上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






kai-blog-490

2008年 01月13日 (日)
座間味島のコンディション
天 候 曇でごじゃりやした。
気 温 22℃
水 温 22℃
風 向 北東の風やや強く
波 高 2.5メートル後3メートル
WET 5mmツーピースor5mmワンピース+3mmベスト
※ 寒がりな方は、ロクハンカブリやドライスーツの方が快適
陸の服装 ロンTシャツ&長ズボン
※ 朝・夕は、トレーナーやフリース
全ての画像は、コンデジでの撮影(FUJI FinePix F30)

天候は少しずつ崩れていく傾向

今日もそうじゃったが朝は曇りだったけど昼から少し晴れた!
今朝起きたのは5時半 お~ 早ぁぁぁぁぁって思っているでしょ

今日のゲストさんは、午後からホエールウォッチングに行かれるので帰ってきてから余裕を持つために早出となったのです。

朝は、トウアカクマノミ(若夫婦)コースとサンゴもりもりの2ヶ所で潜ってきやした。
白いすなの斜面を気持ちよく泳ぎながら生物探索
ハナブサイソギンチャクには、イソギンチャクエビやアカホシカクレエビなどの可愛いヤツラがついていてじっくりウォッチング&PHOTO
トウアカ夫婦は、機嫌が悪かったのか近づくと攻撃態勢でガンガン突っ込んでくる。 いつもは、いたって平和な子たちなんだがどうしたんでしょうか??? ご機嫌斜め!!
ゲストさんも写真を撮るのに一苦労しておりやした。

ココの浅場は、真っ白な砂地に点在する色とりどりのサンゴ
天気はいまいちでしたがデバスズメやフタスジ&ミスジリュウキュウウスズメダイがサンゴに出たり入ったりと見ごたえ十分です。

kai-blog-491

2本目は、サンゴもりもりだったがなんだかエントリーしたら海おやじはウミウシモードに入ってしまった。
今日は、今年初のシロボンボンウミウシとご対面ができた。
コヤツは、個体はデカイがとっても綺麗なんでごじゃる。 ウミウシブームが来るまでは、ウミウシ嫌いじゃった海おやじも今ではウミウシ愛好家でごじゃりやす。
なんかはまっちゃうんですよね。。。
老眼もなんのそのせっせとウミウシ探しに勤しんでいた海おやじでありやす。 ココ最近は、ちょこちょこヘンテコウミウシを発見する数が増えてきて絶好調ですな。 いかにも、ここにいますぅぅぅぅ~と言うヤツもいりゃちまちま窪みや岩をひっくりかえして探すなど見つける快感が今年に入って蘇ってきたような。
まだまだ、ウミウシの熱は冷めやらぬです。

午後からホエールウォッチングに行ったゲストさんも無事クジラを見ることができたそうでいがったいがった。

午後からは、体験ダイビング!
九州は福岡から遊びに来てくれたゲストさんはお母さんと娘さんの仲良し親子でごじゃりやした。
ダイビングの説明&練習も一通り終わりいよいよ本番です。
ダイビングスポットへ到着して準備!
さて、エントリーしたのはいいが娘さんがなかなか耳が抜けないそれをよそにお母さんはスムーズに海底へ
ようやく耳抜きができてふたりが合流してスタートです。

スズメダイやチョウチョウウオなどを見ながら綺麗な砂地を移動
岩場につく魚をじっくりウォッチングしていよいよメインのサンゴ礁のポイントへ行く途中にハリセンボンで少し遊んで楽しんだはいいがお母さんに異変が・・・
酔ったのか、突然レギュレターを銜えたままゲボってな感じで吐いてしまった。 それでも、落ち着いて対処してサンゴを官能していよいよエギジット。 ココまでは、また良かったが水面に出たらまたゲボゲボであたり一面撒餌でいっぱい。 言わずとも自分たちの回りは魚でいっぱいでありやした。 それを見ていた娘さんは大笑い。

船の上で撒餌話に花が咲きましたとさ。。。

それにしても、すごい勢いでしたね。

そんな、体験ダイビングでしたがおふたりとも楽しまれた様子でした。
天気も、午後から晴れてきて船上で撮影会
海キレイですねと感動されてました。
ゲロ事件は、どこへやら・・・ まー 楽しけりゃいいかっ
スポンサーサイト

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ








| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 沖縄・ケラマ・座間味島 海(かい)の戯言, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。