上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






kai-blog-1787

沖縄・慶良間 座間味島のコンディション
2009年 10月28日 (水)
天 候 晴れでごじゃりやした。
気 温 27℃ 水 温 26℃
風 向 東の風
波 高 2メートル後2.5メートル
ウェットスーツ : 5mmワンピース+3mmベストorラッシュガード 「潜水時間 60分OK!」
船 上 帽子やサングラス、天気次第ですがボートコートやナイロンパーカー
陸 上 【日中】 Tシャツ&短パン&ビーサン、島ぞうり 【朝・夕】 ちょいと、羽織るもの必要
ブログ画像は、全てコンデジでの撮影
ガイド中のメインのコンデジ
FUJI FinePix F30 (ノーマル使用)で、気軽にバシバシ
FUJI FinePix F50fd+INON UFL-165AD or INON UWL-105AD (ワイド使用)
たまに持って行くコンデジ
FUJI FinePix F50fd+INON UCL-165AD+INON D2000 (マクロ使用)
FUJI FinePix F100fd+INON D2000
11月イベント情報
ココをクリック! → 座間味ファン感謝月間2009 期間中のケンズクラブ特典案内
ココをクリック! → 座間味フォトコンテストのご案内

アロハ~

海おやじでやんす。

いや~ 今日もいい天気でしたな~

台風明けの海、在庫の子達は大丈夫か???と、心配もありましたが潜ったポイントのメインは頑張っていい子にいてました。 良かったぁ

今日は、高速船で到着後のダイビング!

レンタル器材の準備もあり10:30出港じゃが少々早めに家を出てのんびり準備していたはずが1時間も早く終わってしまい船でぼけーっとゲストさんを待つことに・・・

1ヶ月ほど前から港に魚の大きな群れが入ってきていて船の下は真っ黒になるほどのもの凄い数

ダイビングから帰ってきたら港には竿を持って釣りをしている方が毎日見られます。

みなさん、バケツいっぱいは釣っていかれるんじゃがいっこうに減りません。

どんな魚かと言うとミジュン(いわし)と言う魚です。

群れは、黒い玉を作っているのでどこにいるかすぐに分かります。

ゲストさんが来られるまでそのミジュンを見ているとアジが群れを追いかけているシーンが見れました。 一斉に逃げるミジュン水面がバシャバシャ水しぶきを上げていた。

そんなこんなしていると、ゲストさんが到着し海へ

今日は、ブランクを取り除くべくリフレッシュダイブで2本のんびり

2本目からはカメラを持ってフォトダイブ!

7年間のブランクなんかなんのそのまったく問題ございませんでした。

そりゃそうだ。。。 キャリアは20年以上あり本数も2000本はゆうに越えているつわものじゃが歳には勝てなく70歳を超えてダイバー復帰。

体を悪くしてダイビングから離れていたらしいが残された人生ぼちぼち無理なく楽しみたいと言うことからまたダイビングを始めることにしたんだそうな。

まー のんびり行きましょのんびりと・・・

海おやじは、午前2本とも10m以下のダイビングで潜水時間も30分と超ショート

これ、ゲストさんのリクエストです。。。

2本潜って港に戻ってきたんじゃが物足りなく1本だけプラダイブに行ってきちゃいました。

プラダイブで入ったのが中本君がいるところ

kai-blog-1788
7個ある便を全部チェックしてみたけど1匹のみ

それでも、元気してました。

kai-blog-1789
1回シャッターを切ってそっと近づきもう1枚と思いきやシャッターを切った瞬間ひょいと反転してビンの奥へ行ってしまった。

kai-blog-1790
しばらく待つもなかなか出てきてくれずビンのふちを撮って浅場へ

kai-blog-1791
浅場の砂地にポツンとあるハナブサイソギンチャクにイソギンチャクエビのペアーがいてパチリ。

このイソギンチャクは前にはなかったのに・・・って、考えているとふと疑問が???

どこからやってくるんじゃろー

kai-blog-1792
また別の場所には、5cmほどのイソギンチャクがあるが何もいない???

周りをよーく見てみたら少し離れた海草にオドリカクレエビがお尻ふりふりしていた。

何で、イソギンチャクにつかないのかねー

kai-blog-1793
藻場を探索しながら船へ

サボテングサには、見事な擬態のコノハガニがたくさんいました。

その中で、コイツすごいやーと思ったヤツをピックアップしてみました。

どこにいるか分かりますか??? 写真、真ん中をよーく見てみてください。

分かったかな~

夕方、港へ戻るとやんちゃ小僧がお迎えに

目的は、昨日約束したミジュン釣り

後片付けをさっさと済ませ座間味まで釣りの餌を海に行き港に戻ってきたら黒い魚の固まりは港から離れていて釣りどころじゃありません。

それでも、釣りたいやんちゃ小僧

海おやじは、頑張ってと多くへ投げゆっくり糸を巻くを十数回繰り返しなんとか7匹ゲット

魚が、かかったらやんちゃ小僧にバトンタッチ

自分で釣り上げたいと、きゃっきゃ騒ぎまくり。

今日はこの辺でとむりくり引き上げて終了!

今日の分、明日もまた夕方魚釣りです。
スポンサーサイト

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ








| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 沖縄・ケラマ・座間味島 海(かい)の戯言, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。