上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






kai-blog-1345
沖縄サンゴアマダイ (ひっさしぶりぶりに見に行ったがいっぱいいました。)

2009年 07月28日 (火)
座間味島のコンディション
天 候 晴れでごじゃりやした。
気 温 33℃ 水 温 28℃
風 向 南西の風
波 高 1.5メートル
WET 5mmワンピース+ラッシュガードor3mmベスト 「潜水時間60分OK」
※船上では、帽子やサングラス、天気次第ですがボートコートやナイロンパーカー
陸の服装 Tシャツ&短パン&ビーサン、島ぞうり
全ての画像は、コンデジでの撮影
メインのコンデジ : FUJI FinePix F30 (ノーマル使用)で、気軽にバシバシ
たまに持って行くコンデジ : 下記のパターン
FUJI FinePix F50fd+INON UCL-165AD+INON D2000 (マクロ使用)
FUJI FinePix F50fd+INON UFL-165AD or INON UWL-105AD (ワイド使用)
FUJI FinePix F100fd+INON D2000

ハイサイ!

海おやじでやんす。

ゲストさんたちから話があったお魚を見るべく遠征ダイブ!

朝一から延々船を走らせ到着したのがトガッタ岩がふたつ並ぶ某ポイント

流れを見て入ろうとしたがいっこうに治まる気配なし挙句の果て30分近く待ってみたがやはりダメ。

目的は、アカオビサンゴアマダイだったが無理して入っても良くないのでポイント変更し次ぎに向かったのが沖縄サンゴアマダイと曙ハゼのポイント

またまた、延々船を走らせやっと到着!

なんと、1時間以上は走っただろうか・・・

何とか、ココは入れそうなので早々と準備をしてエントリー

カクレ根をまたぎ向かうは水深40mライン

到着してすぐに目に入ってきたのが沖縄サンゴアマダイたち

あっちにもこっちにもそこにもといい感じでいるんじゃがなかなか近づけずじゃったがいい子が1匹海おやじの目の前にいてこいつがなかなか動かずじっとしてくれるのでコンデジでも簡単に取れちゃいます。 

ゲストさんに教えてあげて海おやじは曙探しと参ろうかと振り向いたらすぐ目の前をホバーリングしていたのでこれもラッキー

kai-blog-1345

移動せずにゲットできました。

深場の移動はリスクが大きいのでありがたいことでやんした。

曙も40mラインに6固体確認し今日は大収穫でごじゃりやした。

今日は、常連のベテランゲストさんひとりだったのでディープなダイビングで楽しんでいただきやした。

それにしても、たまに行くとびっくりするような発見がありますな~

ここのポイントは、深場で流れもあるので上級者の方でMAX3名がご案内できる限界でしょうかね。

機会があればまた近いうちに入ってみたいポイントの一つでやんす。

たまには、ディープもおもしろいですね。。。

ディープの後は、サンゴ&砂地エリアでまったりダイブ!で窒素ぬき

おもしろい物が続々現るであった。

kai-blog-1346
こんなのも出ましたーって、なにヨウジの子なのか??? それとも・・・

kai-blog-1347
2cmほどのネッタイミノカサゴの子もいたりして

kai-blog-1348
おまけに2箇所でアジアコショウダイの子にも出会えました。

ココまできたらマクロレンズが必要でごじゃります。

コンデジノーマルバージョンじゃこれが限界ぎり

マンツーマンでガッツリ潜った一日でした。

それにしても、慶良間を走り回ったなー
スポンサーサイト

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ








| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 沖縄・ケラマ・座間味島 海(かい)の戯言, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。