上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






kai-blog-1310
最近、よくお目にかかるヤツなんですなー

相性が良いのかね。。。

2009年 07月20日 (月)
座間味島のコンディション
天 候 晴れでごじゃりやした。
気 温 33℃ 水 温 28℃
風 向 南西の風
波 高 1.5メートル
WET 5mmワンピース+ラッシュガードor3mmベスト 「潜水時間60分OK」
※船上では、帽子やサングラス、天気次第ですがボートコートやナイロンパーカー
陸の服装 Tシャツ&短パン&ビーサン、島ぞうり
全ての画像は、コンデジでの撮影
メインのコンデジ : FUJI FinePix F30 (ノーマル使用)で、気軽にバシバシ
たまに持って行くコンデジ : 下記のパターン
FUJI FinePix F50fd+INON UCL-165AD+INON D2000 (マクロ使用)
FUJI FinePix F50fd+INON UFL-165AD or INON UWL-105AD (ワイド使用)
FUJI FinePix F100fd+INON D2000

ハイサイ!

海おやじでやんす。

天候もピーカン続きでやっとこさ海峡も落ち着いてきたぞ~

やっとやっと安定してきたな。

さて、今日は海の日じゃが昨日でほとんどのゲストさんが上がり最終日はファンダイブはマンツーマンで体験ゲストさんとのんびり~

賑やかだったのもマンツーマンになってしまったゲストさんはさみしーだって

海好きの方だったらラッキーなんだけど・・・

小学校の先生なのでいつも賑やかなところにいるからかな。。。

午後からまったりと島時間を使うべくゲストさんと相談した結果3本潜ってゆっくり過ごすスケジュールに変更。

ゲストさんのリクエストで海と光のコラボと言う事でクレパスがある地形ダイブからスタート

朝の柔らかい光に割れ目にびっちり群生するイソバナを官能しつつ見上げればいたるところから差し込むレーザービームに吐いた泡が幻想感を引き立ててくれます。

半洞窟を進み浮上すると水深50センチの世界

岩場に打ちつけられる波に岩礁の魚たち

クライマックスは、グランブルーの海に差し込む光にシルエットの魚

海おやじ的には、とても気持ちのいいダイビングでしたがどうでっしゃろ


kai-blog-1311
夏なのに、まだまだ楽しめてますウミウシ

砂地の浅場の藻場エリアにキノハダウミウシがうじゃうじゃ

kai-blog-1312
一所懸命、いたるところで産卵中でした。

葉には、オレンジ色の卵が産み付けられていた。

kai-blog-1313
めっけたよー

浅い水深の在庫がなく深場の1箇所のみじゃったがやっと20m付近で見っけられた。

ゲストさんからもモンツキカエルウオ同等にリクエストが多いイエロージョー

ココのヤツは、白ぶちが多く小ぶりでとても可愛くまた真上から撮れるのでとてもいいヤツでごじゃりやす。

長らく、浅場の在庫がなかったのでとても嬉しい海おやじでやんす。

しばらく、落ち着いてほしいもんでやんすな。

kai-blog-1314
ファンが終わって15:00から体験ダイビングへいってきやした。

午前中は、ガラスボートで行くシュノーケリングツアーに参加されていたそうで事前にシュノケーリングで体をほぐされていたのでとってもスムーズに進み楽しんでもらえましたな。

旦那さんは、ブランクダイバーさんだったので奥さんに合わせて体験にしたそうで水面で楽しみ水中までも楽しまれ海三昧の一日だったでしょうね。

次回は、奥さんもダイビングデビューされ一緒にファンダイビングに来てくださいね。

明日は、貸し切り初心者限定ダイビングコースを開催でごじゃります。
スポンサーサイト

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ








| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 沖縄・ケラマ・座間味島 海(かい)の戯言, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。