上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






kai-blog-266

2007年 08月31日 (金)
座間味島のコンディション
天 候 晴でごじゃりました。
気 温 32℃
水 温 29℃
風 向 南西の風
波 高 1メートル
WET 5mmワンピース+3mmベストorラッシュガード
陸の服装 Tシャツ&短パン&島ぞうり
全ての画像は、コンデジでの撮影(FUJI FinePix F30)

いい天気が続いているじゃまみ島は最高でごじゃるよ~

昨日のことは忘れてスッキリした状態でスタートです。

ココは強調して大きな声で言っておこう!

今日は、何をとっても全てが最高でごじゃった。

朝のスタートは、時間を変更してファンダイブのゲストさんと体験ダイビングのゲストさんと同じ時間にスタートしやした。

ファンダイビングは、常連のゲストさん
まったりのんびりがお気に入りで水の中で浮遊感を楽しみにが好きな方だが魚も大好き!
1本目は、北浜(ニシバマ)でアザハタ&エビさんカニさんその他モロモロを激写してきやした。
バイオレットボクサーシュリンプは、めちゃめちゃ写真が撮りやすいところに出て来てくれていてじっくり色んな表情を撮らせてくれた。
アデウツボのチビもいい感じで顔を出してくれるのだがすぐに隠れてしまいいまいちサービス精神がなかったが顔を見れて良かったとしよう。

ファンダイビングが終わり続いて体験ダイビングのゲストさん
引き続き北浜(ニシバマ)での体験ってなんとも贅沢なだいびんぐですな。 昨年、本島で体験ダイビングを経験済みのゲストさんは感もよくすんなりエントリー。 泳ぎも上手だったので大きく回り色んなロケーションや魚たちを見ていただきやした。
13mのところにある海おやじが命名したんだがハナダイの根まで遠征しやした。 タカサゴのチビたちがこれでもか~って言うほど群れでハナダイの根をぐるぐる泳ぎ回ってゲストさんを楽しませてくれた。
ガーデンイール畑にも少し寄り道して座間味の海をたっぷり見ていただきやしたです。 北浜(ニシバマ)で体験ダイビング&シュノーケリングをセットで楽しまれてご満悦なゲストさんたちでした。

ファンダイブのゲッストさんは2本目はヤシャハゼ畑って言っていいほどいたるところにヤシャハゼがいて写真は撮り放題。
これでも、しょぼい写真があったら腕の問題じゃわな。
このポイントのも~ひとつのチェックポイントはイソコンペイトウガニなんじゃな。
このイソコンペイトウガニもいたるところにいてトサカの中を探せば必ず見つかるくらい数は多い。
エギジット時には、ウルマカサゴやヒメオニオコゼといったいかついヤツが登場しカサゴ&オコゼ三昧もありやした。
2cmほどのネッタイミノカサゴのチビ助もかわゆかったでごんす。

ラストダイブは水深MAXで7m平均3mの藻場探索宝探しダイビングでごじゃりました。 浅場のダイビングなのでなんと70分オーバーで少々腰が痛かったがいろんな生物にお会いしまた。
まずは、ココの住人になりつつあるミョジャピグにオオウミウマの子、そんでもってヨウジウオ系やタツウミヤッコのチビ助にウミテングのペアーそんでもってツマジロオコゼのチビ助と最高な1本でごじゃりました。 3本目のダイビングは浅場でゆっくり・まったり・じっくりのダイビングが癖になってきている海おやじでやんす。
でもなんですな~ 淡い光が入ってきて砂地をキラキラさせてその光景を見ているだけで水中で光と砂地が繰り出すパフォーマンスにうっとりくる海おやじでありやす。

今日もご帰還は夕方ごろ・・・
港に着いたころは5時半を回っていやした。
あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ 楽しかったぞー

ダイバーも少なくほとんど貸しきり状態の海で贅沢な時間を過ごさせていただきやした。
ダイビング後、船の上でのゆんたくも最高な贅沢ですな。
スポンサーサイト

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ








| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 沖縄・ケラマ・座間味島 海(かい)の戯言, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。