上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






kai-blog-628

2008年 05月08日 (木)
座間味島のコンディション
天 候 曇のち晴れでごじゃりやした。
気 温 2℃
水 温 23℃
風 向 北東の風
波 高 1メートル
WET 5mmツーピースor5mmワンピース+3mmベスト
※ オススメは、ロクハンカブリやドライスーツの方が快適
陸の服装 Tシャツ&トランクス
※ 朝・夕は、トレーナーやナイロンパーカーがあれば便利
全ての画像は、コンデジでの撮影(FUJI FinePix F30)

早くも台風2号が発生しよった。 はぁぁぁぁぁぁ~

12日以降から沖縄にも影響が出てきそうだな。

さてさて、そんなことはひとまず置いといて今日はいい天気じゃったわい。
5月に入って安定しない天気じゃがゲストさんがいるときぐらいはカラッと晴れほしいもんでごじゃる。

本日は、体験ダイビングDAY

毎年、この時期に沖縄に来ている面々(男4人衆)である。
昨年は、渡嘉敷に行ったらしい。 今回で4回目の体験ダイビングで言わば体験ダイビングスペシャリティーってとこでしょう!

日帰りと言う事で朝一番の高速船で来島
ウェットに着替えて体験の説明後練習じゃが緊張するねの連発! 今回で4回目なので今までの状況をお聞きして説明に入った。 難なく練習も終わりいざ海へ

準備完了! エントリーときたがメンバーのひとりがやや緊張気味でなかなか海へ入りきれなかったが覚悟を決めてエントリー
みんなスムーズに耳抜きをして潜行! いよいよスタート。
あんなに戸惑っていた方も海に入ってしまえば問題なくみなさん経験者ときて上手でした。 砂地から魚の多いサンゴエリアへ行って目の前一面の魚に圧倒されながらもウォッチング。 サンゴエリアを横切るように砂地に戻りガーデンイール畑でブレイクダンスを見て透かしテンジュクの根へ
岩につかまり湧き出てくるスカテンを見つつハナダイたちが乱舞しているのに釘付け状態のみなさんでした。 また、葉っぱみたいなオコゼ(ハダカハオコゼ)を触ろうとするゲストさんがいて海おやじはビックリでごじゃった。 危うく大変なことになるとこでごじゃった。
クライマックスは、宙返りや逆立ちをして楽しんだ後エギジット。
船に戻ってきて魚の多さにみな感動された様子でよかったでごじゃった。

とっても、賑やかな方たちで体験後はビーチへと繰り出していきました。

一旦港へ戻りゲストさんたちを下ろしてからポイント調査&プライベートダイブにちょっくら海へ
収穫は、イエロージョーが今まで見ていたよりも浅めで見れるところを発見しやしたぞ。 水深は15mほどなのでがっつり撮影ができやすよ。 また、コヤツは穴の上まで行ってもなかなかへこまないいい奴でコンデジでバッチリ撮れるのだ。

あとは、浅瀬でオオウミウマの子供とオコゼの子、コノハガニ、ウミウシ数種、セミホウボウってとこでした。

体験で残が120ほど余ったので帰りにトウアカによって帰ってきやした。

それにしても、台風さんよーシーズンに突入したかと思ったらもう発生かよ。
今年は、台風が少ないのではと予想していた海おやじじゃがなんともねー
もうすぐ、梅雨入りみたいだし今回は勘弁してやるわい。。。

そうそう、GW中のゲストさんのおめでとーを更新しましたので見てくだされ

今回は、お誕生日がおふたりと50本記念がおひとり
さっくん、はるちゃん見ておくんなまんしよ~ (ご感想は、BBSへ)
ゲスト コングラッチュレーション
スポンサーサイト

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ








| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 沖縄・ケラマ・座間味島 海(かい)の戯言, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。