上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






kai-blog-662

2008年 06月01日 (日)
座間味島のコンディション
天 候 曇時々雨でごじゃりやした。
気 温 26℃
水 温 27℃
風 向 東の風
波 高 2メートル後2.5メートルうねりを伴う
WET 5mmツーピースor5mmワンピース+3mmベスト
陸の服装 Tシャツ&トランクス&島ぞうり
※ 朝・夕は、薄手のシャツなどがあれば便利
全ての画像は、コンデジでの撮影(FUJI FinePix F30)

どんより曇空

まさにコレが梅雨ってものですな。

今日は、ファンダイブ&体験ダイビングの2本立てが1本立てになりやした。
ファンのゲストさんはアドバンスの最終日で今日は筆記試験
昨晩は、そこそこ勉強したみたいです。 結果は、いかに・・・
その前にファンで気分をリフレッシュしてもらうべく今日のテーマは好きな物を思う存分撮るでスタート! 海おやじは、普段とは違うコースでゲストさんが被写体を見つけたら止まって待つってな感じでコースのみのガイドでごじゃった。

でもなんですな~ 横から見てるとやっぱ気になるのはスズメダイの子供たちやハナダイの子供たちでちょこちょこ動くヤツラを撮るのに苦戦していやしたね。
砂地では、1mほどの小さな根に湧き出ているかのように群れているスカシテンジュクダイやキンメにカスミアジやカイワリが猛アタックしている光景をよく目にする時期になってきやしたな。
この根だけで十分楽しめる。 ワイドレンズに交換したゲストさんも下からあおったり接近したりと色んな角度から撮影してらっしゃいました。

それを砂地に寝転んでみていた海おやじは危うくいたい思いをする寸前で難を逃れやした。
砂地に手を置いていたのだが少し左手を動かしたらなにかに触れたようなと思い見てきたら左手を置いている数センチ横をヒメオニオコゼが歩いていた。
コレに触れたんじゃなと思わずぞーっとしましたが怪我もなく無事であった。
ちょっと間違ったら凄いことになっていたかと思うと・・・
みなしゃんも、海の中では必ず目視してから手を置くようにお気をつけくださいね。

そんなことをよそにゲストさんたちは撮影に夢中でござんした。
小魚が群れてくるとベストシーズンを思いさします。
コレからが、もっと凄くなるんじゃろけどね。
今でも、あらゆる根はこれぞ夏!っていう光景でやんす。
まだ、夏は遠いけど早く来てほしいもんです。
肌をじりじり焦がす太陽の陽射しが海に射し込んで来ると地形ダイビングが面白くなるのにね。

ファンのゲストさんたちは、筆記試験もクリアーしてアドバンスに昇格しやした。
パチパチパチ~ おめでとうさんです。
スポンサーサイト

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ








| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 沖縄・ケラマ・座間味島 海(かい)の戯言, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。