上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






kai-blog-931

2009年 01月11日 (日)
座間味島のコンディション
天 候 晴時々曇でごじゃりやした。
気 温 12℃
水 温 22℃
風 向 北の風はじめやや強く
波 高 4メートル後2メートルうねりを伴う
WET ドライスーツ、ロクハンかぶり5mmワンピース+3mmベスト 「潜水時間60分OK」
※船上では、ボートコートやウインドブレーカーは必須アイテム!
陸の服装 長袖&長ズボン&スニーカー
全ての画像は、コンデジでの撮影
使用カメラ 「FUJI FinePix F30」たまに「FUJI FinePix F50、F100+INON D2000

毎年1月は、1年の中でも一番ゆっくりした時間が流れる月

外に出ても誰にも会わない日があるぐらい静かなもんです。

これは、阿佐部落だからかな。

座間味の方ではそうでない。

1月は、ダイバーさんも少なくなるのでボートもポイントも貸し切り状態になりプライベートダイブでガッツリ潜れるので最高なんですがちと寒いのがたまに傷。

近年、ドライスーツのダイバーさんが増えてきている。

ドライの方は、寒くないでしょうね。 ひとつ難は、ダイビング後のトイレ

港に戻ると、いつもの光景が・・・ 我慢できないゲストさんは船が止まると一目散にトイレへ

海おやじも年々、歳をとるにつれて使用するスーツが変わってきているのは現状。

快適なのが一番

40歳までは、6.5mmのツーピースで十分だったが40歳を過ぎると軟弱さが増し昨年から8mmツーピースに変更し今年もこのまま8mmで頑張るつもりじゃが来年はドライスーツを購入しようか悩んでいるところである。

オフシーズン、快適なダイビングをするならばドライがお勧めでしょうな。

ウェットでも大丈夫なのは若さが溢れている方のみじゃなかろうか???

海おやじも、気合だけじゃ乗り切れないお歳になってきている。

オフシーズン、ダイビング以外の楽しみはこの時期になると座間味近海に帰って来るザトウクジラ。

ダイビング&ホエールウォッチングとセットメニューで楽しみに来られるゲストさんがウォッチングのピーク(2月・3月)に向けて増えてきやす。

スキーに温泉もいいけど沖縄、座間味ではダイビング&クジラも冬ならではの楽しみ方。

初潜りをお考えのみなさん、これからヒートアップしてくるクジラを見に来ませんか~

クジラの最新情報はホエールウォッチング協会のHPで

画像のクジラは、座間味港入り口のモニュメント

年末のお散歩時についつい撮ってしまいやした。

この日は、20℃を超えるいい天気でTシャツ&短パンで十分でした。
スポンサーサイト







| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 沖縄・ケラマ・座間味島 海(かい)の戯言, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。