上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






kai-blog-1517
風下は、こんなときもあったがやっぱ海上は時化時化で風もきつい。

沖縄・慶良間諸島 座間味島のダイビングや日々の出来事!
2009年 09月05日 (土)
座間味島のコンディション
天 候 晴れでごじゃりやした。
気 温 32℃ 水 温 28℃
風 向 北東の風やや強く
波 高 4メートルうねりを伴う
WET 5mmワンピース+ラッシュガードor3mmベスト 「潜水時間60分OK」
※船上では、帽子やサングラス、天気次第ですがボートコートやナイロンパーカー
陸の服装 Tシャツ&短パン&ビーサン、島ぞうり
全ての画像は、コンデジでの撮影
メインのコンデジ : FUJI FinePix F30 (ノーマル使用)で、気軽にバシバシ
たまに持って行くコンデジ : 下記のパターン
FUJI FinePix F50fd+INON UCL-165AD+INON D2000 (マクロ使用)
FUJI FinePix F50fd+INON UFL-165AD or INON UWL-105AD (ワイド使用)
FUJI FinePix F100fd+INON D2000

ハイサイ!

海おやじでやんす。

台風12号の影響なのか天気は良いけど海上は4mと高い。

高速船は、朝一便だけ運航で午後は欠航フェリーは通常運航

午後の高速船が欠航したので日帰りの体験ダイビングは中止となり今日もファンのゲストさん1名

1本のみボートで出た。

ポイントに行くまでは、ばしゃばしゃじゃったが風下のポイントに着いたらびたーっと静か

2本目からは、北東の風がきついのでゲストさんのリクエストでまったりビーチダイブとなりました。

ビーチは、どのぐらい振りであろうかこの前入ったのも覚えていないほど前

マー 座間味は、タンクかついでもすぐなので楽チンだからいいけどね。

さて、古座間味ビーチの右と真ん中を2本潜ってきやした。

ねっちりマクロダイブは幼魚系を探索しつつハゼやエビ&カニも外せず欲張りダイブになっちゃったなーの1ダイブ90分オーバーで窒素満タンにして上がってきやした。

水中スレートなしの会話でダイブも楽しけれ

これって、知った者でマンツーマンだから許されるんじゃよねー


kai-blog-1518
どでかいイシガキリュウグウウミウシにもであったが大きさが半端でない。

20cm強はあったでしょうか可愛いよりいたいたいたでびっくりでした。

kai-blog-1519
ガレ場地帯では、色んなベラの幼魚がいたんじゃが冠ベラのチビが一番目に付いたかな。

このぐらいのときが旬ですな。

kai-blog-1520
イロブダイのチビも2cmサイズがめっちゃ可愛い。

ターンするときのくねってコの字型になるのがめっちゃキュート

見た人だけが分かるんだよねー

kai-blog-1521
ガイドしはしめたときにはまったのがこのガラスハゼ

見たときは衝撃的だったけどふと考えることが・・・

このヤギに一生ってあまりにも寂しすぎる。 休みの時にはどこかへ行くのだろうか???

kai-blog-1522
テンジュクダイのクリーニングをする間際の弁天君

テンジュクダイもお口を大きく開けて準備万端!

でも、海おやじが邪魔したんだよね~

ビーチの特徴は浅浅の水深じゃが古座間味は最大25mはあり泥ハゼなんぞの仲間も楽しめ侮れないとっても面白いポイントです。

それでも、2ダイブで3ダイブ分は楽しんだのではなかろうか

海おやじは、腰が痛い!

ニュースで気になったこと・・・

世間は、もう秋の気配

秋といえば食欲の秋じゃわなー

今年も旬のサンマが豊漁で特売が早まり安売り定着とな。

7月の漁解禁以降、活発な漁獲が続き北海道、三陸各港の水揚げが早くも最盛期に入っているらしい。 店頭では例年より特売が頻繁に行われて人気を集めているらしい。

秋の秋刀魚って脂がのって美味しいんだよね~

大根おろしにしょうゆをちょいかけて・・・ 想像するだけでよだれが出てくる~ってかっ

だども、海おやじはアレルギーで魚がまったく食べれない。

美味しいのは、分かっているのに・・・

鮭と鰤だったらなんとか食べれる。

魚の食べれる方が羨ましい。
スポンサーサイト

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ








| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 沖縄・ケラマ・座間味島 海(かい)の戯言, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。