上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






kai-blog-626

2008年 04月28日 (月)
座間味島のコンディション
天 候 曇のち雨でごじゃりやした。
気 温 26℃
水 温 23℃
風 向 東の風後やや強く
波 高 1.5メートル後2メートル
WET 5mmツーピースor5mmワンピース+3mmベスト
※ オススメは、ロクハンカブリやドライスーツの方が快適
陸の服装 Tシャツ&トランクス
※ 朝・夕は、トレーナーやナイロンパーカーがあれば便利
全ての画像は、コンデジでの撮影(FUJI FinePix F30)

こんちわーっすでやんす!

絶好調の海おやじでやんすである。

今日の海話

GWなのに3本とも全て貸切ポイントでありやした。
リクエストは、続く続く続くのであるがまずはエビ&カニ三昧!ときた~
そして、アオウミガメは見たもののタイマイがまだときた~

朝のダイビングでイエロージョーがあるポイントに帰ってきていたのでキンメノ根を無視してみなさんイエロージョーにかぶりつきであった。
2本目は、慶良間・座間味を代表するアザハタの根でエビ三昧!と楽しんでもらった。
いるいる、わんさか出てきくるエビカニたちにゲストさんたちはシャッターを切りっぱなしでありやした。 バイオレットボクサーシュリンプも2匹元気に絶好なポジションでお出迎えしてくれるはホワイトソックスに和名がないコシオリエビ族の1種にオトヒメエビ、バブルコーラルシュリンプ、ソリハシコモンエビ、ミカズキコモンエビ、フシウデサンゴモエビ、スザクサラサエビ、ウミウシカクレエビ、カラッパ、アカホシサンゴカニ、ホンカクレエビ属の1種etcとたっぷり甲殻類を官能!

3本は、まったり癒し系で浅瀬でのんびりダイビング
砂地&サンゴエリアで思いのままにそれぞれ撮影会&ウォッチング!
海おやじもじっくり腰を落ち着けて枯れ場探索に入っていた。
すると目の前に、リクエストのタイマイ君が優雅に泳いでいるではないか・・・
コレだ! 123とパクリであるが必死に泳ぎ並走してサンゴエリアにタイマイ君をご案内したらいままで自分の世界に入っていたゲストさんたちのスイッチが切り替わりタイマイにロックオンであった。
素晴らしいポージングで楽しませてくれてゲストさんたちも一息

またまた、サンゴエリアと枯れ場を探索しだす海おやじ
癒し系のサンゴハゼやコバンハゼ、ダルマハゼたちに幸せをもらいまたまただいヒットの特大フリソデエビを発見。 コヤツらは本当にデカくて今までで一番のビックサイズでした。
少しでいいのでこの場所から離れんでほしいと願う欲張り海おやじ

後半戦のゲストさんたちにも見せてあげたい!
スポンサーサイト

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ








| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 沖縄・ケラマ・座間味島 海(かい)の戯言, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。