上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






kai-blog-1042
ウルマカサゴのチビ助

2009年 04月12日 (日)
座間味島のコンディション
天 候 晴時々曇でごじゃりやした。
気 温 20℃ 水 温 22℃
風 向 南東の風
波 高 1.5メートル
WET ドライスーツ、ロクハンかぶり、5mmワンピース+3mmベスト 「潜水時間60分OK」
※船上では、ボートコートやウインドブレーカーは必須アイテム!
陸の服装 長袖&長ズボン&スニーカー
全ての画像は、コンデジでの撮影
メインのコンデジ : FUJI FinePix F30 (ノーマル使用)で、気軽にバシバシ
たまに持って行くコンデジ : 下記のパターン
FUJI FinePix F50fd+INON UCL-165AD+INON D2000 (マクロ使用)
FUJI FinePix F50fd+INON UFL-165AD or INON UWL-105AD (ワイド使用)
FUJI FinePix F100fd+INON D2000

朝は、大ぼけからはじまった。

久し振りの快晴ベタ凪で気分は上々

本日のゲストさんも常連さんなのでのんびり~ゆんたくしてからポイントに向かって到着!

さて、ポイント説明してセッティングをしたわいいがエントリー前に気づいてよかった。

とんでもないちょんぼをしてしまったぞー

海おやじのマスクがない・・・ どこを探してもない・ない・ない

そうです、積み忘れです。

なんてまー 間抜けなことを

ゲストさんも今日は2本なんでのんびり行きましょーと一言

本当に申し訳ない。

よこちゃんに港まで持ってきてもらい撮りに戻って再度仕切りなおし

その甲斐あって、満席だったニシハマが空いてくれて入れたので良かったけどあのままじゃなんともかんともですねー。 ボケが始まったのでしょうか?

さて海話、

アザハタは、いつもどうりじゃが今日はグルクンが湧いて出てきたかのような雨霰でした。

数に圧倒されてしまうほどでゲストさんもバシバシシャッターを切っておられてねー

甲殻も多いがホワイトソックスが一匹も見当たらない。 全滅してしもうたのかねー

あの紅白を見ると何か良いことおきそうな気がするんじゃが

kai-blog-1043
モンジャウミウシ

ウミウシも、ミリ単位のヤツも多いがコンデジでサクッと撮影できるサイズもけっこう見かけます。

kai-blog-1044
コシオリエビ属の一種かな

ニシハマのアザハタの根にいるけどいまだにロングスティでありやす。

コヤツは、色も綺麗じゃがなかなか隠れないのでいい被写体でもある。

以外に個体も多きいいのでじっくり構えてじっくり撮ると面白い写真が出来るんじゃないでしょうかね。

2本目の休憩中に大潮最終日なのでマンタ探しに行ってみたが不発でした。

2本目は、カメ三昧!でお腹いっぱいでしたが群が大きくなっているツバメウオがクライマックスを飾ってくれた。 俄かに活気だってきている慶良間の海はシーズンの準備段階

今年は、なんだかスゴイことが起きそうです。

世の中、不況だけど目のやり場や気持ちのもっていくところを変えることで何か変わるのではないでしょうかね。 なんとなく。。。 なんとなくです!


スポンサーサイト

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ








| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 沖縄・ケラマ・座間味島 海(かい)の戯言, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。