上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






kai-blog-708
2008年 07月14日 (月)
座間味島のコンディション
天 候 晴れでごじゃりやした。
気 温 33℃
水 温 28℃
風 向 東の風
波 高 1メートル後1.5メートル
WET 5mmワンピース
陸の服装 Tシャツ&トランクス&島ぞうり
※ 朝・夕は、薄手のシャツなどがあれば便利
全ての画像は、コンデジでの撮影(FUJI FinePix F30)

今日は、貸し切りダイブで思う存分楽しみに行ってきやした。

昨日に引き続き、カズさんチームの面々

朝から、賑やかでワイワイガヤガヤ元気いっぱいに出港です。

やんちゃ小僧もカズさんとはマブダチになってお気に入りである。

さーて・・・ 貸し切りダイブなのでどこに行こうかと迷った挙句に決まったのがアカ島のとあるポイントだった。 時間的にエントリーが早かったため少し時間をずらして入ったのが大正解であった。

水面に沸き立つキビナゴに時折大群で通るグルクンがシルエットでいい感じで定着してきたカエルアンコウのチビ助もゆっくりウォッチングできやした。

中に舞うカメや餌を食べるカメまたまた居眠り中のカメと色んな角度からカメを見ることが出来て本日も大当たりでカメとカメのニアミスっぽいシーンもありました。

ここは、見事な枝サンゴが見れ乱舞するキンギョハナダイやスズメダイたちに呆然とさせられます。

また、透明度が抜群によく30mは軽くオーバーしていて水を感じるのじゃなく空を飛んでいるようでしたな。 こんな気持ち言いダイビングは久し振りでした。

やっぱ、スコーンと抜けていたら海の中も変わるねー

休憩中は、勿論シュノーケリング

今日は、2本潜って那覇への予定のゲストさん

ラストダイブは、慶良間を代表する限定ポイントへ

相変わらず、お出迎えをしてくれるアザハタ君にやたらめったら多いタテキンのチビ助、ホワイトソックスやバイオレット君も低位置でガンガンでてきてくれるので思う存分撮影ができやした。

意外に出たり入ったりアデウツボも今日はビンビン出てきてくれてぜっこうなポジションでトップモデルの様でした。

船に戻る時にはカツオがビーンと通り過ぎて行き

あまりの充実感に指示棒をメインの根に忘れる始末

慌てて撮りに戻りやした。

エギジットしてから数分後にスコールがドバーっときてみな船上でマスクをつけて港へ

〆は、トウアカをシュノーケリングで楽しんでもらいやした。

午後からフリーだったので久し振りに最終の高速船で那覇へ行かれるカズさんチームのお見送りに行ってやんちゃ小僧と散歩しながら帰って来た。

明日からは、いつものケンズクラブでまったり

今日の画像は、一人で2台

ビデオとデジカメを使い分けて魚やメンバーさんたちをガッツリ撮られてたゲストさん

大活躍でしたな。。。

それにしても、海おやじが楽しませるよりみなさんそれぞれが海が好きダイビングが好き人が好きでそれぞれが思う存分楽しまれていたのには感心したおやじでした。
スポンサーサイト

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ








| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 沖縄・ケラマ・座間味島 海(かい)の戯言, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。