上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






kai-blog-379

2007年 10月25日 (木)
座間味島のコンディション
天 候 晴れでごじゃりました。
気 温 28℃
水 温 27℃
風 向 東の風やや強く後北東の風やや強く
波 高 2.5メートル
WET 5mmワンピース+3mmベストorラッシュガード
陸の服装 Tシャツ&短パン&島ぞうり
全ての画像は、コンデジでの撮影(FUJI FinePix F30)

亀田一家の騒動はまだ治まる気配ないですな。
明日、「亀田3兄弟」の亀田興毅が亀田家を代表して謝罪会見をあらためて行うんだってよ。
親の失態を子が補うってのか???
おやじの史郎は「相当な覚悟はできている。いかなる処分も受け入れる」と言っているらしいがなんとも言いがたいな。。。
それで、なぜ謝罪会見が亀田興毅なんじゃ???
色々あるんじゃろうがしっくりしない海おやじでありやす。

ガヤガヤしているさなかロゼのボージョレ・ヌーボーを解禁日の11月15日に日本で発売するらしいぞ! 日本へのロゼの輸出は初めてだそうな。 ボージョレ・ヌーボーファンは楽しみでたまらんでしょうね。
昔々ってどのぐらいか忘れたが海おやじも1度ボージョレ・ヌーボーを飲んだことがあるんじゃが若いときでワインの味などてんで分りませんでした。 ジジイになった今でもそうなんですがね。

どんより曇った空は霧雨交じりで始まった今日のスタート!

午前中2ダイブのみのゲストさんは那覇在住8年目だけど慶良間に来られたのは今回が初めてだそうな。
いつもはタンクをかりて沖縄本島でセルフダイビングで楽しんでるそうな。 今日は、これぞ座間味ってポイントを潜りたくてやってこられました。 デジカメは、マクロレンズ2枚重ねとマクロ好きな方だったので最近解禁した北風限定ポイントへご案内。

エントリーしてすぐにチョウチョウコショウダイのちびちび助がいて岩にへばりついて撮影開始。 たっぷり撮ったところでエビの撮影でミカズキコモンエビやベンテンコモンエビ、ワリバシエビ、ニセアカホシカクレエビ、アカホシカクレエビ、オドリカクレエビ、ホワイトソックス、バブルコーラルシュリンプ、オランウータンクラブ、ラストに見つけたのがウミウシカクレエビだったが拒否されてしまった。
ボートに上がってから聞いてみたら本島でもよく撮っていているそうな。 エビ三昧でお腹いっぱいになったゲストさんは満足そうでした。

2本目は、あまり動かず撮影ができるポイントへ
ノコギリヨウジに悪戦苦闘のゲストさん
コンペイトウガニはけっこうお気に入りでバシバシ撮ってらっしゃったが途中でバッテリー切れでテンションダウン
そりゃそうだわい。 エントリーして15分ほどでバッテリー切れは辛いですね。 ちょいと深いが27mのエリアにヤシャやネジリンボウがいるので確認のためにちょっくら遠征してみた。 いい感じじゃな。。。
夏場はほとんど使わないポイントなのでしっかりご滞在であった。
しかし、なかなか近くによれず敏感な奴らでごじゃる。
こらから少しずつ慣らしていかないと撮影は難しいね。 25mの壁にイソバナがあるんじゃがヤマブキスズメダイのチビ助も2個体発見して収穫もありでした。

まー バッテリーが切れたことを除けば十分満足なゲストさんでした。

kai-blog-380

午後からは、久し振りにやんちゃ小僧を連れて展望台めぐりに行ってきやした。 鬼ごっこやかくれんぼでおやじはくたくたでしたがいい運動になりやした。 どんより曇っていた空も太陽が顔を出しどこの展望台も眺めは最高でした。
風も汗をかいた体には心地よくススキを見ては秋を感じる海おやじでありやした。
スポンサーサイト

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ








| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 沖縄・ケラマ・座間味島 海(かい)の戯言, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。