上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






沖縄・慶良間 ケラマ 諸島のちっちゃな島(座間味島)から海おやじが送る日々の戯言
kai-blog-3170
家の門柱にドンと腰掛けるシーサー  存在感、あります!

沖縄・慶良間 ケラマ 座間味島のコンディション
2011年 02月14日(月)
天 候 雨でごじゃりやした。
気 温 18℃ 水 温 21℃
風 向 南東の風後北の風強く
波 高 3メートル後4メートル
ウェットスーツ : 5mmツーピース、ドライ、5mmワンピース+3mm「潜水時間 60分OK!」
船 上 ボートコートやナイロンパーカーは、必須アイテム。 ニット帽やフリース帽があればgood!
陸 上 長袖・長ズボン(朝・夕は、パーカーやトレーナー、フリースが必要!)
※沖縄でも寒いときは寒い! 内地使用での服装をおススメします。
ブログ画像は、全てコンデジでの撮影
ガイド中のメインのコンデジ
FUJI FinePix F30(ノーマル使用)で、気軽にバシバシ
FUJI FinePix F31fd+INON UWL-105AD(ワイドレンズ)
FUJI FinePix F50fd+INON UFL-165AD(フィッシュアイコンバージョンレンズ)
FUJI FinePix F50fd+INON UCL-165AD+INON D2000(マクロ)

海おやじのお店は、こんなところにあるのだ!
------------------------------------------------------------------------------------
那覇から船で1時間の世界有数のサンゴ海!慶良間(ケラマ)諸島にあるちっちゃな島(座間味)がフィールド
ワイワイガヤガヤ、家族3人でスローライフを楽しみながらのんびりやってるアットホームなお店です!
* * * 海おやじのお店 HP! 「沖縄・慶良間諸島 座間味島にあるマリンスポーツのお店」 * * *
------------------------------------------------------------------------------------


オフシーズン春に向けてのキャンペーン実施中!
この時期だけのお楽しみ。。。 ホエールウォッチングシーズン真っ最中!
------------------------------------------------------------------------------------
ファンダイブプラン
■3ダイブ、お得に潜ってガッツリ楽しもう!
■午前2ダイブ、午後フリーで自分時間を楽しもう!
体験ダイビングやカヤックプラン
■春の早割り!体験ダイビング得々コース
■春の欲張りセットコース
上記プラン、詳しくはコチラをチェック!
------------------------------------------------------------------------------------

ハイサイ! 海おやじでやんす。

しばらく振りの戯言です。。。

世はバレンタインデーで賑わっているが海おやじは何の縁もごじゃらん。

昔は、少しばかしいただいたっけ・・・

アメリカや海外では男子から女子にあげるイベントと言うか行事みたいじゃが日本じゃ女子が男子にですよね。

どこでどう変わったんでしょうか


連休はさんざん

週があけてもまたかよーである。

天候もそうじゃが連絡船の欠航はいかんせん頭にくる。

まー 自然には勝てないから仕方ないですけど・・・

最近の海おやじはと言うと

ここんとこ、お忙しいというか日々に終われなかなか書き込むことが出来なかったってのが真実なんじゃが・・・

さぼっていたのも事実!

やらねばならないことが山済みであっぷあっぷしている毎日です。

あったま悪りい海おやじなんでなかなか順調には進みませんが試行錯誤しつつ楽しく頑張っておりやす。

2月も半ばにさしかかり3月まであと半月

春がやってきたら海の方も動き出すので海おやじプロジェクトと平行して今以上に忙しくなる。

今月中には、海おやじプロジェクトの決め事を早くすませ何とかめどをつけたいなぁ~

本業のシーズンに向けての準備もそろそろ始めないといかんし

体がふたつと言わず3つも4つもほしい。

さて、現場で写真を撮ることが多くなってきた現在の状況

使用するレンズで気になっているのが何点かある。

これまでは、広角といえばニコンのAF単焦点レンズ(超広角)を使っていたんじゃがレンズ交換などを考えたら広角のズームレンズがほしくなった。

海おやじが使用している広角レンズは下記のニコンのフィッシュアイ

ニコンユーザーの海おやじじゃが、今回は純正のニコンを入れて3社の広角ズームレンズで迷っている。

どれもいい。

------------------------------------------------------------------------------------

ニコン AF DX Fisheye Nikkor ED 10.5mm F2.8G ニコンDXフォーマット専用
kai-blog-3171
海おやじ、ご愛用!

