事に撃沈!
少し、体が慣れてきたのでゆっくりサンゴエリアでウォッチング!
以外のも、男性より女性の方がエアー早かったのにはビックリしたね。
ドキドキハラハラもあるしワクワク興奮感もあってのことでしょうな。

2本目からは、少し慣れてきたみたいで上手にエアーの出し入れができバッチリ中性浮力をとられていたしいい感じでウォッチングもできていやした。

ココでは、普段群れないミノカサゴが十数匹って根のあっちにもこっちにもそっちにもといたるところにいてキレイだが要注意! また、根の隙間や穴を覆いつくすキンメやアオスジテンジュクダイのラッシュアワーにオニダルマオコゼがデンと3匹も居座っていてオコゼ&カサゴ地帯である。
ハダカハオコゼのバリエーションも(薄いピンクに黒、白、黄色)と楽しめいい感じになってきている。

また、色んな種類のウミウシも見れて飽きが来ない。
最近では、ウキコチョウの種が多く見れるようになってきやしたよ。

ゲストさんたちも潜るたびに調子が出てきて自分の世界にどっぷり浸かっておりやした。

今日の画像は、モンハナシャコ
うちのやんちゃ小僧はただいま春休み中
BSで仮面ライダー特集がやっていたのを懐かしさあまり録画してやんちゃ小僧に見せてやったら仮面ライダーにどっぷりはまってしまったらしくことあるごとに録画したのを見ている。
ふと思ったのだがモンハナシャコも昆虫ぽいね。 それともエイリアン?
ちなみに仮面ライダーってモデルは昆虫じゃなかったけ・・・???
それにしても、鮮やかな色彩じゃな。。。
巣穴から顔だけ出しているのはよく見るが今日のヤツは全身出ていてダイバーも恐れず動き回っていやした。 意外と速いんじゃわい。

今日は、ワイドもマクロも楽しめた一日でありやしたね。

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ







kai-blog-586

2008年 04月04日 (金)
座間味島のコンディション
天 候 曇でごじゃりやした。
気 温 22℃
水 温 22℃
風 向 東の風後やや強く
波 高 1メートル
WET 5mmツーピースor5mmワンピース+3mmベスト
※ オススメは、ロクハンカブリやドライスーツの方が快適
陸の服装 ロンTシャツ&長ズボン
※ 朝・夕は、トレーナーやフリース
全ての画像は、コンデジでの撮影(FUJI FinePix F30)

全国高校野球の決勝戦、沖縄は、盛り上がったでしょうな!

沖縄尚学vs聖望学園の対戦

沖縄尚学が9-0で聖望学園を降し、99年以来9年ぶり2回目の優勝だ!

パチパチパチパチ~~~

良かった良かった、沖尚ナインおめでとーさんです。

やっぱ、うちな~ニュースで始まっちゃたね。

勝っても負けても出だしは決まっていたがね。

今日で、サンゴ保全活動の船当番最終日。

どんより曇り空だったが北風じゃなく東風でまずまず

ドリフトで船を流しているとダイビング船が港から出てくる数はチラホラだしホエールウォッチング船もチラホラでシーカヤックもチラホラ
みなさん、お暇なんでしょうかね~って言ってる海おやじのところも今日までお暇でした。

ドリフト中に、以前から気になっていたポイントを船上からチェックしていたら3ヶ所にもなってしまった。 いい感じのロケーションだし、砂地に点在するサンゴ根や岩根が多く楽しめそうである。 次は、潜ってポイント調査だな。。。 まずは、どんな魚がいるかを調べ使えそうであればどんな感じでコースを取るかじゃな。 色々、気になっているポイントはあるんじゃがなかなかポイント調査が進んでいません。

今年は、ニューポイントを2ヶ所ほどご案内できればいいのだが・・・
またドリフトで入るオリジナルポイントも増やさなければいかんのでかんばらんとね。

海おやじが好きだったオリジナルポイントが1ヶ所クローズにしていたがGWぐらいに復活するぞー
どんなポイントかは、来てのお楽しみでごじゃる。

明日は、やっとこさの海
がっつり楽しんできちゃいます。 体がうずうずしてきたー

今日の画像は、色んなポイントでやたら群れを見るグルクン
その群れときたらハンパなく凄いんです。 水面付近に群れてる時は魚の影で暗くなることもあったり根に回ってくれば全身グルクンに囲まれたりでコレだけの数だとついつい見入ってしまいます。

