上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






kai-blog-1301
なんとなく分かる~ これぞ、最強メンバー???

2009年 07月18日 (土)
座間味島のコンディション
天 候 晴れでごじゃりやした。
気 温 33℃ 水 温 28℃
風 向 南東の風やや強く後南の風やや強く
波 高 3メートルうねりを伴う

ハイサイ!

海おやじでやんす。

海の日の連休が始まりおやじひとりでドタバタ。

申し訳ないが、18日&19日の合併号でお送りしやす。

いろんな意味でドタバタ。

そんな中、今回お越しいただいたゲストさんたち

ゲストさんのひとりが朝出港前にポツリと一言

今回のメンバーさんたちは最強ですね。

なんとなく分かる気が・・・

そんなゲストさんたちと海へ

熱帯低気圧やまた台風になったヤツなどで海は時化時化風はビュービューと悪コンディション

こんな日は、どこのダイビング屋も考えることは同じで風を避けて選ぶポイントはみな一緒

だども、何本かはオリジナルポイントを使ったので混雑も最小限に抑えることができ良かったかな。

地形&サンゴ&砂地とバリエーションダイブ

kai-blog-1302
朝一に行ったポイントはダイバーだらけだったけど何とかカメさんは独占できゆっくり見れました。

アオウミガメ4匹とタイマイ2匹の計6匹とまずまず

サンゴ地帯では、斜面にびっちりついている枝サンゴは見事というしかない。

ハナゴイやデバスズメ、グルクンなどがよりいっそう見所を作ってくれてました。

いつ行っても癒される~


kai-blog-1303
ゲストさんもカメラ片手にカメの撮影に奮闘。

これぞ、スーパーモデルって感じでポーズを取っているわけではないがじっとしているところや浮上するシーンや真横を併走してくれるカメなどがいて飽きませんでしたね。

サンセットダイブで〆ましたが狙いのニシキテグリはガッツリ見ることができませんでした。

残念!じゃが船に上がってきての見事な夕日に満足した海おやじ

サンセットクルーズモドキで港へ帰ってきやした。

後片付けに翌日の準備終え家に帰ったのは8時を回っていた。

さすがに疲れたビー

昨日、5本そして今日4本・・・

体もつかな???


2009年 07月19日 (土)
座間味島のコンディション
天 候 晴れでごじゃりやした。
気 温 33℃ 水 温 28℃
風 向 南西の風
波 高 2.5メートルうねりを伴う

WET 5mmワンピース+ラッシュガードor3mmベスト 「潜水時間60分OK」
※船上では、帽子やサングラス、天気次第ですがボートコートやナイロンパーカー
陸の服装 Tシャツ&短パン&ビーサン、島ぞうり
全ての画像は、コンデジでの撮影
メインのコンデジ : FUJI FinePix F30 (ノーマル使用)で、気軽にバシバシ
たまに持って行くコンデジ : 下記のパターン
FUJI FinePix F50fd+INON UCL-165AD+INON D2000 (マクロ使用)
FUJI FinePix F50fd+INON UFL-165AD or INON UWL-105AD (ワイド使用)
FUJI FinePix F100fd+INON D2000

さてさて、今日も最強メンバーで出港!

なぜ?最強かは知る人ぞ知るである。

悩ましい、フレーズからスタートしたが意味はない。

やっとこさ、波風が少しずつ治まってきてはいるがまだまだ

こんな日は、どこからともなく神が降りてくるような気がする海おやじ

今日は、ウミウシが爆発!

ヒレナガヤッコのメスもどこからともなくやっいぇ来て浅場で遊ばせてくれやした。

ヤマブキスズメのチビも健在でなんとも愛らしく色も綺麗である。

午前中は無事乗り越えた。

kai-blog-1304
午前中に上がったゲストさんもいて午後からはガッツリマクロダイブ!

砂地の藻場地帯を探索ダイブで楽しんだ!

ツマジロオコゼの極小のチビやコブシメのチビ、コノハガ二、ナガレモエビ、オドリやアカホカクレエビなどなど

海おやじお気に入りは、アオサハギのチビ助

mm単位のサイズじゃが思わず頬ずりしたくなるほどキュートじゃった。

kai-blog-1305
コンペイトウウミウシもまだまだ多いかな。

みっけると、食べたくなるのはなぜ?

おいしそうじゃ~

kai-blog-1306
クロスズメの子も海おやじの中では捨てがたいヤツ

ポピュラーなやつの中にポツンといてあっいたいたまた会えたねーなんてね。

幼魚のシーズンはまだまだ続いておりやすよー

楽しくてたまらんですばい。


kai-blog-1308
昼休みに体験ダイビングにご参加のゲストさん

女の子3人組は、フェリーで到着後すぐに海へ

船酔い気味の方が1名

それでも、元気に魚の楽園へGO

始まりは、良かったもののやっぱ船酔いの方はリタイヤで船に居残り

みんなが潜っているとき船の上から撒き餌をしていたそうな。

上の写真は、ダイビング前の3人さん

kai-blog-1309
そして、ダイビング後の3人さん

誰が犯人でしょうか???

それは、秘密です。

今日も今日とてやっぱ4ダイブと気持ちで乗り切った海おやじ

ココで、まだまだ俺は若いと自分に言い聞かせている自分がいたのでした。
スポンサーサイト

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ








| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 沖縄・ケラマ・座間味島 海(かい)の戯言, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。