上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






kai-blog-779

2008年 09月22日 (月)
座間味島のコンディション
天 候 曇りのち晴れでごじゃりやした。
気 温 30℃
水 温 28℃
風 向 東の風
波 高 3メートルうねりを伴う
WET 5mmワンピース
陸の服装 Tシャツ&トランクス&島ぞうり
※ 朝・夕は、薄手のシャツなどがあれば便利
全ての画像は、コンデジでの撮影(FUJI FinePix F30)

ダイビング屋にとって海は職場であるが自然相手の現場では色んなことが起こる。

海おやじ的には、安全第一で海を案内している今日この頃だが・・・

ダイバーのみなさんはいかに考えてダイビングを楽しんでいるのか???

これまた、個人の考えがあるので答えを出すことが難しい。

日々勉強、日々努力ってのはつきることがない到達点のない線路を走っておる訳で形が違えどもいろんな方に当てはまるのではないかね~

こんなことを、ふと考えては悩む時もある海おやじ

さてさて、意味不明な戯言はここまでで海話といきますかな。

ファンダイブ、台風14号の影響もあり悪状況にも関らず3本サクッと潜ってきた。

昼の合間の体験ダイブはこれまた楽しけれであった。

個性いっぱいの面々

男3人女2人の5名様グループ

説明も練習もたっぷりした上で海へ出たがここからがおもしろ話

5名のうち体験経験者2名未経験3名

エントリーまではよかったが水面でジタバタ約3名スイスイーっと潜行者2名

潜行しては上がり水面休息を繰り返す方やマスクに水が入っていないのに浮上してしまう方がいたりやっと潜行してみな集合したかと思いきや口から水を飲んだと浮上したいという方など様々

難なく潜行して待機していた方たちは暇をもてあましちょこちょこ動きたがるといった感じでなんだか吉本新喜劇を見ているようであった。

みななんとなく海を体験したかといった感じで消化不良気味じゃが船の上は笑いでいっぱいでありやした。 やっぱお前かーなんて仲間内から言われる方やどうしたのってお互いがお互いのことを確認する方といろいろ

結局、ボートダイビングはこんなふうなんだーで〆

みなさん、また来年お待ちしてますよー

海おやじは、全然疲れてませんからねー

気になさらずまた遊びに来てくだされ

それよっか、とても楽しい時間ありがとさんでござんした。

そんな訳で、始めてあった方たちでしたが何故に他人とは思えない距離感がごじゃりやしたね。

約束どうり、体験ダイビングのみなしゃん海おやじの戯言に使わせていただきましたよ。

地球上に約67億人と、とてつもない数で人種、考え方・性格・育ちといろいろありますが未だにこんな方がいるんだと感心させられることばかりのまだまだ子供で青い海おやじでありやす。

今日の戯言は、何がいいたいか支離滅裂ですな。
スポンサーサイト

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ








| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 沖縄・ケラマ・座間味島 海(かい)の戯言, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。