上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






kai-blog-1634
1島で2ダイブ! 至近距離で楽しむも良し

沖縄・慶良間諸島 座間味島のダイビングや日々の出来事!
2009年 09月24日 (木)
座間味島のコンディション
天 候 晴れでごじゃりやした。
気 温 31℃ 水 温 28℃
風 向 東の風
波 高 2.5メートル
WET 5mmワンピース+ラッシュガードor3mmベスト 「潜水時間60分OK」
※船上では、帽子やサングラス、天気次第ですがボートコートやナイロンパーカー
陸の服装 Tシャツ&短パン&ビーサン、島ぞうり
全ての画像は、コンデジでの撮影
メインのコンデジ : FUJI FinePix F30 (ノーマル使用)で、気軽にバシバシ
たまに持って行くコンデジ : 下記のパターン
FUJI FinePix F50fd+INON UCL-165AD+INON D2000 (マクロ使用)
FUJI FinePix F50fd+INON UFL-165AD or INON UWL-105AD (ワイド使用)
FUJI FinePix F100fd+INON D2000

アロハ~

海おやじでやんす。

シルバーウェークも終わり一息ついたのか島の中は静かーでやんす。

あれだけ賑わっていたのにみなどこへって家に帰ったのだよなー

当たり前かっ

ゲストさんいわく宿も貸し切りだそうです。

ポイントも常に貸し切り状態でのんびり潜ってきました。

今日は、カメラダイバーさんとゆっくりフォトダイブ!

転々とある根を回り好きなものを撮るまたはサンゴエリアをゆっくり回り好きなものを撮るってな感じ

この時期に入って、水面にもの凄いキビナゴノ群れ

それを捕食するまたもの凄いカツオの群れ

目の前をF1カーのようにあっという間に通過する。

F1のダウンフォースのようにカツオが通っていった後は泡がたっていた。

こんな光景は10月ごろまで見れやす。

kai-blog-1635
ここのイエロージョーはいつも自分で巣穴に蓋をしてなかなか顔を出しておらずそっとガレ場を外すとにょきっと顔を出すが暗い場所にずっといたせいか色が黒っぽくもはやイエローじゃない。

なんだか、可愛さにかけるよなー

kai-blog-1636
赤ひげカクレエビ

サンゴのじゅうたんに気持ちよさげにリラックスしているように見えるが本人はどう思っているんじゃろうか???

写真もなかなか上手く取れないのはなぜ?

ただただ、へたくそなのか?

kai-blog-1637
浅瀬にけっこういる沖縄紅ハゼ

あまり目を向けないけどまざまざと見るととってもきれいである。

こんなにオシャレだと魚会では人気者じゃろうねー

kai-blog-1638
最近チョコチョコ見るこのちびっ子

何度見ても可愛く思わず撮ってしまうのだ。

3cmまでの幼魚は人間の子供と一緒で一番いい時期でしょうな。。。

もうたまらん~

kai-blog-1639
さて、本日の体験さんカップル登場です。

いつもと違った紹介から入ったがそれには訳が・・・

海が怖い旦那様

昨日は、本島で青の洞窟シュノーケリングに挑戦したが足がつかないところへ行くと怖さで手や足が震えて止まらなかったらしいがインストラクターにサポートされなんとか終了したそうな。

そして、今日はボートで体験ダイビングときたら・・・

すぐさま足がつかないところへなので結果は言わずして想像がつきますよねー

海おやじも青の洞窟の話は後で聞いたことだったので先に聞いていればビーチに変えたのになぜ?

奥様は、2回目の体験ダイビングで難なくだったが旦那様は恐怖感がドバーッとでてエントリーしてすぐさまダメダメ状態!

ロープまで行って潜行し始めるも震えが止まらずあえなくリタイア

海に入る前から分かっていたことじゃが仕方ないよねー

恐怖感は、海おやじでも取り除けませんでした。

なんだか分かる気がする。

海おやじも高所恐怖症でバンジージャンプが出来ずジャンプするところから下を見たとき足の震えが止まらなかった経験がある。

これって、自分しか分からないんだよなー

それにしても、なぜ??? 挑戦しようと思ったのでしょうか???

kai-blog-1640
奥様の笑顔に旦那様の引きつった笑顔

終止、旦那様を気づかう奥様はすごかーです。

少し羨ましく思えた海おやじでありやした。

すったもんだあったけど海に入っただけでも一歩前進なんでしょうね。

それとも、座間味の海の透明度が悪かったのかな。

まー 今日はいろんなことがあった一日でした。
スポンサーサイト

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ








| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 沖縄・ケラマ・座間味島 海(かい)の戯言, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。