上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






kai-blog-896

2008年 12月23日 (火)
座間味島のコンディション
天 候 曇りでごじゃりやした。
気 温 19℃
水 温 23℃
風 向 北東の風やや強く
波 高 3メートル後2.5メートル
WET 5mmツーピースor5mmワンピース+3mmベスト 「潜水時間60分OK」
☆持ってらっしゃる方は、ドライスーツもしくロクハンかぶりがお薦め!
※船上では、ボートコートやウインドブレーカーは必須アイテム!
陸の服装 長袖&長ズボン&スニーカー
全ての画像は、コンデジでの撮影
使用カメラ 「FUJI FinePix F30」たまに「FUJI FinePix F50、F100+INON D2000

昨日、大時化で連絡線が全便欠航して那覇にあそ止めとなったゲストさんたちは今日の朝一の高速船で来る予定だったが1便は欠航となりフェリーに切り替え来られた。

あー なんてまーこんな日に・・・

今日は天皇誕生日じゃろうてもう少しお慈悲でもあればいいのにね。

そんなことで、天候不良で1日無駄にしやっと船が出たかと思えば座間味ステイは半日で明日には帰られる。

なんとも言葉にできん。

4人家族でお越しのゲストさん、前回はお父さんがお友達と来てダイビングをしたので今回は半ダイバーのお母さんと体験チャレンジのふたりの娘さんだったが娘さんが体調不良でダイビングは断念しお母さんはフェリーで到着なので1ダイブのみとなってしまった。

コレに懲りずまた暖かいときにでもみなさんで来てくだされ。

さて、1本だけだが潜りに行って来た。

これまた、寒いこと寒いこと・・・

全国的に寒さが増してきているみたいで東京は前日の気温差なんて10℃近いらしい。

座間味も、気温は19℃じゃが北風の洗礼を受けこれまた激寒で体感は15℃ぐらいだったではないでしょうかね。 行き帰りのボートの上は静かでありやした。

ダイバーのお母さんもこんなに寒いダイビングは初めてだと言ってたほど

海の中は、陸上なんて何のその水温23℃とまだまだ快適!

さ~って、1ダイブのみということでどこに行こうか迷ったのだがお母さんも2年のブランクがあるそうで魚の多いところへ行ってみた。

まだまだ、コンディションは良くはないが海の中は穏やかでのんびりウォッチングを楽しめたのではなかろうか!

2年ブランクと言ってもなかなかなもので潜行も移動も問題なしだったので深場から攻めてみた。

ココのポイントのキンメノ根は夏よりは数が少し減ったもののまだまだ見ごたえ十分でケラマハナダイやノコギリダイがわんさかいてタテキンやミナミハコフグのチビも意外に多くオニダルマオコゼが3個体もデンと居座っている。 また、ミノカサゴも気持ち悪いぐらいいてなかなかうかつに近づけないほどで今日もいつもの様に数を数えたらなんと16匹もいた。

他に、甲殻類もベンテンやミカズキ、コガシラエビ、スザクサラサエビ、アカスジモエビなんぞが定番で見れしハングしたところにはヤマブキハゼがいてひとつの根で十分遊べる。

たまに、カスミアジやカイワリなんぞも回ってきたり根ノ上を大量のグルクンが回っていたりとほんといい感じでありやす。

お母さんも深場の根から浅場のサンゴ礁と十分楽しめたのではなかろうか???

船上で温かいお茶を飲んですぐさま港へ

ほんと、今日は激寒の一日でごじゃった。

もう少し、暖かい船上がいいですな~

明日は、クリスマスイブじゃ
スポンサーサイト

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ








| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 沖縄・ケラマ・座間味島 海(かい)の戯言, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。