上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






kai-blog-1323
こんな風に見えたような感じがしたような。。。 ここまででは、ないですよー

写真は、お借りしたもんでやんす。

2009年 07月22日 (水)
座間味島のコンディション
天 候 晴れでごじゃりやした。
気 温 32℃ 水 温 28℃
風 向 西の風
波 高 2メートル
WET 5mmワンピース+ラッシュガードor3mmベスト 「潜水時間60分OK」
※船上では、帽子やサングラス、天気次第ですがボートコートやナイロンパーカー
陸の服装 Tシャツ&短パン&ビーサン、島ぞうり
全ての画像は、コンデジでの撮影
メインのコンデジ : FUJI FinePix F30 (ノーマル使用)で、気軽にバシバシ
たまに持って行くコンデジ : 下記のパターン
FUJI FinePix F50fd+INON UCL-165AD+INON D2000 (マクロ使用)
FUJI FinePix F50fd+INON UFL-165AD or INON UWL-105AD (ワイド使用)
FUJI FinePix F100fd+INON D2000

ハイサイ!

海おやじでやんす。

今日は、天体観測ショーの皆既日食が見られる日。

鹿児島県の悪石島(あくせきじま)では、日本で一番長く皆既日食が見られるということでツアーが組まれたがあいにくの雨に見れずだってさー

40万近いツアー代金払って見れなかったってのは残念無念だったでしょう。

9:00頃に島内放送で皆既日食が見れる時間や注意事項が放送された。

海おやじたちも、某エアーチャージ屋でみんな集まり観測。

初体験の海おやじは興奮気味だったのでした。

サングラスだけでは無理でしたが雲がかかったころは肉眼でも十分見ることができ感動。

本当は、島内放送ではサングラスなどで見ることはバツとあったのですがついつい・・・

でも、みれましぇん

少し、スタートをずらしたお陰でゲストさんも日食を見ることができたそうな。

それも、船の上と陸のふたつだそうです。 良かった。

海はと言うと、とても元気なゲストさんは女性だけどウェットなしでラッシュガードとトランクスで潜ると言う元気さ。 夏は、いつもこのスタイルだそうです。

海おやじはと言うと寒がりなので真夏でもロクハンのワンピースははずせません。

まずは、昨日見っけたイエローチビジョーを見に行ってきやした。

メインの根は、スかテンで爆発していて中層はグルクンの群れで賑わっています。

また、スカテンに混じりグルクンのチビも混ざってました。

ヤマブキスズメも1匹だけじゃが健在!

オドリハゼは、共生エビと一緒にバンバン出ていてサービス満点でじっくり観察できたな。

kai-blog-1320
弁天小僧ならぬベンテンコモンエビ

しばらくお目にかかっていなかった弁天小僧も復活しなんと卵持ちで妊婦さんとな。

kai-blog-1321
到着ダイブ、2本目は・・・ ハゼポイントでじっくりウォッチング。

後半は、定着してきたアゴハタは今日はペアーでいてくれやした。

カメも飛んでいるヤツや寝ているヤツとカメ遭遇率もアップしてきている。

kai-blog-1322
真っ白な砂地にポツンとある根ではドクウツボが番人のように大小脇を固めつつキンメたちを守っているようでもある。 でも、生贄なんぞもあるんじゃろうね。

少々、曇気味で風もあったんじゃったがいい感じに暑さも軽減されこれはこれでいいのでした。

8月まで、2~3名の少人数ダイブが続きます。

今からでも遅くないじょーみなさんのご参加お待ちしちょりますよー

ダイビング祭りでキャンペーンもやっちょりますのでどしどし起こしやす。
スポンサーサイト

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ








| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 沖縄・ケラマ・座間味島 海(かい)の戯言, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。