上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






kai-blog-1186
ハナゴンベ (以外に深場にいるんでなかなかじっくり撮れないが集中ですな。)

2009年 06月20日 (土)
座間味島のコンディション
天 候 晴れでごじゃりやした。
気 温 29℃ 水 温 25℃
風 向 南西の風
波 高 2メートル
WET 5mmワンピース+ラッシュガードor3mmベスト 「潜水時間60分OK」
※船上では、帽子やサングラス、天気次第ですがボートコートやナイロンパーカー
陸の服装 Tシャツ&短パン&ビーサン、島ぞうり
全ての画像は、コンデジでの撮影
メインのコンデジ : FUJI FinePix F30 (ノーマル使用)で、気軽にバシバシ
たまに持って行くコンデジ : 下記のパターン
FUJI FinePix F50fd+INON UCL-165AD+INON D2000 (マクロ使用)
FUJI FinePix F50fd+INON UFL-165AD or INON UWL-105AD (ワイド使用)
FUJI FinePix F100fd+INON D2000

ハイサイ!

海おやじでやんす。

ここんとこ、朝から晩までびっちり遊びすぎて遅れ気味の戯言なんでロングでご案内。

朝一は、深場のお魚を見に行ってきやした。

ドロップの壁にはイソバナがびっちりでスミレナガハナダイやハナゴンベ、ヒレナガヤッコなどなど

イソバナには1cmクラスのヤマブキスズメのチビが増えてきているしヒヨドシベラのチビもそろそろ表れ始めてきやした。

kai-blog-1187
2本目からは癒しのダイビング

エントリーしてすぐにお迎えしてくれるのがツバメ魚の群れでお見送りにも来てくれるいいヤツでした。

コブシメの卵もハッチアウトを迎えておりサンゴの隙間に極小の生まれたばかりのチビ助がかくれんぼしてたりとほんわか癒されますねー

サンゴや岩の山脈を上がったり下ったりなんて・・・


kai-blog-1188
海おやじが大好きな砂地&サンゴのポイントで〆

ココは、果てしなく続く砂地をグングン進みながら藻場探索

海草に隠れる生物をじっくり探すのも楽しいもんですよ。

なんだか自衛隊の匍匐前進みたいで緊張感あるしね。

コノハガニやホソウミヤッコ、カサゴのチビ助、エビやカニなんかに出会いましたね。

緩やかな流れに向かって進み帰りは浅場を流されながら白砂に点在するサンゴや魚をウォッチング。 心を無にして見る景色は最高にいい。

夏の光が演出するショーもみものです。

kai-blog-1189
今日のランチは、阿嘉島上陸し公園でランチ

お腹いっぱいになったら阿嘉島&慶留間島を観光してきやした。

海おやじは、座間味に来て20年ほどになるが他の島を観光したのは初めてでウキウキ

kai-blog-1190
阿嘉島の幼・小・中学校です。

座間味より綺麗で大きく見えたのはナゼ???

阿嘉の村内をゲストさんとぶらぶらお散歩

とても静かでのどかでした。。。

kai-blog-1191
散歩中にみっけた商店

いい天気過ぎて体は熱々

思わず勢いで入ってしまった。

こじんまりしていたけどそこそこ商品は並んでいましたね。

暑いってきたら冷たいものがほしくてアイスをご馳走になりました。

食べながら歩いていると解ける速度が半端なくぼとぼと

解ける勢いにあわせペロリと食べちゃいました。


kai-blog-1192
帰りは、あかおおはしから景色を見てゲストさんたちだけは慶留間島まで歩いて上陸!

上陸記念に写真を一枚


kai-blog-1193
海おやじは、真ん中まででリタイヤしてあかおおはしからの眺めを楽しみつつ港に係留してある海陽風(船)の写真を撮ってました。

眺めは、最高に良かったです。


kai-blog-1194
ゲストさんより一足先に船に戻りゲストさんたちが橋の真ん中まで来るのを待ってパチリ。


kai-blog-1195
夜は、みんなで夕食を食べに三楽(さんた)へ

ご飯の後はって言っても初めから飲みでした。

最終日のゲストさんはいい感じでお酒が回り椅子ごと後ろに転ぶなんてハプニングもありましたが楽しいひと時でしたね。

kai-blog-1196
三楽のお任せ刺身盛り

座間味では、食べられないお魚や貝は新鮮で美味しいですよー

お皿の前に乗っているのはわさびなんじゃがわさび好きの海おやじなのでこの量でやんす。

ツンとくる刺激がたまりませんな。

朝から晩までたっぷり遊んだ一日でした。
スポンサーサイト

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ








| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 沖縄・ケラマ・座間味島 海(かい)の戯言, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。