上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






kai-blog-508

2008年 01月22日 (火)
座間味島のコンディション
天 候 曇時々霧雨でごじゃりやした。
気 温 20℃
水 温 22℃
風 向 北の風
波 高 2メートル
WET 5mmツーピースor5mmワンピース+3mmベスト
※ 寒がりな方は、ロクハンカブリやドライスーツの方が快適
陸の服装 ロンTシャツ&長ズボン
※ 朝・夕は、トレーナーやフリース
全ての画像は、コンデジでの撮影(FUJI FinePix F30)

ハイサ~イ!
小雨交じりで曇り空だが元気に潜ってまいりやした。
風があまり強くない分寒さは感じずインターバルを取りながら3本続けて潜ったぞい。
そんでもって、午後はゆっくりてなスケジュール。
昼過ぎから太陽さんも出たり入ったりで暖かいひと時もあったかな。。。

海話は、冬に良く入るというか北風限定ポイントのメジャーなところをチョイスしたがココはオリジナルポイントでありやす。 冬場は、けっこうな数ウミウシを観察でき砂地にはネジリンボウやヤシャハゼと人気のハゼたちも・・・
でもでも、今日のコースは、ドロップの壁をはいつくばってウミウシ探索でしたが意外にもウミウシよりもあれーって思うものがちょこちょこ見つかりやした。

このサイズが一番可愛いのではないかって思っている海おやじであるがハナゴンベのチビ助(2cm)をめっけ
マクロレンズがなく虫眼鏡をデジカメにくっつけて撮影したがいまいちピントがあってましぇんな。 悔しいが虫眼鏡なんで仕方ないかね~

ヤマブキスズメのチビこれも(2cm)ぐらいのが3個体めっけ
ドロップに、デンと張り付いてるイソバナになんとも淡いレモン色のチビちゃんがかくれんぼしておりやしたね。

グルクンは、これでもかーって言わんばかりに強烈な群れを成していて3本とも湧いて出たかのように登場してくれて圧巻でしたな。
これだけの数だとたかがグルクンされどグルクンって言ってられません。
思わず、息をこらえて見入ってしまいますよ。

kai-blog-509
甲殻類も、めっけ
このミカズキくんは、グッドなモデルさんで穴の中からガンガン出てきてくれてベストポジションでスパーッとポーズをとってくれるんです。 ほらほら、早く撮らんかってな感じでジーっと動かずいいヤツでした。 少し奥にはあと4個体いたがコヤツらはなかなか出てきてくれませんでしたな。 ま~ 1匹でもいい感じで撮れたのでよしとしますかね。

夜は、ゲストさんが止まっている宿へ行ってログ付け&ゆんたく
民宿の女将さんも加わって昔話で盛り上がってしまいました。

明日もダイビングのはずじゃったが当日に飛行機に乗るけど自己責任の下で潜らせてほしいと言われたが搭乗前のダイビングなのでお断りした。
いくら自己責任だと言え海おやじのダイビングルールにはダメと書いてある。
なので、明日はホエールウォッチングに行かれるそうな。
楽しみ方は、いっぱいあるので沢山クジラを見てきてくだされ。
そんな訳で、明日はノーゲストでお休みって言ってもしばらくいない。
あれれれれ・・・ このまま、冬休みに突入するのか???
誰か遊びに来てくだされよ。 今なら、ポイント貸切でマンツーマンダイビングですぞー

どうどう、ピンときたら海おやじまでご連絡あれ~
スポンサーサイト

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ








| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 沖縄・ケラマ・座間味島 海(かい)の戯言, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。