今現在、一番活躍してるレンズ

画角180°を達成
焦点距離10.5mmは、35mm判換算で約16mm相当の対角線魚眼レンズの撮影画角となり、対角線画角180°を達成。広い画角で多くのものを写し込みます。対角魚眼独特のデフォルメ効果が得られます。

優れたデジタル専用光学設計
ニコンデジタル一眼レフカメラ「D2H」「D1シリーズ」「D100」の性能を最大限に発揮する「デジタル専用光学設計」を採用しています。高解像度を達成し、シャープでクリアな画像が得られます。

最短撮影距離0.14m
ニコンが開発した近距離補正方式を採用することで、最短撮影距離0.14mを実現しました。レンズ前端から3cmまで寄れます。

軽量・コンパクト
質量約305g、最大径63mm長さ62.5mmで取り扱い、携帯性に優れています。

「Nikon Capture4」(別売)で超広角画像に変換可能
本レンズで撮影した画像をパソコンに取り込み、「Nikon Caputure4」(別売)の「魚眼→広角変換機能」を使用すれば本レンズで撮影した画像の射影方式を変換し、超広角レンズのような画像を作成します。デジタル魚眼画像でしか実現できない新しい可能性です。

レンズ構成 :7 群10枚(EDレンズ1枚含む)
絞り :7枚羽根の円形絞り
画角 :180°(D2H、D1シリーズ、D100装着時)
最短撮影距離 :0.14m
最大撮影倍率 :1/5倍
フィルター :マウント開口部に、ゼラチンフィルター差込可能
フード :鏡筒固定(花形)
大きさ :約63(最大径)×62.5mm (長さ:バヨネット基準面からレンズ先端まで)
質量(重さ) :約305g

------------------------------------------------------------------------------------

現場用の広角ズームレンズ

下記の3メイカーで検討

迷いに迷った結果

世界初! 8mmをカバーするデジタル専用超広角ズームレンズってのに心揺らいでこれに決めました。

他のふたつも捨てがたいが8mmってのがやっぱ決めてかな。

これはあくまでも海おやじの趣味じゃなくお仕事用でありやす。

あれもこれもっていったらきりないのがレンズ

それでもほしいものが山ほどあるんじゃがねー

レンズだけじゃなくカメラもじゃが・・・

今までは、持ち歩くといったらコンデジがほとんどじゃったが最近は現場があるのでデジイチの方が活躍している。

手軽なコンデジに慣れていたけど撮り始めたらやっぱデジイチは面白い。

ここ数年、手から離れていたカメラも今は喜んでいると思うな。

現場が終わったら趣味でまた始めっかねー


------------------------------------------------------------------------------------

ニコン AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED
kai-blog-3172

広大な風景の撮影に超広角ズームレンズ
2枚のEDレンズと3枚の非球面レンズの採用により、ディストーションの少ない優れた描写性能を実現。またSWM駆動方式により、より高速で静粛性に優れたAF撮影が可能。オートフォーカス中でもフォーカスリングを回せば瞬時にマニュアルに切り換わるM/Aモードを搭載。狭い室内、建造物、風景等の撮影や、遠近感を誇張したいシーンに最適です。

焦点距離:10-24mm
最大絞り:f/3.5-4.5
最小絞り:f/22-29
レンズ構成:9群14枚構成(EDレンズ2枚・非球面レンズ3枚)
画角:109-61度
最短撮影距離
・AF時:0.24m(全域)
・MF時:0.22m(全域)
絞りの羽枚数:7枚(円形絞り)
アタッチメントサイズ:77mm
大きさ:約Φ82.5×87mm(バヨネットマウント基準面からレンズ先端まで「焦点距離14mm時」)
質量:約460g
付属品:LC-77、LF-1、HB-23、CL-0118

定価 112.000円

------------------------------------------------------------------------------------

シグマ 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM
kai-blog-3173

画角121.2°からの超広角ズーム
広角ズームのパイオニア、シグマは、1979年に初の広角ズーム「ズーム・ガンマ21-35mm F3.5-4」を発売致しました。その後、常に先進のテクノロジーを搭載した広角ズームレンズを開発、提供し続けております。8-16mm F4.5-5.6 DC HSMは、APS-Cサイズ一眼レフカメラ用交換レンズで世界初の8mmから始まるデジタル専用超広角ズームレンズ。35mm版換算で、12-24mm相当の画角が得られます。

