上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






kai-blog-061


2007年 03月23日 (金)
座間味島のコンディション
天 候 晴でごじゃりました。
気 温 20℃
水 温 22℃
風 向 南東の風
波 高 1.5メートル
服 装 Tシャツ&短パン(朝・夕は長袖&長ズボン)
※天候にもよるけど朝・夕は長袖の羽織るものがあればgood!
WET 5mmツーピース・6.5mmカブリ・5mmワンピース+3mmベスト
※寒がりな人は、ドライスーツの方がいいかも・・・
※船上では、ボートコートやウインドブレーカーは必須アイテムじゃよ。

とにかく元気×100倍のふたり組
朝の挨拶はヤッホーでごじゃった。 海おやじも度肝を抜かれてしまいました。
常にハイテンションおふたりさんは20歳台の新婚カップルでやんした。
初めてお会いしたにも関らず第一声がヤッホーこんちわと言われてハーとしか言えなかった海おやじはやはりおっさんでしたな。

強烈なノリのまま体験ダイビングがスタート!
まずは、体験ダイビングの説明からそして陸上での練習で出ました出ました大爆笑が・・・ 呼吸の練習中に指がバージボタンにかかりエアーがザーっと出た瞬間奥さんの方がビックリしてレギを放り投げひっくり返ってるではないですか
あらららら~ どうしたのと聞いたらこれまたとてつもない回答が銜えようとしたら爆発したんですてな調子で笑いまで提供してくれました。

さて、海の中へ入っても魚が近づくたびきゃっきゃきゃっきゃとふたりで騒いでいるのが聞こえてくるではないですか海の中でも常に声をからげていて若さに圧倒されていた海おやじも魚を見て騒いでるんじゃなかったですがこのふたりを見ていてコントを見ているようで笑いが止まりませんでした。

穴の中にいたミノカサゴを手で捕まえようとしている旦那様には冷や汗もんでごじゃりました。 魚や海の中のものはさわらないで下さいよと説明しましたが何も知らない方はすごいですね。 怖いもの知らずとはこういうことなんですね。 船に上がって魚は見るだけで触ったり捕まえたりしたらダメなんですよって言うとヒラヒラしてキレイだったんでついつい手が出てしまったらしいけど毒があると説明しても本当ですか?ってな感じじゃった。

奥さんの方は、ヒトデが気に入ったらしくアオヒトデをダイビング中ズーッと持っていた。 スレートに、ヒトデをおきましょうと書いたら頭の上に乗せてパフォーマンスする始末。 若い人には敵わないと痛感しました。
最初から最後までこのおふたりさんのテンションは下がるどころか上がりっぱなしであった。 楽しんでいただけたから良しでしょう。

夕方からは昨日軽トラのワックスがけをしてやったので今日はバンのワックスがけをしました。 隅から隅までぴかぴかで気持ちよかーでした。
NEW CARがもうすぐ来るので世代交代なのでいつも以上に気合を入れてピカピカにしてやりました。

明日は、よこちゃんのマイカーのお掃除も時間ができたらやろうと思いやす。
スポンサーサイト

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ








| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 沖縄・ケラマ・座間味島 海(かい)の戯言, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。