上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






kai-blog-422

2007年 11月18日 (日)
座間味島のコンディション
天 候 雨後曇でごじゃりました。
気 温 26℃
水 温 26℃
風 向 北東の風強く
波 高 3メートル
WET 5mmワンピース+3mmベストorラッシュガード
陸の服装 Tシャツ&短パン (朝・夕は、トレーナーやフリース)
全ての画像は、コンデジでの撮影(FUJI FinePix F30)

昨日は、ベタ凪だったが今日はうって変わって時化時化でスゴイ風。
えっ・・・ なんなのって言いたくなるがこれが沖縄って言ってもいいかも・・・ 昨日は、盛り上がったゲストさんたちも朝の高速船でお帰りになり入れ替わりに常連さんがやってきた。
到着ダイブだが風も波もそして雨も降ってきてテンションダウン気味の海おやじであった。

やっぱし・・・ 朝の高速船は出たが午後からの高速船は欠航になりやしたぞ! 
さて、到着ゲストさんは準備が出来て出港!
こんな時は、内海で風下でのダイビングに限りますな。
海の中の方が全然快適で温かでごじゃりやした。
じっくりマクロダイブの開始である。
こんな日は、海の中は絶好調で出るは出るは面白いものたっぷりでごじゃりやした。 海おやじも始めてみたがタイコウボウダルマガレイのチビ助はいっちょ前にエスカがありピコピコさしながら動きもせずじーっと潜んでいた。 また、違う場所ではまっきっきのイエロージョーを発見! コイツはなかなか引っ込まず根性が座っておりじっくり至近距離でウォッチングができやした。 写真はっていいとエントリーしてすぎにレンズが曇ってしまいなんにも撮れませんでした。
こんな時に限っていい物が現れるんじゃな。
次に見たのは、マスダオコゼとハダカハオコゼの黒バージョンに白ブチのチビ助であった。 最後に、岩をひっくり返したらテッポウエビの仲間が飛び出してきて水中を泳いでいるではないか思わず手の平に乗せてしまった。 けっこう可愛らしかったです。

2本目は、ハゼやウミウシウォッチング!
kai-blog-423
そこらじゅうにコナユキツバメガイがいる。
これだけいたら気持ち悪りーぞー

kai-blog-424
サンゴの隙間にはチョウチョウコショウダイのチビやイロブダイのチビ
なんぞもいてそこそこ遊べました。
また、子イソマグロも目の前を通過して優雅に泳いでいきよりました。

やっぱ、船に上がってぶるぶるってな感じで北風にいじめられ早々と退散。 これからは、ボートコート&フリースやニットの帽子は必需品じゃな。
スポンサーサイト

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ








| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 沖縄・ケラマ・座間味島 海(かい)の戯言, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。