上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






kai-blog-1844
昨日とは打って変わって落ち着いた海

だども、まだうねりが残り濁りも残りでした。

沖縄・慶良間 座間味島のコンディション
2009年 11月12日 (木)
天 候 晴のち曇でごじゃりやした。
気 温 27℃ 水 温 26℃
風 向 北の風後北西の風
波 高 4メートル後2メートルうねりを伴う
ウェットスーツ : 5mmワンピース+3mmベストorラッシュガード 「潜水時間 60分OK!」
船 上 帽子やサングラス、天気次第ですがボートコートやナイロンパーカー
陸 上 【日中】 Tシャツ&短パン&ビーサン、島ぞうり 【朝・夕】 ちょいと、羽織るもの必要
ブログ画像は、全てコンデジでの撮影
ガイド中のメインのコンデジ
FUJI FinePix F30 (ノーマル使用)で、気軽にバシバシ
FUJI FinePix F50fd+INON UFL-165AD or INON UWL-105AD (ワイド使用)
たまに持って行くコンデジ
FUJI FinePix F50fd+INON UCL-165AD+INON D2000 (マクロ使用)
FUJI FinePix F100fd+INON D2000
11月イベント情報
ココをクリック! → 座間味ファン感謝月間2009 期間中のケンズクラブ特典案内
ココをクリック! → 座間味フォトコンテストのご案内

アロハ~

海おやじでやんす。

朝は良い天気で青空も・・・ 夕方から曇ってき、雨もポツポツ・・・

勘違いおやじは、昨日船が全便欠航しゲストさんは那覇に足止めになってしまったのでノーゲストと思い込み定例会で昨日飲みに行ったが足止めのゲストさんは1名だけで他の方はすでに座間味に来ていると聞き飲みも早々切り上げお家へ帰ってきやした。

そして・・・ 今日はと言うと1本目が終わり高速船が出たので陸休憩をとって到着したゲストさんが加わり2本目、3本目とまいった訳で知らずだったら今日はお昼からとてっきり思い込んで昨日羽目外していたはず。

勘違いもはなはだしい。

1本目、2本目はまずまずの透明度でビックリしましたが砂地オンリーの3本目はニゴニゴでこれまたびっくり!

今日は、深場を2本潜ったけどドロップではスミレナガハナダイの性転換中のオナベが健在にメスをとりまといハーレム状態で生き生きしていやしたな。

一夫多妻

日本では、ありえない

人が3人ぐらいは軽く隠れるほどの大きなイソバナにはホシゾラワラエビやイソバナガにホソガラスハゼなどが共同生活しており目立ちまくりはヤマブキスズメダイのチビたち

けっこう、数が増えてきました。 海外並みかな。。。

ニゴニゴダイビングでは、じっくりフィッシュウォッチングでテンジュクダイで遊びました。

週末は、いつもこの時期来られる常連さんの貸し切りダイブだったのに1名はゴルフで腰痛もう1名はバレーで肩を脱臼し泣く泣くキャンセル~

だども、残されたメンバーさんは無事潜りに来てます。

ちょいと減ってしまったが土曜の芸能ショーは熱く盛り上がってきます。

もちろん、海も熱く

kai-blog-1845
岩の隙間でゆらゆらしていたハダカハオコゼくん

隙間なのでこの角度でしか撮れませんでした。

kai-blog-1846
ドロップの壁を登りきったエッジで久々に見かけたアミメチョウチョウウオ。

意外に、出会う機会が少ない魚。 成魚になりきれてないサイズでカワイかったなー

kai-blog-1847
ガレ場を探索中にみっけたツマジロオコゼ。

まさに、枯葉みたいで見逃してしまいかけた。

kai-blog-1848
今日は、オイランヨウジやクチナガイソヨウジ、ノコギリヨウジなどヨウジウオ系に沢山出出会ったがまともに撮れたのはゼロ。 唯一、オビイシヨウジだけがましだけどそっぽ向かれてます。


さてさて、足腰にガタが来ている海おやじ

ダイビング器材で一番こだわっているのがフィンなのである。

移動手段になくてはならない大切な代物じゃが何でも良いという訳じゃありゃしません。

今に至るまで色んなフィンを使いました。

自分にあった物にたどりつくまで時間がかかるんですよねーん。

また、歳をとってくると脚力がなくなってくるので自分の脚力に合った硬さと使い勝手がポイントですよね!

                  kai-blog-1852kai-blog-1853
海おやじは、膝&足首に負担が少ない上の画像の柔らかいフィンを使っています。

クレッシーサブと言うメーカーのロンディンXラバーから始まり同メーカーのロンディンフォートを長らく愛用していたんじゃが共に生産終了となりブーツタイプのゴムフィンを探したらGULLのミューにたどり着き十数年愛用したが歳をとると共に脚力や故障箇所が増え普通のミューでも硬く感じまたまた変更。 普通のミューよりも柔らかくしなりがありソフトミューよりも硬いPFミューを今は愛用しています。

流れがないところでは、粘りとよくしなるのでとっても楽なんじゃが流れが強いところではぜんぜん前に進まないのが難点かな。

kai-blog-1849
みなさん、このフィン知ってますかー

友人から、使いかって良いよーってよく聞いていて1度使ってみようと販売しているところへ問い合わせしてもサイズがなくなかなか入荷せずだったが先月末にやっと新しいロットが入ってきてるよと聞き注文してみました。 カラーもブラック、マンゴイエロー、レッド、ホワイト、アクアブルーと全5色

もちろん、海おやじはマンゴーイエローにしました。

どことなく、昔のクレッシーのロンディンフロートに似ています。 

GULLのスーパーミューと言うフィンも出ているがこれもロンディンフロートに似ている。

まねたらいいもんじゃないよねー

スーパーミューが出たとき使ってみたけど、海おやじの脚力には合わず硬すぎて使えませんでしたが今回のはどうじゃろー

今日、送られてきたばかりなので明日さっそく使ってみようと思うのでモニター報告したします。

GULLのワープフィンは、ご存知だと思いますがこのフィンはワープミニと言います。

GULLで販売しているのでなくサンドウェーブと言うところが販売しています。

さて、使い勝手はどうでしょうかね。。。

kai-blog-1851
ちなみに、GULLのスーパーミュー

kai-blog-1854
そして、クレッシーのロンディンフロート

3つ、見比べてもよく似てるよね。 それぞれ、特徴はあるんだけれど・・・

だらだら、書いちゃいましたが興味のない方はスルーしてくださいませ。
スポンサーサイト

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ








| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 沖縄・ケラマ・座間味島 海(かい)の戯言, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。