上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






kai-blog-978
カメ (なが~いことダイビングしていてカメは飽きるほど見ているけど会うとやっぱ癒される。)
写真を撮り忘れたので以前同じ場所で撮ったのを載せてます。 ちなみに、同じカメです。

2009年 03月07日 (土)
座間味島のコンディション
天 候 雨でごじゃりやした。
気 温 19℃ 水 温 22℃
風 向 北東の風やや強く
波 高 3メートル
WET ドライスーツ、ロクハンかぶり、5mmワンピース+3mmベスト 「潜水時間60分OK」
※船上では、ボートコートやウインドブレーカーは必須アイテム!
陸の服装 長袖&長ズボン&スニーカー
全ての画像は、コンデジでの撮影
メインのコンデジ : FUJI FinePix F30 (ノーマル使用)で、気軽にバシバシ
たまに持って行くコンデジ : 下記のパターン
FUJI FinePix F50fd+INON UCL-165AD+INON D2000 (マクロ使用)
FUJI FinePix F50fd+INON UFL-165AD or INON UWL-105AD (ワイド使用)
FUJI FinePix F100fd+INON D2000

昨日は波3mで高速船が欠航したのに・・・

今日も波高は3mとの予報でほぼ諦めモードだったがなんと全便とも運行するとな。。。

びっくり仰天じゃがゲストさんが無事に座間味INで来たので良しじゃ

朝一便の高速船で日帰り体験ダイブ&シーカヤックの強行スケジュールのゲストさんからスタート!

セットメニューは、座間味滞在の方だけじゃが今回はゲストさんのリクエストで決行。

kai-blog-979

まずは、体験ダイビングからじゃがカヤックのスタートが13:30なので間に合わせねばと海おやじもちょいと気合が入りました。

数回、体験ダイビングを経験されているゲストさんだったので説明も練習もスムーズに進み順調。

ポイント移動して、いざ海へ

セッティングも済ませハイポーズ!

天気はイマイチだったがとても明るいおふたりに海おやじの気分はピーカンでごじゃりました。

kai-blog-980

潜行&耳抜きも詰まるところはあったがなんなくクリアー

透明度も上々で目指すはスカテンの根

ここでは、少量じゃがスカテンが群れていて根の周りにはケラマやカシワ、キンギョなどのハナダイがびっちりついていていい感じ。 経験者だけあり移動もとてもスムーズでおふたりとも余裕。

真っ白な砂のカーペットを移動してこれでもかーって飛び出ているガーデンイールをじりじりにじり寄りじっくりウォッチング。 流れもあり体をくねらせては食事をする姿はまさにブレークダンスじゃな。

さて、体もほぐれてきたところでサンゴエリアへ移動

魚の数もみるみる増えてきて360度魚に包まれながらリラクゼーションタイム

タカサゴの群も現れ辺りはいっそう華やかになった。

ゆっくり泳ぎながらのウォッチングからクマノミ探索

カクレクマノミ(ニモ)やハマクマノミ、クマノミなどを見つつエアーチェックをしたらなんとおふたりともまだ残圧100と十分余っているのでコースを変えてカメが寝ている根へ行ってみたもののお留守であった。 吐いたエアーを眺めながら船へ戻ろうと前を見たら優雅にカメが泳いでいるじゃないか・・・

凹んでいた海おやじも一気にテンションが上がりました。

ゲストさんも〆にカメに出会えてホントによかった。

船に上がって時計を見たらなんと12時前じゃないっすかそれでも写真はしっかり撮って帰港

午後からのカヤックには何とか間に合ったが楽しまれたでしょうかね。

次回は、のんびり座間味ステイで遊びに来てください。

午後から入ってきたゲストさんは明日からアドバンス講習

夕方、宿泊先に行って明日の打ち合わせを済ませゆんたく

宿の女将さんも加わり気がついたら夕食前で明日もあることなので切り上げて帰ってきやした。

明日は、晴れてほしいですな。。。
スポンサーサイト

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ








| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 沖縄・ケラマ・座間味島 海(かい)の戯言, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。