強烈なパースペクティブ
超広角の強烈なパースペクティブと広い画角を活かして、被写体と背景の距離感を出したり、背景の広がりを表現したり、独特な表現が可能です。

優れた描写性能を発揮
蛍石と同等の性能を誇るFLD("F" Low Dispersion)ガラス*を4枚採用し、超広角で問題となる倍率色収差を極限まで補正。グラスモールド非球面レンズ2枚、ハイブリット非球面レンズ 1枚を採用し、非点収差、像面湾曲を良好に補正。インナーフォーカスの採用により、フォーカシングによる収差変動を最大限に抑え、全撮影距離で高画質を実現しています。

スーパーマルチレイヤーコート採用
スーパーマルチレイヤーコートの採用により、フレア・ゴーストの発生を軽減。開放からシャープでコントラストの高い描写を実現、ズーム全域で優れた描写性能を発揮します。

静かで素速いAF
超音波モーターHSM (Hyper Sonic Motor) の搭載により、AFスピードの高速化と静粛性を実現。AFでピントを合わせた後、フォーカスリングを回すだけで、ピントの微調整ができるフルタイムマニュアルも可能です。

コンパクトサイズを実現
最大径75mm、全長105.7mm、重さ555gのコンパクトサイズを実現。携帯性に優れ、旅先の撮影などで機動力を発揮します。

最短撮影距離24cm
最短撮影距離は、ズーム全域で24cm、最大倍率は、1:7.8。被写体に寄りながら周りの情景を写しこむことが可能です。

レンズ構成 11群15枚
画角 114.5°~75.7°
絞り羽根枚数 7枚
最小絞り(W端) F22
最短撮影距離 24cm
最大倍率 1:7.8
最大径×全長 φ75mm×105.7mm
重量 555g

定価 94.300円

------------------------------------------------------------------------------------

トキナー Fish Eye 10~17mm F3.5~4.5 ニコンデジタル用 AT-X107DX N

kai-blog-3174


デジタル一眼レフ専用のDXレンズ
APS-Cサイズの固体撮像素子専用に開発した魚眼ズームレンズ。

焦点距離10mm時に対角線画角約180°の魚眼レンズの画角を実現
大きく変化する画角、遠近感、被写体のデフォルメ等、通常の超広角ズームとは明らかに違う、ディスト-ションを生かした映像表現を可能にしました。

高性能光学系レンズ後群にSDガラス1枚を配置することにより、画像周辺部の色収差を良好に補正。また、ゴースト、フレアー対策として、各レンズにマルチコーティングを施すことにより、クリアで高画質の描写を実現いたしました。

最短撮影距離0.14m
インターナルフォーカス(IF)により、レンズ先端部から約2.5cmまで被写体に接近できます。

WPコートの採用
レンズ前面に新開発のWP(Waterproof)コートを施しております。撥水性、撥油性に優れているため、水滴の除去、指紋や油汚れ等も簡単に拭き取ることができます。

軽量コンパクト
重さ350gと、このクラスの超広角ズームとしては非常に軽量・コンパクトにまとめました。

焦点距離 10~17mm
明るさ F3.5~4.5
最小絞り F22
レンズ構成 8群10枚
コーティング 多層膜コーティング
画 角 180゚~100゚(ニコンカメラ使用時)
最短撮影距離 0.14m
マクロ最大倍率 1:2.56
フォーカス方式 インターナルフォーカス
ズーム方式 回転式ズーム
絞り羽根枚数 6枚
最大径 70.0mm
全 長 71.1mm
重 さ 350g
対応マウント ニコンデジタル

定価 98.000円

------------------------------------------------------------------------------------

どれも、定価じゃとそこそこの値段じゃがネットで探せばほとんどが6万円台

海おやじのお財布の中身と相談したら少し頑張れば何とかなるかな。。。

6万もだしゃ、普段使いにバシバシ撮れる初心者モデルのデジイチが買えるね。

やっぱ、カメラよりもレンズの方がお金がかかるってことです。



沖縄・慶良間諸島 座間味島にあるマリンスポーツのお店
Umioyaji Shop / 海おやじのお店
TEL 098-987-3172
e-mail : shipus.free@nifty.com
スポンサーサイト







| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 沖縄・ケラマ・座間味島 海(かい)の戯言, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。