上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






kai-blog-977
イシガキリュウグウウミウシ

2009年 03月06日 (金)
座間味島のコンディション
天 候 曇りのち雨でごじゃりやした。
気 温 18℃ 水 温 22℃
風 向 北東の風やや強く
波 高 2.5メートル後3メートル
WET ドライスーツ、ロクハンかぶり、5mmワンピース+3mmベスト 「潜水時間60分OK」
※船上では、ボートコートやウインドブレーカーは必須アイテム!
陸の服装 長袖&長ズボン&スニーカー
全ての画像は、コンデジでの撮影
メインのコンデジ : FUJI FinePix F30 (ノーマル使用)で、気軽にバシバシ
たまに持って行くコンデジ : 下記のパターン
FUJI FinePix F50fd+INON UCL-165AD+INON D2000 (マクロ使用)
FUJI FinePix F50fd+INON UFL-165AD or INON UWL-105AD (ワイド使用)
FUJI FinePix F100fd+INON D2000

暖かかった座間味も一気に冷え込みTシャツからトレーナーへ

昨日から降っている雨のせいなのか止んだり降ったりの繰り返し夕方からは寒いって言葉さえでた。

午後からの高速船じゃが波高3mで欠航とな???

意図は???

雨は降るもののいっこうに水は溜まらずのようだ。

テンションも下がりまくりだったが午前中だけ潜ってきた。

リクエストによりマクロ三昧&ウミウシ探索

コンデジが普及し始め今やダイビングのアイテムのひとつになってきている現状。
それに伴い、動かず撮りやすい被写体の人気度がぐんと上がってきたことは間違えないが動かず撮りやすい被写体ときたらやっぱ甲殻類やウミウシなどが代表的。

でも、被写体はちっちゃい。

そんなことから、水中でだっちゃく可能なクローズアップレンズ(マクロレンズ)なども徐々に普及し始め海おやじのお店に来てくれるゲストさんたちも50%以上の方が使われている。

時代は、どこまで変わるやら・・・

でも、楽しけりゃいいかっ

さて、海話であるがじっくりマクロだったのでひとつの根でこれでもかってぐらい粘り撮影大会

動かないってのは限界があるが熱中している時や集中している時ってその限界が限界でなくなる。

それでも、いつも以上に長いポジションのままじゃ寒さがじんじんやって来る。

マクロレンズ3枚のゲストさん、結果は上々だったとのことでいがった。

特に、ナデシコカクレエビがバッチシとのことで朝のローテンションが帰り際にはヒートアップしていてハイになってらっしゃいました。

なんて、人間て単純な生き物でしょう。

海おやじも単細胞である。

明日は、今日より寒そうだが・・・

高速船は出てくれるじゃろうか??? 

ゲストさんが入ってくるのに今日の波が3mで欠航したし明日も3mと予報では出ている。

土曜日だし出してくれるかな。

スポンサーサイト

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ








| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 沖縄・ケラマ・座間味島 海(かい)の戯言, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。