上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






kai-blog-1624
水面も水底もこの明るさ。 船の下では、ロクセンスズメがお出迎えしてくれるんです。

沖縄・慶良間諸島 座間味島のダイビングや日々の出来事!
2009年 09月22日 (火)
座間味島のコンディション
天 候 晴時々曇時々雨でごじゃりやした。
気 温 32℃ 水 温 29℃
風 向 東の風
波 高 2.5メートル後2メートルうねりを伴う
WET 5mmワンピース+ラッシュガードor3mmベスト 「潜水時間60分OK」
※船上では、帽子やサングラス、天気次第ですがボートコートやナイロンパーカー
陸の服装 Tシャツ&短パン&ビーサン、島ぞうり
全ての画像は、コンデジでの撮影
メインのコンデジ : FUJI FinePix F30 (ノーマル使用)で、気軽にバシバシ
たまに持って行くコンデジ : 下記のパターン
FUJI FinePix F50fd+INON UCL-165AD+INON D2000 (マクロ使用)
FUJI FinePix F50fd+INON UFL-165AD or INON UWL-105AD (ワイド使用)
FUJI FinePix F100fd+INON D2000

アロハ~

海おやじでやんす。

快晴で良いんじゃが・・・

本当に困るこの風の強いことなんの・・・

北風強しが終われば東風が吹きまくる

今日は、ファンも体験も1名様ずつでともにマンツーマンダイビングでした。

風強しなんじゃがファンのゲストさんのリクエストは地形ダイブとなぁぁぁぁぁぁ~

北側は、うねりが入っていて一部を除いてクローズjなんで風が当たらないところで楽しんだ。

まずは、クレパスに半洞窟

ドロップを降りて切り立つ溝をぬぐいながら外洋へ抜けイソバナの群生を横目にクレパスに入りまさにアドベンチャーダイブですな。

後半は、半洞窟をぬけゆっくり浮上したら波が当たる浅瀬の岩礁域に浮上。

普段見ない光景に目がぱっちりでした。

カスミやグルクンが舞う座間味ブルーの海を見ながらエギジット。

2本目は、まったり内海ダイビング!

ハゼやらテンジュクダイ&イシモチ系やら甲殻類やらで楽しんだ!

kai-blog-1625
すり鉢状にくぼんだ砂地にポツンとあるイソギンチャク。

そこには、極小のアカホシカクレエビの子が・・・

お尻ふりふりしながらダンスを踊っているように楽しげ

kai-blog-1626
指エダハマサンゴの根には生まれたてのクロオビアトヒキテンジュクダイの子がサンゴの隙間を埋め尽くすぐらいもの凄い数で見ごたえ十分でありやす。

よーく見ると、クロオビだけじゃなくスカシテンジュクダイの子やキンセンイシモチの子やキンメモドキの子など数種のテンジュクダイやイスモチの子がいてこの根でガッツリ遊ぶことが出来やす。

kai-blog-1627
雨あられって良く使うがこの光景はまさにグルクンの雨あられ

まだまだ子供のタカサゴの子がこのとうり。。。

何匹いるか野鳥の会の人に数えてもらいたいぐらいじゃわい。

kai-blog-1628
カノコイセエビのチビちゃん

5cmほどのちっちゃさだけどいっちょ前に大人と変わらぬ風貌で迫力ありですね。

kai-blog-1629
砂地をのそのそと歩きながら移動中のヒメオニに遭遇!

こうやって移動しているうちは発見しやすいけどじっとしていたら時限爆弾のように怖いよね。

kai-blog-1630
ハマクマカップル

ここのは、いつも熱々で羨ましくも感じるぐらいおしどり

すんでる磯巾着も快適そうである。

kai-blog-1631
シングル体験のゲストさん

ひとりたびで座間味へ遊びに来て島時間を楽しんでらっしゃいました。

kai-blog-1632
入ろうとしていたポイントが船が満席状態で仕方なく移動したが風もありオリジナルポイントをチョイスしたのが正解でした。

ダイビングもとってもお上手でマンツマーンじゃがファンダイブ並みに移動して楽しんでもらった。

水面は多少波があったけど水中は透明度もよく気持ち良い~

魚は、爆発していてサンゴに群れるテンジュクダイはチビちゃんが誕生したばかしでもの凄い賑わいでゲストさんも大満足だったでしょう。

そろそろお休みがちとほしい海おやじ

ジジイになると若いころとは違い休息も必要になってきたかな。。。

海に入っている分はいいけど陸仕事がきついねー

最近、タンク運びが腰に応えてきています。

毎日、ストレッチしてケアーしてるのに・・・


スポンサーサイト

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ








| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 沖縄・ケラマ・座間味島 海(かい)の戯言, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。