上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






kai-blog-319

2007年 09月25日 (火)
座間味島のコンディション
天 候 晴れでごじゃりました。
気 温 31℃
水 温 29℃
風 向 北東の風
波 高 2メートル
WET 5mmワンピース+3mmベストorラッシュガード
陸の服装 Tシャツ&短パン&島ぞうり
全ての画像は、コンデジでの撮影(FUJI FinePix F30)

9月の最後の連休が終わり賑やかだった慶良間海域は船の数も少なくなりポイントも貸しきり状態なところもありやすな。

今日から毎年ロングステーでリフレッシュに来るゲストさんとのダイビング! 10日あまりじゃまみの海に癒されてまた1年頑張るといった感じで座間味に来て十数年になる。

今回は、ニューデジカメを持参で撮影ダイビングでごじゃりやした。
それにしても、デジカメは日々進化をしていてビックリしやすね。

まずは、9年間閉鎖されていて7月にオープンしたウフタマへ
ネジリンボウやヤシャハゼが見られるエリアでじっくり撮影会のあとは最近みっけた体調15cmほどのアゴハタの若魚のペアーを見に行ったが探せど探せど見つからずショック。 テリトリーが広いのかそれとも根気の問題か? 気を取り直してコンペイトウ団地へと移動このトゲトサカにはなんとイソコンペイトウガニ(大・中・小・極小)が7個体もついているまさに団地と言っていいであろうね。 ゲストさんもその数にびっくりされてやした。 スズメダイやハナダイたちに包まれながら移動するのはとても気持ちのいいものでごじゃりやすね。

浅瀬では、グルクンやキビナゴの群れが見れて最初から最後まで厭きの来ないポイントでごじゃるな。

日帰り体験ダイビングのゲストさんたちも今日はウフタマでのダイビングに満足のご様子でごじゃりやした。
若さ弾けるゲストさんは女の子ふたり組
最初は波が少しあったので潜行に時間はかかったけど海の中に入ったら落ち着いた様子でススメダイやハナダイエリヤの逃避行に体中が魚で包まれる体験をされて目がキョロキョロしていましたな。
また、体験ダイバーに大人気のカクレクマノミやハマクマノミ、クマノミたちを見たあとはスカシテンジュクダイの根でうっとり
たっぷり楽しんだあとはボートでぐったりでごじゃりましたな。
午後からは古座間味ビーチで海水浴を楽しまれたご様子で・・・

kai-blog-320
午後のファンダイブは、慶良間を代表するポイントへ
相変わらずアザハタ君は元気満々でお出迎え
メインの根で思い思いに撮影会
アザハタの根はいつ行っても満足させてくれますね。
浅瀬のサンゴエリアでまったりするのが海おやじのお気に入りでいかにも普通だがサンゴから出たり入ったりしているデバスズメをボーっとみているのってたまりませんね。
毎日目にするデバスズメたちなのだがやっぱ大好きな魚のひとつですな。 ちらほら、ナンヨウハギのチビが混ざっているとなおいい感じである。

やっぱ、今日も日が暮れるころに帰港じゃったわい。
遊びすぎかな・・・
スポンサーサイト

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ








| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 沖縄・ケラマ・座間味島 海(かい)の戯言, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。