上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






kai-blog-366

2007年 10月16日 (火)
座間味島のコンディション
天 候 曇時々晴れでごじゃりました。
気 温 28℃
水 温 28℃
風 向 北の風
波 高 2.5メートル後2メートル
WET 5mmワンピース+3mmベストorラッシュガード
陸の服装 Tシャツ&短パン&島ぞうり
全ての画像は、コンデジでの撮影(FUJI FinePix F30)

ここんところ、なぜかウツボが目につくんだよな~
一般ダイバーさんは、あっ ウツボで終わるけどよーく見るとけっこう可愛いもんでありやす。
最近一押しのウツボ君はニシハマのアザハタの根にも住み着いているが海おやじのオリジナルポイントにも人懐こいヤツが1匹いるんじゃな。 コヤツはダイバーなんて気にしないでビンビン動き回るヤツでいつもいるところが違うんじゃわい。

kai-blog-367
今日は、鉛筆ほどの細さで長さも25cmとチビなんじゃがハナダイたちを威嚇してはちょっかいをかけていたところを激写!
意外にものびのび状態で摘まんでやろうかなんて思ったりもするがダイバーのマナーとしては海のものに触れてはならぬの鉄則がありそっと見守る程度である。 でも、ガンガン穴から出てきたり移動したりで写真は容易に撮れやすよ。

とあるポイントではハナビラウツボの若僧がユカタハタやバラハタなどのハタたちに追い回されていた。
こうゆう光景は海の中ではよく目にする。
タコも同じようにハタたちに追い回されていることがありやすな。
海の世界も縄張り争いは凄いですよ。。。

海外で潜ることの多いゲストさんは相変わらずマイペース。
今まで、じっくり小さな魚を見たことがないのでどのようにウォッチングしたらいいか分からない様子である。
ブリーフィングで説明して潜るがなかなか上手くいかない。
ハゼなど砂地に住む魚はホバーリングしてのウォッチングなのですぐに穴の中に・・・ 本人たちは一所懸命にエアーを抜いてよっているみたいだが横から見ていると体が上下にフワフワ揺れている。
なかなか、ダイビングスタイルやウォッチングスタイルを変えることは難しそうである。
2本目からは、今までどうりのスタイルで楽しんでいただきやした。

スポンサーサイト

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ








| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 沖縄・ケラマ・座間味島 海(かい)の戯言, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。