グルクンのから揚げも美味しいね! 海の中では、見るだけじゃが・・・






kai-blog-585

2008年 04月03日 (木)
座間味島のコンディション
天 候 晴れでごじゃりやした。
気 温 19℃
水 温 22℃
風 向 北の風やや強く後北東の風
波 高 2メートル後1メートル
WET 5mmツーピースor5mmワンピース+3mmベスト
※ オススメは、ロクハンカブリやドライスーツの方が快適
陸の服装 ロンTシャツ&長ズボン
※ 朝・夕は、トレーナーやフリース
全ての画像は、コンデジでの撮影(FUJI FinePix F30)

熱く燃える青春時代ありましたねー

沖縄では、高校野球が熱い!

それもそのはず、沖縄県代表の沖尚が決勝へ

選抜高校野球大会、準決勝2試合が行われ、東洋大姫路(兵庫)と沖縄尚学(沖縄)が対戦。 沖縄尚学が逆転4-2で東洋大姫路を降し優勝した99年以来9年ぶりの決勝進出を決めたとな。 

残り1試合は、聖望学園(埼玉)と千葉経大付(千葉)が対戦し聖望学園が4-2で千葉経大付を降しセンバツ初出場で決勝進出。

決勝戦は、沖縄尚学vs聖望学園だ! 沖尚、頑張って優勝しておくれ~

日本のプロ野球にはあまり興味のない海おやじじゃがメジャーリーグや高校野球となるとまた別で大好きであるんじゃなコレが・・・

高校生がやるスポーツは、何でも好きなんじゃわい。

損得や銭金なんて関係なく一所懸命やる姿がなんとも感動するね。
あとあと、金銭的なものが関ってくるがプレーしている時は純粋で素晴らしい。
毎度毎度、色んなシーンに泣かされている海おやじである。

ダイビングのキャンセルがでたので水曜日から週末までぽっかり穴があいてしまい今週はサンゴ保全活動の船当番なので明日まで船を出し船長をすることとなった。

今日も朝から保全活動で行って来ました。
昨日は、ポカポカ陽気じゃったが今日は本当に寒かった! 南風から北風に変わり吹きさらしのボートの上に1時間弱ときたま強く吹く北風にいじめられおまけに小雨交じりで体の芯まで冷えきってしもうたわい。 昼ごろ港に戻ってきて速攻家に帰り熱いお風呂に入ったとさ
あ~~~ 幸せーって風呂の中でエコーがかかっていた。

普段は、ダイビングでなかなか保全活動に出れないのでこんな時こそがんばっておる海おやじでありやす。

明日で当番最終日、朝から出動でごじゃります。

今日の画像は、いつ見てもキュートで可愛いミナミハコフグのチビ助
チビと言っても好きなサイズが異なるでしょうね。。。
海おやじは、2cmほどのサイズがお気に入り! 岩やサンゴの間をちょこちょこ動き回る様は見ていても飽きることはない。 また、たまに振り返る仕草がたまりません。






kai-blog-584

2008年 04月02日 (水)
座間味島のコンディション
天 候 晴れでごじゃりやした。
気 温 24℃
水 温 22℃
風 向 南の風後北西の風やや強く
波 高 1メートル後1.5メートル
WET 5mmツーピースor5mmワンピース+3mmベスト
※ オススメは、ロクハンカブリやドライスーツの方が快適
陸の服装 ロンTシャツ&長ズボン
※ 朝・夕は、トレーナーやフリース
全ての画像は、コンデジでの撮影(FUJI FinePix F30)

春と言えば桜じゃね~

全国的に桜が満開とな。。。

桜と言えば花見じゃね~

花見と言うと宴会

桜の木の下で花見酒っておつですな。

沖縄に来て二十数年、どばーっと咲いている桜を拝むことはなく本格的な花見をしたのは何年前? 当然、二十数年前じゃな。 高校生ぐらいの時に桜並木を歩いた記憶があるが定かでない。

沖縄・座間味もココ近年桜を見ることが出来るがあースゴイって感じじゃなくひっそり咲いているが一応桜じゃからキレイである。

沖縄の桜の開花は、今の時期じゃなくもっと早い。

今日も、いい天気で太陽の下に立っているだけで汗ばむくらい!

