上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






kai-blog-1049
ニシキテグリ (そろそろサンセットダイブが始まりますよー 産卵シーンが見れるかも・・・)

2009年 04月14日 (火)
座間味島のコンディション
天 候 曇のち晴でごじゃりやした。
気 温 25℃ 水 温 22℃
風 向 西の風後北西の風やや強く
波 高 1.5メートル後2メートル
WET ドライスーツ、ロクハンかぶり、5mmワンピース+3mmベスト 「潜水時間60分OK」
※船上では、ボートコートやウインドブレーカーは必須アイテム!
陸の服装 長袖&長ズボン&スニーカー
全ての画像は、コンデジでの撮影
メインのコンデジ : FUJI FinePix F30 (ノーマル使用)で、気軽にバシバシ
たまに持って行くコンデジ : 下記のパターン
FUJI FinePix F50fd+INON UCL-165AD+INON D2000 (マクロ使用)
FUJI FinePix F50fd+INON UFL-165AD or INON UWL-105AD (ワイド使用)
FUJI FinePix F100fd+INON D2000

3本+プチダイブで4本かな?

雨降り降りからスタート

次第に雨も止んできて太陽が顔を出してきた。

1本目は、ニシハマのトウアカコース

ココでは、小物探しに精を出した。 トウアカの若夫婦はせっせと卵を世話していた。

途中に、サボテン草に特大のコノハガニがかくれんぼし見事な擬態力

ハナブサイソギンチャクには、狂ったほどオドリカクレエビが付いていて気持ちわりーぐらい。

浅瀬のサンゴの根には見事なデバスズメダイのショーが見られる。

船の近くではオヤビッチャやクマノミにモビングされている大きなタコを発見しもう追撃

岩の窪みに逃げ込むタコを海おやじがちょちょいと突いて見たらゲストさんの方へロケットの様に向かってびっくりしながらよける様が凄かったでやんす。

2本目は、アデヤッコ狙いで漁礁へいったが撃沈。 会えずじまい。

その代わりにオオメカマスの群に遭遇し興奮気味のゲストさんは激写。

ブロックの周りでは、昨日ニシキテグリを見た奥さんだが旦那さんは未確認だったのでニシキテグリ探しで無事確認できたようでいがったでした。

海おやじは、特大(10cm強はあったかな?)のニシキテグリと格闘し20カットぐらいは撮れたかな。

ウミウシも絶好調で楽しませてくれやすな~

kai-blog-1050
カシワハナダイ

〆は、砂地でまったりウォッチング&ガッツリ撮影!

スカテン&キンメノ根も賑わってます。

ほとんどの時間、ココでじっくり撮影タイムでしたが他にグルクンの群やテングハギモドキの群もワイドに楽しませてくれやした。

プチダイブで入った阿護の浦のトウアカクマノミではプチじゃったが30分は楽しんだでしょうね。

夜は、久し振りに座間味食堂にゲストさんと夕食を食べに行きついでに旦那さんの誕生日をしちゃいました。 40歳までカウントダウンの旦那さんって言ってもまだ37歳

おやじトークで盛り上がりやしたです。

明日は、体験同行ファンダイブで午前中で終わるけど午後から陸仕事がびっしり!

梅雨に入るまでゆっくりできません。
スポンサーサイト

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ








| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 沖縄・ケラマ・座間味島 海(かい)の戯言, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。