上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






kai-blog-018


2007年 1月19日 (金)
座間味島のコンディション
天 候 雨じゃったよ
気 温 17℃
水 温 22℃
風 向 北東の風やや強く
波 高 2.5メートル
服 装 ロンT&長ズボン+トレーナーやフリース、ウインドブレーカー
※天気がいい日は、昼間はTシャツ&短パンでもOKな日があります。
WET 5mmツーピース・6.5mmカブリ・5mmワンピース+3mmベスト
※寒がりな人は、ドライスーツの方がいいかも・・・
※船上では、ボートコートやウインドブレーカーは必須アイテムじゃよ。

雨が一日中降っていた座間味

本当に寒い! オフ期はシーズンほど忙しくないというか暇なのでシーズンに比べると5kgぐらいは体重が変わるんじゃ

今年は、まだそんなに増えていないがお腹まわりに少し肉が付いたということは脂肪じゃな... 3mmウェットを着ているようだ!なんてね...

なので、寒さはさほど感じないと思うでしょ
いやいや寒いものは寒いんです。 海から上がったらなんだが今日は雨も降っているは風も少しあるはでおまけに気温が17℃ってことは体感温度は12度ってところか? 分らんがとにかく寒い。

海はと言うと中は快適じゃわい
そんでもって面白いし今日はニシハマにいるバイオレットボクサーシュリンプと言うエビなんだが個体数はとても少なくちょいとめずらしいんじゃ

バイオレットボクサーシュリンプ
分りやすくゆうとオトヒメエビの紫バージョンでちょいと小ぶりのエビ
コイツがニシハマ以外に2ヶ所で見れる。 1ヶ所目は2個体でもう1ヶ所で1個体元気に暮らしておる。 あまりダイバーが行かないっていうか全然行かないポイントなので観察しやすい。 今日は、いつもの場所と違うところにいたがこっちの方が写真もウォッチングもしやすいのでGOODである。

浅場では、カミソリウオがよく出現するのでエギジットの時でもたっぷり遊べるんじゃわい。 このポイントからすぐのところに(仮)ウミウシ天国と言うポイントがあり2月~5月ぐらいまでたっぷり楽しめる。 水深もMAX15mほどなので夢中になっていると軽く60分オーバーのダイビングになってしまうんじゃ

そろそろ、ここに入る回数が増えてくる時期に入ってきた。
楽しみじゃな冬の海も・・・ 伊豆などに比べて水温的には全然暖かい座間味じゃが防寒対策をちゃんとしていれば快適きわまりない。

さてさて、沖縄から大阪、大阪からソウル、ソウルからシパダン、シパダンから東京、東京から長野、長野から東京、東京から沖縄という冬休みの日程
気温が上がったり下がったりで体調は大丈夫であろうか? 不安じゃな。
1番の気温差はソウル(-5℃)からシパダンシパダン(30℃)である。 なんと35℃の変化はキツイであろうね。

ふと、しょうもないことを考えてしまった。

風ひかないように万全な対策が必要じゃな。
スポンサーサイト

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ








| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 沖縄・ケラマ・座間味島 海(かい)の戯言, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。