そんな中、今日もサンゴ保全活動なので海に行ってきやした。
もちろん、当番の海おやじは船長でありやす。 どのポイントもドリフトなのでダイバーが海に入って駆除活動をしている間は泡を見ながらズーッと船の上で操船している。

水深1mほどのサンゴ礁にレイシガイダマシと言う貝がついていてこの貝が厄介でサンゴには天敵なんじゃな。 1ダイブでひとり平均300個と取っても取っても減らない。
オニヒトデが減って落ち着いてきたかなと思いきや次は貝がサンゴを犯している。
1個づつピンセットで取る作業は地道でホント大変である。
座間味のダイビング協会に所属するダイビング屋が長年に渡りボランティアで駆除活動を行なっている。
船を出すのは、当番制なので今週が海おやじのお店の当番でゲストさんがいないので船を出しているって訳である。 当番でない他のダイビング屋は参加できるものは海に入る。

船を流していると色んな光景を見ることができ普段とは違って楽しい。

今日は、阿真のキャンプ場があるビーチからシーカヤックが無人島に向かっているところに遭遇した。
知り合いのシーカヤックのお店の子でカメラを向けると手を上げてポーズをとってくれた。
黄色い艇の後にもう1艇赤いヤツがいたが風が強くて悪戦苦闘していた。 それもそうで、女の子ふたりのタンデムだったので必死って言う方がいいかな。

それでも、息を合わせて頑張ってツーリングに出掛けていった。

ポカポカ陽気で天気は良かったが東南東の風がハンパなく吹いている1日でありやした。

本当だったら今日からダイビングだったがゲストさんが急遽仕事が入りキャンセルとなったので木曜日まで空いてしまったので明日も駆除活動に行ってきやす。
早く、週末になんねーかね。 海に入りたいでごじゃる。

昼は、やんちゃ小僧と倉庫でランチをとりタンクホルダーの製作の続き

夢中になってやっていたらやんちゃ小僧が迎えに来て気がつけば夕方

後片付けをして、とぼとぼと二人で帰ってきた。






kai-blog-581

2008年 04月01日 (火)
座間味島のコンディション
天 候 晴れでごじゃりやした。
気 温 24℃
水 温 22℃
風 向 北東の風後東の風
波 高 2メートル後1.5メートル
WET 5mmツーピースor5mmワンピース+3mmベスト
※ オススメは、ロクハンカブリやドライスーツの方が快適
陸の服装 ロンTシャツ&長ズボン
※ 朝・夕は、トレーナーやフリース
全ての画像は、コンデジでの撮影(FUJI FinePix F30)

今日は、4月1日と言うことはエイプリルフール

ガキンチョのときはエイプリルフールってことだけで学校で友達同士が嘘の付き合い。

ちょっとした、いたずらかゲーム感覚で楽しんでいたころがあったな。

今では、光度ないたずらになっている。

夕食時に、よこちゃんにちょいといたずらを・・・

本人は、いたって普通でいつもと同じで慌てる様子もない。

これって、性格じゃろうかね。 ネタ晴らしをしたらやっぱりねって言われた。

いつもと変わらない、宇川家の夕食時のひとコマである。

今日は、朝からサンゴの保全活動へ出動!

阿佐港から座間味港へ船を回して出港。

お昼には港へ戻ってきて解散!

明日も保全活動の船長なので座間味港へ船を止めてお迎えに来てもらうためよこちゃんに電話した。

ちょうど昼時だったので久し振りに家族で外食することに・・・

kai-blog-582

海おやじお気に入りのおそばを食うことにしやした。 昨年末にオープンしたもずくそば屋さんへ食べに行った。 ケンズのゲストさんもちょくちょくランチを食べに行っているらしくメニューも増えているってことで期待していったが本日はおそばのみでショック!
もずくご飯ってのがあってランチにするとそばとご飯がセットになっている。

それでも、やっぱ旨かったぜ!

沖縄そばのダシじゃなく関西風のうどんダシでカツオの風味がたまらなく海おやじ好きな味でごじゃる。 もずくを練りこんだ麺も歯ごたえあっていい感じである。

kai-blog-583

もちろん、海おやじの麺好きは息子まで遺伝している。
やんちゃ小僧もそばからうどん、ラーメンと麺類は大好物でありやす。
この日は、やんちゃ小僧と海おやじでふたり仲良く分け分けしていただきやした。
よこちゃんは、ぺろりと完食!

ちなみに、ココのそばを食べて以来我が家でも沖縄そばの出しは大阪風でありやす。







| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2008 沖縄・ケラマ・座間味島 海(かい)の戯言, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。