上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






kai-blog-791

2008年 10月02日 (木)
座間味島のコンディション
天 候 晴のち曇でごじゃりやした。
気 温 30℃
水 温 28℃
風 向 北西の風後東の風
波 高 1.5メートル
WET 5mmワンピース
陸の服装 Tシャツ&トランクス&島ぞうり
※ 朝・夕は、薄手のシャツなどがあれば便利
全ての画像は、コンデジでの撮影(FUJI FinePix F30)

いやいやいやいや~

参りました~

昨日、カメが見たいのゲストさんのリクエストで今日は朝からカメを見に行くことになったはいいがいざポイント近辺に着いてみるともの凄いうねり
昨日の予報では北東の風3mなので大丈夫と踏んだがこれがいやはやそうではない。
もの凄い、西からのうねりでリーフの波はブレイクしていてとてもじゃないが入れず泣く泣く断念した。

こんな日は、マクロにつきるとおもしろ系を探索しつつトウアカクマノミを見に行きました。

藻場やサボテン草には色んな生物が上手に擬態して隠れている。
教えてもらう楽しさもそうだが自分で見つける楽しさは何倍もの感動がありますね。

ココでは、いたるところにコノハガニがいてこれまたカニって思わせるほどの変身振り

また、いろんなオコゼの子やエビさん、ウミウシなんぞもいてマクロ探索ダイブにハマッてしまったゲストさんたちウォッチングもとても上手で生物を脅かさないようにじっくりよってじっくり見る生物を見るよりゲストさんを見ている方が我ながら勉強になったダイビングでした。

昨日は、ユビエダハマサンゴの群生を官能したので今日は色とりどりの枝サンゴ&テーブルサンゴを見ていただきました。 何を見ても初体験のゲストさん、サンゴと魚に囲まれ嬉しそうでした。
ビギナーにも関らずサンゴを傷つけてはと配慮しつつのウォッチングには感心させられました。
ボートに上がってきて一言、サンゴを折っちゃいけないとハラハラしますねーなんて会話も・・・

ラストダイブは、砂地でまったり癒されハゼをじっくり見て〆でした。

これからも、安全第一で長く長くダイビングを楽しんでほしいもんです。

昼は、日帰り体験のゲストさんとサンゴもりもり魚もりもりで楽しんだ!

今回のダイビングで2回目というゲストさん

説明も練習もスムーズに進みいざポイントへ

あまり使わないポイントなんだが今日はたまたま・・・
エントリーして迎えてくれたのがタカサゴ&クマザサハナムロのもの凄い数の群で川の様に途切れることなくビックリでした。 体験でこんな群を見るのはなかなかありませんな。
ほんとラッキなーゲストさんたち、少し移動してサンゴエリアに入ったらそこはまさにフィッシュパラダイスで各種スズメダイの群、ハナゴイの群、ウメイロモドキの群と目の前一面群群群
水中の使い捨てカメラを持って入っていたゲストさんはすかさず撮影開始。

その後、まったりサンゴの上を宇宙遊泳気分で移動してボートの下で少し遊びエギジット。

お一人の方が波酔いされたみたいでダウン。

高速船でこられる時にも船酔いされたようである。

酔いに弱い方は、必ず酔い止めを飲んでから参加しましょう!

海おやじも、初めてスタッフで海に出たときはよく酔ったもので気持ちはよく分かる。

こんなことも、結われた記憶が・・・ お客さんよりも早くはくのはお前ぐらいだな

その時代は、お金もなく酔い止めなんてものを買うことができませんでした。

今は、いい時代じゃ。。。 それよっか、海の仕事をしていて酔うヤツいるのかな???
スポンサーサイト

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ








| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 沖縄・ケラマ・座間味島 海(かい)の戯言, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。