上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






kai-blog-368
ポイントから見た古座間味ビーチ (人もまばらで寂しげじゃわい)
でも、この海の色はスゲーでしょ。。。 慶良間ブルー いやいや座間味ブルー

2007年 10月17日 (水)
座間味島のコンディション
天 候 晴のち曇でごじゃりました。
気 温 29℃
水 温 28℃
風 向 北東の風やや強く
波 高 2.5メートル後3メートル
WET 5mmワンピース+3mmベストorラッシュガード
陸の服装 Tシャツ&短パン&島ぞうり
全ての画像は、コンデジでの撮影(FUJI FinePix F30)

今日もミーニシ(新北風)が吹き荒れ船上はちと寒く感じたかな。
これからは、北の風が多くなってくるので座間味に来られるゲストさんはボートコートがあればベストだがなければナイロンパーカーやフリースなどあったら快適でやんすよ。。。

ファンのゲストさんは最終日!
ちょいと群れで大物を見に行きやした。 エントリーして少ししたらカマスの群れが現れ流れに向かって泳いでいたが近づくと逃げる逃げる。 なかなかよることが出来なかったがしっかり見れやした。
珊瑚の群生を感応しながらリラクゼーションダイビングは本当に気持ちよかですばい。
ボートの下でフリータイム
吹き上がるエアーを見ているだけでもうっとりするくらいベタ凪でごじゃりやした。

続いて入ったのは小物の群れが見れるポイント
kai-blog-370
ミノカサゴの幼魚がたまらなくカワユイね。
ここは、色んなテンジュウクダイやイシモチがサンゴの隙間を埋め尽くすほどびっちりいてこれだけいたらカワユイと言うよりかは気持ちわりーになってしまいやすな。
スカシテンジュクダイにクロオビアトヒキテンジュクダイ、スミツキアトヒキテンジュクダイ、アトヒキテンジュクダイダマシ、ヤライイシモチ、リュウキュウヤライイシモチ、スダレヤライイシモチ、キンセンイシモチと色んなヤツがどっさりいやした。
また、深場ではコロダイが3匹いてけっこう愛らしい顔をしておりやす。 アカメハゼも数が多くなってきやしたな。
9月ごろから徐々に増えてきたノコギリダイだが今では数百匹ってな感じでもの凄い群れになっていた。 中層ではクマザサハナムロの群れがクロヒラアジやカスミアジ、カイワリなどに追い掛け回され逃げ惑う様は目を見張るものでしたね。

午後からは、愛媛から遊びに来てくれた女の子ふたり組
高速船に乗る予定だったが違う港に行ってしまい挙句の果てに乗り遅れフェリーでお越しになられた。
旅行にはハプニングはつき物だが間違った港に着いて高速船乗り場はと聞いたらココじゃないよと言われたそうな。。。 この港に間違えて来たにはあなた達が初めてじゃなって言われたそうな。
そんなこんなで無事にじゃまみに到着しての体験ダイビングでごじゃりやした。
体験は2回目とのことで初回は高知の海で体験ダイビングをされたそうで沖縄は初めて・・・ 説明も練習も終わりポイントへ
準備をして順調にエントリー
いやいや、2回目と言うことでスムーズに潜行して耳抜きも好調。
1名は表情豊かでリアクションも大きいがもう1名は無表情でリアクションも薄いの対照的なおふたりさんだが魚に囲まれ綺麗なサンゴに吐いたエアーを眺めては感動していやしたな。
kai-blog-369
体験ダイバーに人気のハマクマノミ
カクレクマノミもいいけどほどよいサイズのハマクマノミも意外と人気があるんじゃわい。 海おやじも好きでやんす。

あっという間の50分でしたが船に上がってきてリアクションが薄い彼女も十分楽しまれていたそうでありやした。
次回は、冬にライセンスを取りにきてくだされ。

3日前まではクーラーのお世話になっていたが今では窓を開けると心地よい風が入ってきて朝晩は少しひんやりするようになってきやした。

ダイビング後の1杯のビールよりかは焼酎のお湯割りの方に変わりつつある海おやじでやんす。
スポンサーサイト







| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 沖縄・ケラマ・座間味島 海(かい)の戯言, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。