上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






kai-blog-1262
出港して、港を出たところで波があり船が揺れるたびにきゃっきゃと黄色い声の看護師さんたち

2009年 07月10日 (金)
座間味島のコンディション
天 候 晴れでごじゃりやした。
気 温 32℃ 水 温 28℃
風 向 南東の風
波 高 2.5メートル
WET 5mmワンピース+ラッシュガードor3mmベスト 「潜水時間60分OK」
※船上では、帽子やサングラス、天気次第ですがボートコートやナイロンパーカー
陸の服装 Tシャツ&短パン&ビーサン、島ぞうり
全ての画像は、コンデジでの撮影
メインのコンデジ : FUJI FinePix F30 (ノーマル使用)で、気軽にバシバシ
たまに持って行くコンデジ : 下記のパターン
FUJI FinePix F50fd+INON UCL-165AD+INON D2000 (マクロ使用)
FUJI FinePix F50fd+INON UFL-165AD or INON UWL-105AD (ワイド使用)
FUJI FinePix F100fd+INON D2000

ハイサイ!

海おやじでやんす。

今日は、朝一の高速船でゲストさんが入れ替わり到着ダイブ!

まずは、到着早々に準備万端で看護士さんグループ

青い海、青い空、そしてスコールといきなしの洗礼を受けたがみなさん元気もりもり

魚を見るたびはしゃぎまわる姿は親父的にかわゆい。

たっぷり、遊んだあと港へ戻るころ船上でトイレがしたいと騒ぎ出す

我慢が限界のようであるが港は目の前

もう少し・・・

船が止まった瞬間走り出すかと思いきや走るとやばい!

何とか、間に合ったみたいでスッキリした顔で戻ってこられた。

大事に至らなくて良かったでした。

来年、いやいや今年中にまた遊びに来てくださいねー

もっと、すばらしいところへご案内しやすから~

午後からは、みなさんビーチへ

入れ替わり、デジイチ2台を持参して本島からお越しのゲストさんとマンツーマンダイブ

まずは、ハゼ・ハゼ・ハゼ、オンリーダイブ

ネジリンボウにヤシャハゼ、ホタテツノハゼ属の一種、ヒメオニハゼetc

どっぷり、ハゼと格闘するゲストさんの近くで海おやじは探索ダイブ

1ダイブで1固体から2固体ぐらいをガッツリ撮るゲストさんはぜんぜん動かず

たっぷり、格闘してタイムリミットで浅場へ

kai-blog-1263
海おやじも、ヤシャを立て位置で数枚撮ってみました。

横位置の絵が多い中、立て位置の絵もこんな感じでいいっ感じです。

流れもほどほどでガンガン泳ぐヤシャは撮りずらいね。

kai-blog-1265

2本目は、甲殻類狙いの1本

1ヶ所で動かず10数種類ほどのエビが撮れる○秘ポイントへ

ロングクローシュリンプから始まりミカズキコモンエビ、ベンテンコモンエビ、ソリハシコモンエビ、アカシマシラヒゲエビ、スザクサラサエビ、ヤイトサラサエビ、ホンカクレエビ属の一種、フシウデサンゴモエビ、シオダマリカクレエビ、などなど

今日はいなかったが、特大フリソデエビもたまに出てくるエビ好きにはたまらんポイントなんですなー

ちょいと、移動すればオドリカクレやアカホシカクレエビ、ナデシコなども見れるが欲張るといかん。

お暇な海おやじはまたまた探索ダイブ

kai-blog-1264
すると、5mmほどのチョウチョウコショウダイの子に出くわした。

ゲストさんも、エビを撮った後はチョウチョウコショウダイの子にどっぷり

お尻ふりふりでちょこちょこ動き回る見ているだけじゃったらかわいーなんだが写真は悪戦苦闘。

コンデジじゃ連射していいのがあったらめっけもん。 運ですな運

明日もマンツーマンダイブ!って週末なのにお暇

今週は、日曜日から忙しいんで一息ってところなんじゃ

週明けは、げげげげげ~

エネルギーチャージしておかんとやばい。
スポンサーサイト

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ








| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 沖縄・ケラマ・座間味島 海(かい)の戯言, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。