上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






kai-blog-1720
ダイバー関係なしにビンビン泳ぎ回るネジリン

沖縄・慶良間 座間味島のコンディション
2009年 10月14日 (水)
天 候 曇でごじゃりやした。
気 温 28℃ 水 温 27℃
風 向 北東の風
波 高 1.5メートル
ウェットスーツ : 5mmワンピース+3mmベストorラッシュガード 「潜水時間 60分OK!」
船 上 帽子やサングラス、天気次第ですがボートコートやナイロンパーカー
陸 上 【日中】 Tシャツ&短パン&ビーサン、島ぞうり 【朝・夕】 ちょいと、羽織るもの必要
ブログ画像は、全てコンデジでの撮影
ガイド中のメインのコンデジ
FUJI FinePix F30 (ノーマル使用)で、気軽にバシバシ
FUJI FinePix F50fd+INON UFL-165AD or INON UWL-105AD (ワイド使用)
たまに持って行くコンデジ
FUJI FinePix F50fd+INON UCL-165AD+INON D2000 (マクロ使用)
FUJI FinePix F100fd+INON D2000

アロハ~

海おやじでやんす。

陽射しも和らいで夏も終わりすっかり秋でございます。

朝夕は、まだTシャツ&短パンでもいいけどひんやりします。

寒がりの方は、1枚羽織る物を持ってくるといいかな。

日中も30℃をキープしていたがここ数日27℃~29℃と気温も落ちてきて30℃を切っちゃいました。

連休が終わり島はとても静か

ビーチに散歩に出かけたが泳いでいる人は数えるほどで閑散としていたな。

あぁぁぁぁぁ~ あの夏の陽射しが懐かしい~

来年までおわずけですね。

これからは、秋の海から冬の海を楽しみませぅ

さて、海話は・・・

の~~んびり潜る、ぼ~~っと潜る、ふわふわ潜るがテーマのゲストさん

カメラは持って入るけどまったく撮らない飾りって感じであるがエビやカニを見っけるとひたすらシャッターを切っているちょい変わった方である。

お魚さんは、全てスルー

今日は、砂地でハゼを見ていたら横になって目をつむって寝てました。

本当に寝ていたわけじゃないけどあのリラックスぶりには一目置けます。

そんなゲストさんと、のんびり2本楽しんできやした。

kai-blog-1721
海おやじは、ひたすら探索!

ゲストさんは、ひたすら浮遊感を楽しむ!

こんなのにも癒されますね。。。

kai-blog-1722
さすがに、コヤツはゲストさんも食いつきが悪かったかな。

やっぱ、キレイやカワイイ系じゃなきゃダメみたいで得体の知れないやつはスルーでした。

海おやじ的には、好きな系統なんじゃがねー

kai-blog-1723
コイツも、チビちゃんでカワユかったのにまったく食いつきなし

そんなことを知っているかのようにチョロチョロ海おやじたちの目の前を隠れることなく逃げることなく動き回っていた。

kai-blog-1724
コヤツも、一瞬見てはくれたがやっぱ秒殺でスルー

ちっちゃな穴から出たり入ったりとちょこまか動くのがかわゆいのに・・・

それでも、ゲストさんなりには十分楽しかったらしい。

後半は、海おやじもお付き合いしてサンゴの上をフワフワただフワフワ無になって漂うのもいいかもです。 この感覚って絶対陸にはないねー

気になるニュース

エチゼンクラゲ 仙台湾から相馬沖でも確認されたらしい。

どれだけ流れてどれだけ成長するんじゃろうか???

毎年、漁網を破るなどの被害が懸念されるエチゼンクラゲが日本海側で大量発生している。

また、仙台湾から福島県の相馬沖付近にかけての海域でもエチゼンクラゲを確認され太平洋側での確認は例年より10日ほど早いらしい。

台湾では、食材として使われているみたいじゃが日本でも何らかの手段で利用できないものかね。

ちょっと気になったんで・・・
スポンサーサイト

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ








| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 沖縄・ケラマ・座間味島 海(かい)の戯言, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。