上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






kai-blog-1489
半水面の画 (べた凪・無風・快晴ときたら求めるのは透明度だす。)

どこを潜っても軽~く30mオーバーでポイントによっては50mと陸と同じかっ

沖縄・慶良間諸島 座間味島のダイビングや日々の出来事!
2009年 08月30日 (日)
座間味島のコンディション
天 候 晴れでごじゃりやした。
気 温 33℃ 水 温 28℃
風 向 東の風後北東の風
波 高 1.5メートル
WET 5mmワンピース+ラッシュガードor3mmベスト 「潜水時間60分OK」
※船上では、帽子やサングラス、天気次第ですがボートコートやナイロンパーカー
陸の服装 Tシャツ&短パン&ビーサン、島ぞうり
全ての画像は、コンデジでの撮影
メインのコンデジ : FUJI FinePix F30 (ノーマル使用)で、気軽にバシバシ
たまに持って行くコンデジ : 下記のパターン
FUJI FinePix F50fd+INON UCL-165AD+INON D2000 (マクロ使用)
FUJI FinePix F50fd+INON UFL-165AD or INON UWL-105AD (ワイド使用)
FUJI FinePix F100fd+INON D2000

ハイサイ!

海おやじでやんす。

なんとまーいつまで続くこのコンディション

毎日海に出るのが楽しみで楽しみでワクワクしながら次の日を迎える今日この頃

今日のゲストさんは、目出度くご結婚をされてダイバーの奥様と遊び来てくれやした。

再会は、嬉しいものですがお目出度い再会は尚嬉しいですなー

船を走らせるもベタベタの海を快走するするのは気持ちがよろしい。

あっという間にポイントへ到着!

ワイドに楽しもうとお題を決めて入った海

目の前に広がる青はまさに透明度抜群で開放感満載!

様々な海の色を楽しんでもらうべくコース設定したがこれがばっちりはまって海おやじ的には大満足でしたがどうでっしゃろー

浅瀬ではくっきり魚たちの影が映るぐらい太陽光線がビンビンと・・・

水面は湖のごとくべたべた

ちと、色気を出して半水面に挑戦したが雰囲気が出てるでしょうか???

ワイドで気持ちのいいのを2本とワイド&マクロで1本

こんな日は、船上ランチでまったり

マンタ探しにも行ったがタイミングがあってなかったのか空振り

2回も行ったのにね~

kai-blog-1490
これぞ! 夏の座間味!って、思わず叫んでしまう。

サンゴを覆いつくすデバスズメたち

kai-blog-1491
ハナヤサイサンゴの中には、可愛いハゼたちがちょこまか

カサイダルマハゼやパンダダルマハゼ、アカネダルマハゼ、ヨゴレダルマハゼなどなど

エビさん&カニさんも常連さんですね。

kai-blog-1492
クリーナーシュリンプのスザクサラサエビのなかにヤイトサラサエビも混ざっているんです。

地味じゃがじっくり見ると味のあるエビさんで背中に黒い斑点があるのが特徴。

灸って??? 色んな解釈があるよねー

kai-blog-1493
ココのジョーフィッシュ君は、まるでダイバーを恐れない根性の持ち主で真上から撮らせてくれやす。

また、大振りなので意外にも迫力ありますよ。

kai-blog-1494
気持ち良さげに泳ぐカメ

カメさんを見に行くと10固体以上は最近見ているかな。。。

カメさんを見るといいことが起こりそうと毎回思う海おやじ

kai-blog-1495
水面ギリギリを泳ぎ回るツバメウオたちを見上げてボーっとするダイバー

この透明度だから気持ちいいんだよなー

さて、ポイントに移動もあっという間だったが一日が終わるのもあっという間

夜は、たこ焼き屋の虎次郎でワイワイガヤガヤ

ダイビングスタッフや民宿スタッフやヘルパーなどが集まっていて賑やかでした。

腕相撲大会などもあって熱い夜でしたねー

さすがに、海おやじも一勝負と言われたが20歳台の若者には敵わないなと痛い思いをする前に辞退したがゲストさんはスタッフ仲間の1番強い子と勝負!

勝敗は完敗だったらしい。

来年、リベンジを誓っておられた。

次は、びしっと勝手ちょうだいよー
スポンサーサイト

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ








| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 沖縄・ケラマ・座間味島 海(かい)の戯言, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。