上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






kai-blog-1012

2009年 03月23日 (月)
座間味島のコンディション
天 候 晴れでごじゃりやした。
気 温 22℃ 水 温 22℃
風 向 北の風やや強く後北東の風
波 高 2メートル
WET ドライスーツ、ロクハンかぶり、5mmワンピース+3mmベスト 「潜水時間60分OK」
※船上では、ボートコートやウインドブレーカーは必須アイテム!
陸の服装 長袖&長ズボン&スニーカー
全ての画像は、コンデジでの撮影
メインのコンデジ : FUJI FinePix F30 (ノーマル使用)で、気軽にバシバシ
たまに持って行くコンデジ : 下記のパターン
FUJI FinePix F50fd+INON UCL-165AD+INON D2000 (マクロ使用)
FUJI FinePix F50fd+INON UFL-165AD or INON UWL-105AD (ワイド使用)
FUJI FinePix F100fd+INON D2000

ハイサイ! 海おやじでやんす。

今週は、保全活動の船担当

阿佐港から座間味港に船を回さなければならず9:00に船に乗り込み出発!

一旦座間味港に係留してWBCを見にもどる。

朝からバタバタしちょりやした。

さて、第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)準決勝

侍ジャパンVSアメリカ

侍ジャパンは、韓国戦を迎える前に突破しなければならぬでココが正念場ですね。

保全活動の船当番な日なのでゆっくり見れず。

8:30に始まった試合を見つつ気になりながらも10:00に家を出て保全活動へ

10:30集合だが誰も来ず・・・

時間が過ぎたので中止に・・・

とぼとぼと、家に帰ってきたが試合は終了したところで気になるのが結果。

WBCのどっぷりの海おやじすぐさまTVをつけるとガッツポーズ

侍ジャパンが9-4でアメリカに完勝!

海おやじの予想どうりの展開で決勝戦は侍ジャパンVS韓国

明日、韓国と世界一を懸けて対戦じゃな。

日本の先発、松坂大輔は4回2/3を4安打3三振2失点とまずまずの結果でリリーフ陣へ

松坂をリリーフした杉内俊哉(ソフトバンク)、田中将大(楽天)、馬原孝浩(ソフトバンク)、ダルビッシュ有(日本ハム)と豪華リリーフ陣で強打のアメリカ打線をしのいだね。

日本じゃこんな継投は見れないですよ。 (当たり前かっ)

最後の〆は、藤川ではなくダルビッシュでいくとは予想外じゃったが原采配はにくいねー

打撃陣も9得点と爆発じゃったしいい感じじゃありませんかっ

韓国とは、WBC5度目の対戦で2勝2敗じゃがこの勢いで勝ち越してもらい優勝してほしいもんじゃわい。 初戦の対戦みたいに滅多打ちでコールドゲームってのもあるかもよ。

海おやじの予想は・・・ 2-1の僅差で侍ジャパンの2連覇! 予想ですよ予想


話は変わるが・・・ こんなのが出たんじゃな。。。

海おやじお薦めの水中ライトをご紹介しやす。

海おやじがガイド時に愛用している水中ライトはフィッシュアイの(FIX LIGHT LED48DX)

kai-blog-1013
FIX LIGHT LED48DX

FIX LIGHT LED48DXは、日本製高輝度白色LEDランプ48個も搭載していてとっても明るい。
調光ダイヤル機能付きで、発光量を無段階に調節できデジカメのフォーカスライトとしても便利。
また、単3型アルカリ乾電池×8本で、フル発光10時間から最大40時間と長く使えるのでまめに電池交換がいらず重宝していたアイテムのひとつじゃったがスイッチの故障が多くそこだけがネックじゃった。
それでも、軽量で使いやすいので愛用していたがこの上をいくライトが2種類出たんじゃわい。


kai-blog-1014
FIX LED500 DX

このFIX LED500 DXは、高輝度白色LEDを4個搭載し、海おやじが使っているFIX LIGHT LED48DXと比べ約3倍の明るさの500ルーメンとなりグレードアップした。
調光ダイヤル機能付きで、発光量を無段階に調節できON/OFFスイッチも改良され片手で操作が出来るようになりコンパクトさもFIX LIGHT LED48DX変わらない。

また嬉しいのが価格じゃな。

FIX LIGHT LED48DXは、\25,000(税込\26,250)でFIX LED500 DXは、\28,500(税込\29,925)とそんなに価格は変わらず3倍の明るさになったときたらFIX LED500 DXは買いじゃな。
使用バッテリーも単3型アルカリ乾電池×8本か専用のリチウムイオンバッテリーとどちらもチョイスできる。 フル発行時間はFIX LIGHT LED48DXにはトンとかなわないが明るさでチャラじゃね。


kai-blog-1015
FIX LED1000 DX

もひとつ上をいくのがFIX LED1000 DXで高輝度白色LEDを9個搭載の1000ルーメン。

FIX LED500 DXが高輝度白色LED4個に比べてFIX LED1000 DXは高輝度白色LED9個と倍以上ということはもの凄い明るさでしょうね。 価格もそれなりで高価。

ちなみに、FIX LED1000 DXは、\57,000(税込\59,850)

懐に余裕がある人は大は小を兼ねるでしょうな。

もっと詳しく知りたい方はコチラ → フィッシュアイ(水中ライト)

ファンダイブでとても重宝するのが水中ライトもちろんガイドの必需品も水中ライトでやんす。

海おやじお薦めは、時間でいくならFIX LIGHT LED48DXじゃが明るさでいくならFIX LED500 DXじゃな。 どちらも捨てがたいね。

海おやじは、FIX LIGHT LED48DXを持っているので今回FIX LED500 DXを注文しやした。

4月中旬までには届くと思うので現物が見たい方はじゃまみへお越しくだされ

だらだらと戯言ってしまったがあんましまとまってませんな。
スポンサーサイト







| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 沖縄・ケラマ・座間味島 海(かい)の戯言, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。