上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






kai-blog-988
ヒョウモンウミウシ (このウミウシを見かけると必ずこんな感じで電車ゴッコしている。)

2009年 03月12日 (木)
座間味島のコンディション
天 候 晴れでごじゃりやした。
気 温 24℃ 水 温 22℃
風 向 南東の風やや強く
波 高 2.5メートル後3メートル
WET ドライスーツ、ロクハンかぶり、5mmワンピース+3mmベスト 「潜水時間60分OK」
※船上では、ボートコートやウインドブレーカーは必須アイテム!
陸の服装 長袖&長ズボン&スニーカー
全ての画像は、コンデジでの撮影
メインのコンデジ : FUJI FinePix F30 (ノーマル使用)で、気軽にバシバシ
たまに持って行くコンデジ : 下記のパターン
FUJI FinePix F50fd+INON UCL-165AD+INON D2000 (マクロ使用)
FUJI FinePix F50fd+INON UFL-165AD or INON UWL-105AD (ワイド使用)
FUJI FinePix F100fd+INON D2000

なんとなんと天気は良いものの海上はけっこうな波と風

救いといえば天気と南東の風で寒くないということかな。

そんな中、さくっと午前中2本潜ってきました。

どこに行こうかなーなんて考えてもどこも風がキツイ

ならば、少々バタバタするがサンゴポイントへてな感じで決め

体格差のある男子ふたり

ひとりは身長180cm近くあり90kgちょいオーバーもうひとかたは海おやじと同じぐらい

これだけの体格ださとエアーの持ちが明らかに違うので潜水時間もばらばら

大きな方は40分前後でエギジット小柄な方はそこそこ

船の下に帰ってきて大きな方とエギジット後小柄な方は船が見えるエリアでフリーダイビングでマイ時間を楽しんでいた。 そのころ、船上ではローカル話に花が咲き盛り上がってしまった。

大きな方と海おやじの実家がとても近くあそこはどうだのココはどうだのと懐かしい話が飛び交っていた。

海に中はっていうと春の訪れを感じさせる幼魚が増えてきている。

中でも、アマミスズメダイのチビ助は春が来たよーといち早く思わせてくれるヤツである。

もう春一番ではなく春二番が吹くころ

2本目のポイントで見かけたヤツ

メインの根でたっぷり遊んだあと砂のスロープをゆっくり上がっていると汽車ポッポのウミウシみっけ

このウミウシだが見るたびに必ず2匹くっついて移動しているところをよく見かける。

なんとも愛らしや

ちょいと幸せ分けてもらいやした。

明日も風はキツそうじゃが南風なので暖かいじゃろうね。

ちょいと気になるWBC(侍ジャパン)

強豪が着実に2次ラウンドに進んでいるね。

やっぱ、優勝するにはキューバがカギかな??? 海おやじの予想
スポンサーサイト

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ








| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 沖縄・ケラマ・座間味島 海(かい)の戯言, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。