上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






kai-blog-360

2007年 10月14日 (日)
座間味島のコンディション
天 候 晴れでごじゃりました。
気 温 30℃
水 温 29℃
風 向 北東の風後北の風
波 高 2メートル後2.5メートル
WET 5mmワンピース+3mmベストorラッシュガード
陸の服装 Tシャツ&短パン&島ぞうり
全ての画像は、コンデジでの撮影(FUJI FinePix F30)

秋祭りの余韻も吹っ飛び今日から潜るカメラダイバーさんと撮影三昧!

デジイチ片手に戦闘態勢で気合十分。
テンションが上がっているのが手にとるようにわかりやすな。。。
浅瀬の砂地を探索してはマクロと言うよりかはミクロの世界
カメラを構えたら15分いやいや20分から30分は動かないゲストさんは自分の世界にどっぷり浸かっている。

お暇な海おやじも探索ダイブ
コンデジ片手になにかいないかな???
ってことで、今日であった方々は浅場でであった5cm弱ほどのオオウミウマの若僧くん。 意外とちょこちょこ動くんでごじゃる。
なんだか古い映画だがキョンシー見たいな動きをする。 キョンシーって知ってるかな???
ふぁーって動くんじゃ ふぁーって・・・

kai-blog-361
浅瀬のサンゴもイキイキしていて太陽にかざして見ると絵になります。

kai-blog-363
2本目は、ジョー団地へ
ちびちびジョーは、なかなか警戒心が強く近づけないがいつになったら慣れてくれるんでしょうかね。 ゲストさんがジョーに夢中になっているときに海おやじはどのぐらい個体がいるか確認。
いやいや、けっこういますぞ!
決めたエリアだけでも20個体以上は確認できた。

kai-blog-362
最近使い出したオリジナルポイントは北風にも強く冬場でも十分使えやす。
20mほどの岩根にはベンテンコモンエビが5個体ひっそり隠れている。
コイツは、いつも窪みのところまで出てきてくれるので写真も撮り放題でいいモデルさんになってくれている。
そろそろロングクロウシュリンプが多く見れるようになってきた。 冬場にはサンゴのふちにあふれんばかり群れるんじゃが夏場にはほとんど目にしないのはなぜ? 透明感がとってもいいんじゃがコンデジじゃなかなか上手く撮れやせん。 どうやったら上手く撮れるんじゃろうか色んなパターンを試しているんじゃが結果が出ずでごじゃる。
ゲストさんのほとんどがコンデジなので上手く撮れる秘策を編み出さねばね。

そろそろ、11月に備えて準備しないと・・・
11月に入ると水温も少し落ちるであろう! 5月に新調したロクハンワンピーは今では5mmもない状態になっていて10月に入って3mmベストを着るようになったんじゃわい。 それでも水温は28度を保っているじゃまみじゃがロングダイブ3本はきつくなってきている。
ほんと、軟な体の海おやじである。

スポンサーサイト

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ








| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 沖縄・ケラマ・座間味島 海(かい)の戯言, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。