上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






kai-blog-417

2007年 11月16日 (金)
座間味島のコンディション
天 候 晴れでごじゃりました。
気 温 26℃
水 温 26℃
風 向 北東の風
波 高 1.5メートル
WET 5mmワンピース+3mmベストorラッシュガード
陸の服装 Tシャツ&短パン (朝・夕は、トレーナーやフリース)
全ての画像は、コンデジでの撮影(FUJI FinePix F30)

ガソリン高騰で155円になるとな。。。
頭が痛い海おやじである。
ケンズの船や車はディーゼル(軽油)じゃなくすべてガソリンなんじゃわい。。。 昨年、新艇を就航したばかりじゃが前の船はディーゼルだったが今回の船は馬力やスピードを考えてガソリンエンジンに変更したのに船を買って3ヵ月後にはガソリンが高騰し今年まで徐々に上がってきている。 これって、もはやオイルショックって言っていいんじゃないの・・・
ぼやかずにはいられないおやじの心境でやんす。

うだうだ言ってても仕方がないので海話といきやす。
ココ2日間はいい天気に恵まれグッドダイビングでしたな。

朝一は、今年で2回目の北浜(ニシバマ)NO.4に入りました。
陽射しが射し込み浅瀬はキラキラしていてとっても爽快。
今日も、水深浅めと言うリクエストだったので10m前後の砂地の斜面をトウアカめがけてゆっくりとウォッチングしながら進んでいったが少し流れがありなかなか前に進まない様子のゲストさん。
結果、トウアカまではたどり着かなく浅場へ移動して流れに乗ってユラユラ流されながら船まで帰ってきました。
魚たちは中層や水面まで出て一所懸命に食事中でワイドワイドで楽しめた1本でした。

1本目が泳ぎながらのウォッチングだったので2本目はメインの根でじっくりウォッチング。 まだまだ、キンメが熱いポイントでクロハタやユカタハタなども忙しそうに泳ぎ回ってました。
ハダカハ君も緑に黄色、白と3色も見れておまけに2cmほどのチビ助までついてくるおまけまで・・・
浅場で遊ぶことが多い今回のダイビングエアー持ちの言い方は常に70分オーバーダイビングでした。

ラストの3本目はリクエストでハナミノカサゴがいっぱい見れるところが良いということでミノカサゴ宮殿に決定!
目指すは、ミノカサゴがいる根へ
向かう途中にセミホウボウのチビがいてしばし止まってウォッチング!
胸ヒレを開くととっても優雅に見えますな。 海の孔雀のようでやんした。 久し振りに見れてウキウキの海おやじである。
到着早々、目の前に2匹岩場に4匹ハングしているところに3匹サンゴの上を泳いでいるやつ含め3匹とたっぷりのミノカサゴたち
穴の中には、オニダルマオコゼ2匹がこれでもかーってな感じで岩に変身して潜んでいた。 これって、うっかり触ってしまいそうなポジションじゃったな。 あー くわばらくわばら

kai-blog-418
じっくり、ミノカサゴ宮殿を官能してゆっくり浅場へ移動中に目の前に優雅にカメが泳いでこっちに向かってくるではないかおやじか頑張ってカメと並走してゲストさんのところへ
ゲストさんの目の前(1mぐらい)を泳いでくれやした。
ブランクがあるゲストさんたちもそろそろ感を取り戻してきた模様で明日は少しバリエーションをつけて楽しもうかな。

今回のゲストさんたちは、100本記念ぎりぎりで明日の4本目が100本だが体力が持つであろうか???
そして、メンバーの中の2名さんは目出度く50本記念を迎えられやした。
頑張って100本記念ダイブを慶良間の座間味島で向かえてもらいたいので海おやじとメンバーさんたちでサポート体制はばっちり

明日の夜は、3回目のイベント(芸能ショー)の日であるかいやいは海おやじはダイビング協会のイベント当番の日で準備から後片付けまであるのでゆっくり楽しめませんがちょこちょこ抜け出してゲストさんたちと少しだけ楽しもうと思いやす。
スポンサーサイト

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ








| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 沖縄・ケラマ・座間味島 海(かい)の戯言, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。