上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






kai-blog-1162
水深2mの岩場で悠々泳ぐイトヒキアジ (幼魚は背びれがものすごく長く見栄えするんだよね)

2009年 06月13日 (土)
座間味島のコンディション
天 候 曇のち雨でごじゃりやした。
気 温 28℃ 水 温 25℃
風 向 西の風やや強く
波 高 2メートル
WET 5mmワンピース+ラッシュガードor3mmベスト 「潜水時間60分OK」
※船上では、帽子やサングラス、天気次第ですがボートコートやナイロンパーカー
陸の服装 Tシャツ&短パン&ビーサン、島ぞうり
全ての画像は、コンデジでの撮影
メインのコンデジ : FUJI FinePix F30 (ノーマル使用)で、気軽にバシバシ
たまに持って行くコンデジ : 下記のパターン
FUJI FinePix F50fd+INON UCL-165AD+INON D2000 (マクロ使用)
FUJI FinePix F50fd+INON UFL-165AD or INON UWL-105AD (ワイド使用)
FUJI FinePix F100fd+INON D2000

ハイサイ!

海おやじでやんす。

梅雨明け間近かっ

この時期に吹く風はとても厄介で困る。

風向きは、南西

人のことなど気にせず自然は無常ですな。 数日前から吹き荒れております。

ポイント選択に悩む時期

毎年のことだが、けっこう強い南西の風が長く続くので海が時化気味になり潜れるポイントが限られてしまいガイド泣かせとでもいいましょうかまいります。

マー 早く風が治まってくれればいいんですが夏が近づいているつことにもなるのでトップシーズンのお知らせみたいなものでもありますな。

今日も、吹き吹き南西風で風下の鈴かなポイントで潜ってきました。

ハマサンゴの群生地でクマノミたちを激写!

1ポイントで5種のクマノミに出会えるポイントってあまりないよね。

でも、クマノミを上手く撮るってけっこう難しい。

ちょろちょろ動き回るクマノミたちと激闘を繰り返すゲストさん。

今日も、メディアがいっぱいになるまでガッツリ撮影されてました。

頭上を亀が泳ごうとも撮影に集中!

一通りクマノミたちをとったらエビに集中!

浅場でガレ場をめくって探索していたら極小フリソデエビを見っけたらもう周りが見えていないのか自分の世界に入るゲストさん。 ダイビングもカメラもホント好きなんですね。

70分強潜ってまだ残圧80とな??? えらでも付いているんですかね。

kai-blog-1163
天候状況で中止になるかもと思われたラフウォータースイム・イン・座間味

座間味ビーチで昼から無事開催。

海おやじもダイビングを上がりカメラ片手に見に行ってきました。

海水浴場とは思えぬ雰囲気でスイマーたちが集合していて開催の挨拶の途中でした。

kai-blog-1164
挨拶が終わってスタート地点に集合している中、雨が降ってきた。

時おり激しい雨に見舞われるあいにくの天候だったけど熱い戦いが繰り広げられたでしょう。

写真をパチパチ撮ってずぶ濡れにならないうちにいそいそと帰ってきた。

kai-blog-1165
ライフセーバーの人も大会を円滑に進めるために活躍。

海での競技は安全管理が第一ですもんね。

海仕事の後は、こつこつ陸仕事といってもダイビング関係じゃなく海おやじプロジェクトの件で地道に頑張っておりやす。

1歩進んで停滞! 1歩進んで停滞!ですが勉強になることばかりで遣り甲斐がある。

なにかを成し遂げるには地道に努力あるのみですね。

今年の末ごろにはうっすらゴールが見えてくるでしょう!
スポンサーサイト

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ








| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 沖縄・ケラマ・座間味島 海(かい)の戯言, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。