上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






kai-blog-464


2007年 12月29日 (土)
座間味島のコンディション
天 候 晴れのち曇りでごじゃりました。
気 温 20℃
水 温 23℃
風 向 北の風やや強く
波 高 2.5メートル後3メートルうねりを伴う
WET 5mmツーピースor5mmワンピース+3mmベスト
※ 寒がりな方は、ロクハンカブリやドライスーツの方が快適
陸の服装 ロンTシャツ&長ズボン
※ 朝・夕は、トレーナーやフリース
全ての画像は、コンデジでの撮影(FUJI FinePix F30)

昨日までは、いい天気じゃったのに~

なんで、今年の締めくくりなのにネットで天気予報を見たら明日の天気は曇ってさ。。。 ココまではいいが波高は3~5mまで上がるそうな。 なんじゃこりゃ
風もけっこう吹く様子じゃわい。 参ったのー

明日からゲストさんが増えるというのに高速船は絶対欠航じゃな。

今年は、お盆から連休ちゅう連休は台風なの天候が崩れ荒れ荒れでダイビング屋には困った話ばかりじゃったな。 過ぎたことをくよくよしてはいかんがぼやきたくもなるのぉぉぉぉぉぉ~

なんとか、いい年で締めくくり新しい年を迎えたいもんじゃわい。

海話はっと・・・
午前中は、マンツーマンダイブでガッツリ潜ってきやした。
天候が崩れ始めてきたので普段行かないシークレットポイントへエントリー
ユビエダハマサンゴの群生が水深5mから20mまで続いていて生物も多くとても楽しめるところでありやす。

kai-blog-465
幼魚の時は、奇抜な感じで目に付くますが成魚になるとまったくもって相手にされないコヤツ
ナミハタでやんす。 チビ助のときは写真の様にあれってな見いてってしまう模様でありやす。

深場では、甲殻類やホヤを官能
ナデシコやニセアカホシ、アカホシ、バブルコーラルシュリンプ、アカヒゲなんぞエビ三昧! ココでは、日本で見れるクマノミの種を5種とも1ダイブで見れるのもいいところでやんす。

中層では、イソマグロの小隊も現れ悠々と泳いでおりましたな。

午後からは、到着ダイブのゲストさんも加わり今年解禁になったポイントへエントリー
まず向かうは、ハゼ団地
ヤシャハゼが多く中にヒレナガネジリンボウやハナハゼ、オニハゼなんぞも見れてハゼだけで大半時間を使ってしまった。 ハゼ団地に向かう途中に目の前をタイマイが泳いでいてまるで海案内ってな様子でごじゃった。
ハゼを、しこたま撮影したあとはアゴヒゲがチャームポイントのアゴハタを探しにあっちに行ったりこっちにいったりと探すこと5分ほどで小ぶりながらペアーで移動中を発見!
ゲストさんたちが激写中、気になるガンガゼがあったので指示棒でいじくっていると薄紫の色鮮やかなガンガゼカクレエビがいた。
よく見るのは濃い紫の体色で写真にとってもパッとしないがこの薄紫のヤツはいい感じであった。

今日も、3本たっぷり楽しんで夜は賑やかに宴会となりやした。

問題は、明日からじゃわい。

あ~ 定期船が出てくれますように・・・
スポンサーサイト

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ








| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 沖縄・ケラマ・座間味島 海(かい)の戯言, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。