上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






kai-blog-893

2008年 12月20日 (土)
座間味島のコンディション
天 候 晴れでごじゃりやした。
気 温 21℃
水 温 25℃
風 向 東の風く
波 高 1.5メートル
WET 5mmツーピースor5mmワンピース+3mmベスト 「潜水時間60分OK」
☆持ってらっしゃる方は、ドライスーツもしくロクハンかぶりがお薦め!
※船上では、ボートコートやウインドブレーカーは必須アイテム!
陸の服装 長袖&長ズボン&スニーカー
全ての画像は、コンデジでの撮影
使用カメラ 「FUJI FinePix F30」たまに「FUJI FinePix F50、F100+INON D2000

やっと海へ

天気もよいよい波もなし風もなしで文句なしのベストコンディション

高速船で到着のゲストさんとウキウキダイビングに行ってまいりやした。

こんなに良いコンディションなのに他のダイビング屋の船は見当たらずどのポイントも貸し切り状態。

デジカメダイバーのゲストさんなので1本目はじっくり撮影ができるポイントへ

そうですそうなんです。。。 エビ&カニ三昧のコースを選択して思う存分遊んでいただきやしたが1ダイブではやっぱ時間が足らずだったが色んな甲殻類で楽しんだのだ。

まずは、バイオレットボクサーから始まりナデシコカクレエビ、ミカズキコモンエビ、コシオリエビ属の一種を数種、オトヒメエビ、サラサエビ数種、ショウグンエビ、カラッパ、サンゴガニ数種、アカヒゲカクレエビ、バブルコーラルシュリンプ、フシウデサンゴモエビ、エンマカクレエビ、テッポイエビ数種etc

まー まだまだ、探せばきりのないポイントですが60分オーバーで寒さが来ていたのでエギジット!

船の上は、ポカポカ陽気でゆんたくが進み休憩中はほぼ話していたと言うわけでこんな日に来てラッキーなゲストさんでありやしたな。

1本目は、腰を落ち着けての撮影だったので2本目は少し泳ぎながらカメ三昧といきやした。

100ダイブ以上潜っているゲストさんだが過去にカメを1回しか見たことがないと言うことだったのでカメが見たいとリクエスト。

オリジナルポイントだが、いつもながらカメの遭遇率が高く今日も絶好調で合計13匹のカメに遭遇。

その中で12匹はタイマイでアオウミガメは1匹のみとなんと言うかいつもならばアオウミガメの方が多いのにこれまた50cm前後のタイマイがほとんどで大きなヤツは1匹のみ

ダイバーが少ないせいか悠々泳ぐヤツから食事に夢中なヤツまで色んなシュツエーションで観察ができやした。

天気も良く海中に太陽が射し込み泳いでいるカメはいい感じでシルエットに・・・

ワイコンで激写!

海おやじの好きな絵が数枚撮れてご満足でやんした。

昼から出て港へ帰ってきたのが5時過ぎともなれば日が暮れかけていた。

でもでも、いいのだ! 久し振りの海に水を得た魚の様に生き返った海おやじ

明日も良い天気で楽しみじゃわい。 どこ行こうかな~
スポンサーサイト

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ








| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 沖縄・ケラマ・座間味島 海(かい)の戯言, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。