上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






kai-blog-874

2008年 12月06日 (土)
座間味島のコンディション
天 候 曇りでごじゃりやした。
気 温 17℃
水 温 25℃
風 向 北の風強く
波 高 4メートル
WET 5mmツーピースor5mmワンピース+3mmベスト 「潜水時間60分OK」
☆持ってらっしゃる方は、ドライスーツもしくロクハンかぶりがお薦め!
※船上では、ボートコートやウインドブレーカーは必須アイテム!
陸の服装 長袖&長ズボン&スニーカー
全ての画像は、コンデジでの撮影
使用カメラ 「FUJI FinePix F30」たまに「FUJI FinePix F50、F100+INON D2000

寒い座間味! 絶対水中の方が暖かいでしょうな。。。

でも、風も凄いが波も凄い。 肌を刺す風が冷たくてたまらんがやんちゃ小僧と外でサッカーをした。

始めは、ふたりじゃったがみるみるまにちびっ子が集まってきて弾き出された海おやじは家へと戻る。
何をするかなーっと、考えたが動く気がゼロ。
そんなこって、座って出来るデジカメのメンテをすることに・・・
カメラ4台全てFUJI FinePixそして各カメラのハウジングにOPパーツ「ストロボやアーム、レンズ」
ちょこちょこしていたらこんなの戯言ってみようかなとふと思い書き始めている。

お暇だから出来ること・・・

お暇な方は、見てやってくだされ

これから、水中写真を始める人に海おやじがお薦めしているのがFUJI FinePix F100だがマクロモードで最短で撮影すると影ができ内臓ストロボではケアーできないところがありやはり外付けストロボが必要となる。

そこで、INONのシューベースセットを使い外付けストロボ(INON D2000)をセットしてこのコンパクトさなら許せるサイズではなかろうかと思うんじゃがどうじゃろう。

また、8月下旬ごろ発売予定だったが少し遅れているようで12月末ごろにINONから発売される「S2000」をセットするとなおコンパクトになると思う。
世界最小、最強ストロボ   INON S2000

ノーマル使用から、ちょいとバージョンアップしたコンデジの紹介。 ご参考にしてみてくらはい。

カメラは、FUJI FinePix じゃなくてもホットスーベースが付いてる防水プロテクターのメーカーじゃと取り付けが出来るのでキャノンやソニー、オリンパスでもOK。

海おやじは、FUJI FinePix の使用で10月下旬ごろから使っているがなかなかいい感じである。

バージョンにするには、以下のオプションが必要なのでいいなーと思った方へちょこっと紹介しておこう。

kai-blog-875

カメラ&ハウジング 「FUJI FinePix F100+防水プロテクター」

FUJI FinePix F100の特徴は、ワイドダイナミックレンジ(明るい部分から暗い部分までの撮影できる範囲のことをいう。)に広角28mmから光学5倍まで幅広くカバーする、フジノンレンズ。 広角から高倍率ズームまで幅広い撮影領域をカバーする。

マリンケースも、比較的コンパクトで操作性はいいと思う。

もちろん、FUJI FinePixF100 じゃなくともホットスーベースが付いてる防水プロテクターのメーカーじゃと取り付けが出来るのでキャノンやソニー、オリンパスetcでもOK。

kai-blog-876
FUJI FinePix F100だと光Dケーブル・キャップW41セットが必要。
他メーカーじゃと、他のキャップセットになるので下記アドレスを参照下さい。
光Dケーブル・キャップセット

kai-blog-877
各メーカーの防水プロテクターに装備された『ホットシュー』に、イノンのストロボを直接取り付けることができるコンパクトなストロボアーム。 下記のアドレスをご参照下さい。
ホットシューが付いてない防水プロテクターは使用不可。
ちなみに、FUJI FinePixシリーズで「F30、F31、F40、F50」は、ホッとシューが付いてないのでダメ。
フジフィルムじゃと、FUJI FinePix F100のみ使用可能!
シューベースセット

kai-blog-878
海おやじが、使用している外付けストロボは「INON D2000〝Type1〟」じゃが現在はINON D2000 〝Type3〟になっている。下記アドレスからご参照下さい。     
INON D2000 〝Type3〟
INONのD2000を現在使用されている方は光Dケーブル・キャップセットとシューベースセットのみの追加でコンパクト化できやすよー
また、これからストロボのご購入をお考えの方は「INON S2000」がお薦めです。

やっぱコンデジと言うだけあってコンパクトでなきゃならんね。

これからの時期は、マクロモードで撮影することが多い座間味なので大活躍するじゃろうね。

ウミウシ好きにはたまらないウミウシシーズン突入なので海おやじもマクロ使用でガッツリ撮る予定でごじゃる。

少し、費用は掛かるかもしれんがコンパクトを重視するんであればお薦めじゃよ。

コレに、各メーカーに対応するハンドストラップが出れば完璧でしょうな。。。
スポンサーサイト







| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 沖縄・ケラマ・座間味島 海(かい)の戯言, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。