上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






kai-blog-680

2008年 06月15日 (日)
座間味島のコンディション
天 候 曇でごじゃりやした。
気 温 29℃
水 温 27℃
風 向 南の風やや強く
波 高 2.5メートル
WET 5mmツーピースor5mmワンピース+3mmベスト
陸の服装 Tシャツ&トランクス&島ぞうり
※ 朝・夕は、薄手のシャツなどがあれば便利
全ての画像は、コンデジでの撮影(FUJI FinePix F30)

ケンズ初、もちろん座間味初ときたら沖縄初ですな。

今まで海外でしかダイビングをしたことないと言うなんとも贅沢なゲストさん

羨ましいと言うかなんと言うか・・・

お姫様ダイブで楽しんでいたので今回は自立したダイバーを目指すべく
復習を兼ねて楽しんできやした。

なんとも元気なゲストさんは、のっけからハプニング

船に乗る階段ですってんころりん

お尻を強打してしまったが無事であった。 お尻はさぞかし痛かったでしょうね。

さて、海へゴー
砂地のきれいなポイントでウォーミングアップ
メインの根には根を多い尽くすほどの魚たち。 そうです、爆発しているキンメにスカシがダイアモンドダストの様にキラキラしていてこれで光りが射し込むとなんとも言いがたい光景ですな。
根には新人さんも登場してやした。
今までこの時期になると一時だけ現れては消えてしまうヤツラがいたのだが今回はスミレナガハナダイのチビ助とアカボシハナゴイのチビ助の2組が根にいた。
いつまで居座ってくれるのか分らんが長居してほしいもんでごじゃる。
またミカズキコモンエビが数が増えていて少し水来けどハングしたところに10個体以上は住み着いている。 ベンテンとセットなんで意外に写真は楽しめやす。

浅場では、まだ少し姿を見せてくれている海牛君たちが数種
画像のヤツみたいにひらひら踊っているかのように見えて楽しませてくれるがそれ以上に踊っていたのはゲストさんでありやした。
浅場も深場もなにせ泳ぐ泳ぐで止まることなくひたすら泳ぎ回っていた。
各セッションで止まって見るんじゃがそれでもバタバタと魚を見てるよりかはゲストさんを見ているほうが今日は楽しめたかな。。。
船に上がって聞いてみたらとにかくサンゴを傷つけないようにということでした。
着低したらサンゴを痛めてしまうかもと気を使っていたらしい。

それにしても、ウミウシ同様ゲストさんのダンスもけっこう笑えましたね。
フィッシュウォッチングもいいけどたまにはダイバーウォッチングのいいかも・・・

のんびり2ダイブ、あとは船でゆんたく
天気は、曇空でしたが色んな話で盛り上がりました。
お医者さんや看護師さんはよく聞くが今回のゲストさんは臨床技師というお仕事
医療にもいろんな人がいるんですね。
スポンサーサイト

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ








| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 沖縄・ケラマ・座間味島 海(かい)の戯言, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。