上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






kai-blog-1019
パンダダルマハゼかカサイダルマハゼか? たぶん、パンダダルマの幼魚じゃと思う
(胸鰭の色じゃがうっすら黒っぽい白じゃないよねー)

2009年 03月25日 (水)
座間味島のコンディション
天 候 曇のち晴でごじゃりやした。
気 温 21℃ 水 温 22℃
風 向 北の風後やや強く
波 高 2メートル後2.5メートル
WET ドライスーツ、ロクハンかぶり、5mmワンピース+3mmベスト 「潜水時間60分OK」
※船上では、ボートコートやウインドブレーカーは必須アイテム!
陸の服装 長袖&長ズボン&スニーカー
全ての画像は、コンデジでの撮影
メインのコンデジ : FUJI FinePix F30 (ノーマル使用)で、気軽にバシバシ
たまに持って行くコンデジ : 下記のパターン
FUJI FinePix F50fd+INON UCL-165AD+INON D2000 (マクロ使用)
FUJI FinePix F50fd+INON UFL-165AD or INON UWL-105AD (ワイド使用)
FUJI FinePix F100fd+INON D2000

午前中は、ダイビング協会の保全活動!

朝から強烈な風

なんだか嫌な予感が的中でごじゃった。

朝、家を出るときにレインウェアーを上下着ようかジャケットだけにしようか迷った挙句ジャケットだけにしたがこれが大失敗。 なんだか雲行きが怪しいし風も益々強くなってきているけど港に着いたら他のダイビング屋のスタッフたちが来ていたのでそのまま乗り込み出港。

ポイントについてそそくさとみんなエントリーした直後に強風じゃなく壕風に変わり雨が降ってきた。

半端ない雨粒に風で横殴り

テントはあるものの横殴りじゃ意味がなく10分程度じゃったが頭の先から足の先までずぶ濡れでまして雨が止んでも強烈な北風にぶるぶる震えての船長海おやじ

ほんと、キツカッタでごじゃる。

こんな予感は当たってほしくありませんね。 宝くじは外れるのに・・・

午後からはファンダイブ!

朝の高速船で到着のゲストさんに少し早めのランチをとってもらい2ダイブ!

kai-blog-1020
アカネハゼ (アカハチハゼに似てるがこっちはめったに見かけないちと珍し系)

卒業旅行で来られた学生さんはブランクダイバーとな。

船上で不安箇所を海おやじなりに分りやすく説明して出港。

当初は、リフレッシュダイブ希望じゃったが昨日本島でお世話になったショップさんにリフレッシュダイブコースがなく体験ダイビングを2本潜ったらしい。

そんでもって潜った結果何の問題もありゃしませんでした。

不安だったのはゲストさんの心の中だけで体はしっかり覚えていたようでした。

海おやじのアドバイスが良かったのかな???

ともあれ、ゆっくりガイドに徹しましたよー

昨日は、ほとんど魚を見ていないというかいなかったらしい??? 沖縄なのにねー

そんなこって、サカナ&サンゴもりもりで楽しんでもらいました。

1本目からバシバシ写真を撮るゲストさんはさぞかし楽しそう。

サカナまみれになった1本目のあとも移動をショートにして色んな根でゆっくり遊んでもらいやした。

深場でしか見ないアカハチハゼに良く似たアカネハゼを15mほどで見ることができ頻繁に使われる根の近くでダイバー慣れしているのかぜんぜん逃げることもなくゆっくり取らせてくれやした。

他に、ケラマハナダイのチビ助の群にまぎれてアカボシハナゴイのチビが1匹混ざっていた。

久し振りでちょいテンション上がりました。

浅瀬では、サンゴに隠れるダルマハゼやサンゴハゼにベラなんぞたちと遊び〆

まだまだ、強烈な北風に速攻で港へ帰ってきやした。

そろそろ、本格的な春がやってきそうな感じでやんす。




スポンサーサイト

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ








| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 沖縄・ケラマ・座間味島 海(かい)の戯言, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。