上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






kai-blog-1421
海の中から見た太陽! 夏の光です。

沖縄・慶良間諸島 座間味島のダイビングや日々の出来事!
2009年 08月19 日 (木)
座間味島のコンディション
天 候 晴れでごじゃりやした。
気 温 33℃ 水 温 29℃
風 向 北東の風
波 高 1.5メートル
WET 5mmワンピース+ラッシュガードor3mmベスト 「潜水時間60分OK」
※船上では、帽子やサングラス、天気次第ですがボートコートやナイロンパーカー
陸の服装 Tシャツ&短パン&ビーサン、島ぞうり
全ての画像は、コンデジでの撮影
メインのコンデジ : FUJI FinePix F30 (ノーマル使用)で、気軽にバシバシ
たまに持って行くコンデジ : 下記のパターン
FUJI FinePix F50fd+INON UCL-165AD+INON D2000 (マクロ使用)
FUJI FinePix F50fd+INON UFL-165AD or INON UWL-105AD (ワイド使用)
FUJI FinePix F100fd+INON D2000

ハイサイ!

海おやじでやんす。

なんてまー良い天気なんでしょうかっ

今日は、リフレッシュコースにご参加されるゲストさん

不安要素満杯じゃが船上でひとつずつスキルのチェックをして海中で確認。

マスククリアー、レギュレターリカバリー、器材脱着、ウェートベルト脱着、器材の装着とOWのスキルを再度確認し問題は潜行浮上と中世浮力じゃな。。。

さて、1本目は潜行浮上と中世浮力を意識しての海へGO

バックロールでエントリーしてロープ潜行で海の中へ

なんとかチェックしつつ潜行はまずまず

問題は中世浮力なのでマメにインフレーターの操作をするように心がけて皆さん頑張ってました。

2本、3本とダイビングを重ねるたび余裕すら出てきたようで後半のファンダイブも楽しまれたようでよかったでしたかな。


kai-blog-1422
コンデジでも余裕で30cmぐらいまでよれるこのガーデンイール君

なかなか、良い子でひっこみません。

良く出会う魚じゃが写真に収めるにはけっこう難しいヤツでやんす。

ココは、いけてますよ~

kai-blog-1423
アンカーの岩のところにいた本当にサイコロサイズのミナミハコフグのチビ助

このサイズで出会うのってなかなかないんですよ。

動き回りますが小さいエリアなのでコイツもじっくり撮れば大丈夫。

kai-blog-1424
お魚の名前は二の次でしたが随分と余裕が出てきてスキルアップしたおふたり。

ブランクを作らず頑張ってダイビングを続けて下さいねー

またのお越しをお待ちしちょります。

kai-blog-1425
体験ダイビングに参加してくれた元気いっぱいのカップルさん

おふたりともとても礼儀正しくて声が大きくハキハキしているのでなんだかシャキってしまいましたな。

ハキハキって良いですね。

kai-blog-1426
海の中でも弾けまくっていたおふたり

ダイビングもセンスありでしたね。

彼と話していたらご両親が大阪のひとだそうでなんか分かるような気がしやした。

砂地にダイバーの影が映るくらいこれぞ座間味の海でやんした。

このお天気いつまで続くのかな???

そろそろ、T風なんてもんが発生しそうな???

いやいや、良からぬこと考えないで楽しむべしじゃね。
スポンサーサイト

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ








| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 沖縄・ケラマ・座間味島 海(かい)の戯言, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。